テニス ストローク

練習メニュー

コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう

以前にも少しご相談頂きました、テニススクールでの練習について。

どうにも、コートを縦1/3に仕切ってラリーする練習に、意味を見いだせない方が多いようです。

確かに、試合とはかけ離れた練習メニュー、のように思えるかも知れません。

ただ数を打つだけの練習?

いやいや、真剣に勝負出来る、駆け引き出来る練習メニューだと私は思いますよ。

そこに「前後の揺さぶり」という視点があれば、です。

 

コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう

 

1.相手を横に動かすのがテニス?

この意識が強い人、結構多いんですよね。

相手をストロークやボレーで左右に振る、触れないようなコースに打って決まり!が気持ち良いと。

でも、よく考えてみて下さい。

テニスコートは、圧倒的に縦に長い。

試合でも、前後に走るようなショットがすごく多いはずです。

コートを縦1/3に仕切った形で、ストロークラリーでもボレー対ストロークのラリーでも、考え方は一緒です。

相手を横、ではなく前後に動かさないと。

ドロップショットやドロップボレー、そこからのロブ、ロブを追いかけてのリカバリーショット。

これを練習していくのが、狭い範囲で仕切って練習する目的でもあります。

左右にしか動かすことに興味が無い人は、テニスにおいても視野が狭い。

そして武器が少ない、ということなんです。

 

2.相手を前に引っ張り出す、武器はありますか?

せっかく1/3に仕切っているのであれば、良いドロップショットの練習になる。

本来なら、シングルスならコート全面を走り回りながら、ドロップショットを打たないといけない。

自分がある程度動かなくて良いような感じで、精度の高いドロップショットが打てるかどうか。

ここで打てないと、絶対に試合でも打てないですよ。

また打たれた側は、しっかり走って追いかけて、ボレー対ストロークのラリーへ持ち込む。

または、いきなりのドロップ返し、でも良いですね。

とにかく、お互いで前後に走りまくる。

これをしっかり、意識しましょう。

 

3.ドロップショットが歓迎されないよなテニススクールは、終わってる

たまに、いやかなりの確率で、こういうテニススクールのクラス、あると思いませんか?

お互いドロップショットを、打たないし追わない。

練習だからといって、2バウンドしても何も気にしない。

こういうクラスは、まず試合に出る人は早く出ていった方が良いでしょう。

楽しくやる、それは大いに結構。

でもテニスの楽しさって、相手との駆け引きを楽しみながらの真剣勝負、ですからね。

 

4.ただつなげるだけのラリー、は練習以下の効果しかない

実際に、私たちはついラリーを続けてしまいます。

でも、これってやっぱり練習にならない。

ただ、何も考えないでボールを打ってつなげる、だけでは、むしろ逆効果でしょう。

試合では、全てにポイントが付くし、相手も違う。

練習でも、2往復くらい続いたら後は勝負。

前後にしっかり揺さぶって、ポイントを奪いにいくような姿勢、が大事です。

ただつなげるようなラリーは、練習どころか試合には向かない自分、を作り上げる可能性が高い。

この危機感は、大事です。

 

狭い範囲でのラリー練習、人数が多いクラスならやっぱり必要。

問題は、それを誰とどういう意識でやるか、です。

前後にしっかり動くようなテニスは、本当に疲れますよ。

だからこそ、良い練習になる。

アナタ自身、勇気を持って打ってみませんか?

失敗しても良い。

スクールのレッスンでも、意図のあるミスは歓迎されるはず。

それをウダウダ言われても、ほっとけば良いんです。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス リターン

    練習メニュー

    人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習メニュー

    人数が多い部活で、ストロークとボレーを両方練習したい。そんなと…

  2. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

    数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバラン…

  3. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

    テニスの試合、なかなか調子が上がらないうちに試合が終わってしまう・・・…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

    練習は、厳しく。でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合…

  5. テニス サイト

    練習メニュー

    あって当然、やって当たり前のことを、無くしてみませんか?

    みなさんが、普段当たり前だと思ってやっていること。今までやって…

  6. テニス チャンス

    練習メニュー

    試合に強くなる練習って、どんな練習?のヒントになる5つの視点

    練習環境には恵まれているのに、試合で勝てない。試合中に、自分の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  2. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる
  4. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻す…
  5. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!
PAGE TOP