テニス 体力

練習メニュー

「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話

私自身、テニス以外のスポーツも好きでしたが、音楽についてはからっきし興味がありませんでした。

ですが私の高校時代はバンドブームで、軽音楽部は大人数。

みんなギターが好きで、音楽に興味深々。

でもギターがしっかり弾けるようになれる子って、高校生だとそう多くなかったみたいな話を聞きました。

その話を聞いていると、実はテニスにも近いものがあるんじゃないかなと、思った話です。

 

「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話

 


 

■ギターは、4つのコードだけで弾ける有名な曲もある

ギターって、コードを抑えて「ジャーン」と弾く、ところから入る方が多いと思います。

たくさんのコードを覚えないと弾けないし、特にFなんて難しいし・・・と私なんかは思ってしまいますが、実はそうでもない。

たった4つのコードを押さえるだけで、弾けるようになる曲もあるんだとか。

「スタンド・バイ・ミー」という曲は有名ですが、これも4つくらいのコードで弾ける曲で紹介された記憶があります。

テニスも実は、限られた技術でも試合が出来るし、楽しめるスポーツ。

でも上達していくには、コツがあるんですよね。

 

■ギターを上手くなるには、まず人前で弾いてみること

音楽は一人でももちろん楽しめますが、人と一緒に楽しむことでより拡がっていく。

ギターが上手い人って、人に「聴いてもらう」のが好きな人。

人前で弾くことで、色々考えたり反応を観たり、相手に楽しんでもらおうと工夫することで上達していく。

テニスも一緒ですよね。

一人で壁打ちも大事ですが、相手あってのスポーツ。

相手を観て、人前で自分のテニスをさらけ出していくことで、上達していくスポーツなんです。

 

■ギターもテニスも、「想像力」が大事

楽器もラケットも、無限の可能性を秘めている。

自分でいくらでも工夫出来ますし、どんな音楽、テニスがしたいかを考えて実践する大事なパートナー。

もっともっと、テニスだって色々なことにチャレンジして良い。

4つのコードで試合も出来ますが、たくさんのコードが使えると多くの観客を魅了出来ますよね。

対戦相手に応じたテニス、が出来るかどうかは知っているコードの数や種類、その他の技術によって決まります。

実は音楽とスポーツ、共通すること多いんじゃないかと改めて思いました。

 

このサイトでは「試合に勝つため」の情報をメインに提供しているので、どうしても「堅実」な技術や考え方の紹介が多くなる。

矛盾するようですが、アナタ自身で「こんなショットはどうだろ?」と考えてみて、実践することは大事。

使えなくたって、失敗したって良いんです。

音楽だって、最初は全然出来ないことが、出来るようになっていく。

そう、音楽に課題曲、弾きたい曲があるように、テニスでは倒したい対戦相手がいる。

自分なりに工夫して研究して、自分を表現していくテニスプレイヤーになってください。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

  2. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  3. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、改良案3つ

    練習メニュー、後半の定番と言えばこの練習。サーブを打って、リタ…

  5. 練習メニュー

    テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため

    同じ練習をずっとしていると、何が問題なのか・・・。以前に、練習…

  6. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ
  2. その他

    「グリップチェンジのコツは・・・」テニスでは利き腕の逆の手の動きがポイントです
  3. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えて…
  4. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要…
  5. ボレー

    試合で相手にボレーされるの、全然怖くない!
PAGE TOP