テニス 体力

練習メニュー

「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話

目次

私自身、テニス以外のスポーツも好きでしたが、音楽についてはからっきし興味がありませんでした。

ですが私の高校時代はバンドブームで、軽音楽部は大人数。

みんなギターが好きで、音楽に興味深々。

でもギターがしっかり弾けるようになれる子って、高校生だとそう多くなかったみたいな話を聞きました。

その話を聞いていると、実はテニスにも近いものがあるんじゃないかなと、思った話です。

 

「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話

 


 

■ギターは、4つのコードだけで弾ける有名な曲もある

ギターって、コードを抑えて「ジャーン」と弾く、ところから入る方が多いと思います。

たくさんのコードを覚えないと弾けないし、特にFなんて難しいし・・・と私なんかは思ってしまいますが、実はそうでもない。

たった4つのコードを押さえるだけで、弾けるようになる曲もあるんだとか。

「スタンド・バイ・ミー」という曲は有名ですが、これも4つくらいのコードで弾ける曲で紹介された記憶があります。

テニスも実は、限られた技術でも試合が出来るし、楽しめるスポーツ。

でも上達していくには、コツがあるんですよね。

 

■ギターを上手くなるには、まず人前で弾いてみること

音楽は一人でももちろん楽しめますが、人と一緒に楽しむことでより拡がっていく。

ギターが上手い人って、人に「聴いてもらう」のが好きな人。

人前で弾くことで、色々考えたり反応を観たり、相手に楽しんでもらおうと工夫することで上達していく。

テニスも一緒ですよね。

一人で壁打ちも大事ですが、相手あってのスポーツ。

相手を観て、人前で自分のテニスをさらけ出していくことで、上達していくスポーツなんです。

 

■ギターもテニスも、「想像力」が大事

楽器もラケットも、無限の可能性を秘めている。

自分でいくらでも工夫出来ますし、どんな音楽、テニスがしたいかを考えて実践する大事なパートナー。

もっともっと、テニスだって色々なことにチャレンジして良い。

4つのコードで試合も出来ますが、たくさんのコードが使えると多くの観客を魅了出来ますよね。

対戦相手に応じたテニス、が出来るかどうかは知っているコードの数や種類、その他の技術によって決まります。

実は音楽とスポーツ、共通すること多いんじゃないかと改めて思いました。

 

このサイトでは「試合に勝つため」の情報をメインに提供しているので、どうしても「堅実」な技術や考え方の紹介が多くなる。

矛盾するようですが、アナタ自身で「こんなショットはどうだろ?」と考えてみて、実践することは大事。

使えなくたって、失敗したって良いんです。

音楽だって、最初は全然出来ないことが、出来るようになっていく。

そう、音楽に課題曲、弾きたい曲があるように、テニスでは倒したい対戦相手がいる。

自分なりに工夫して研究して、自分を表現していくテニスプレイヤーになってください。

ピックアップ記事

  1. Note はじめました
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. 練習メニュー

    上級者とのラリーのコツ、教えます

    テニスの練習、上手い人とのラリー。かなり、緊張しますよね。…

  2. 練習メニュー

    漠然とした練習で、テニスは上達しない

    テニスの練習について、改めて考えてみました。今回、高西コーチ…

  3. 練習メニュー

    練習で成果を出すには、何が必要?

    練習で試合に強くなる、成果を出したいと考えているみなさん。何…

  4. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

    高いお金を払ってテニススクール、プライベートレッスンをやってもなかなか…

  5. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?

    「一番良い練習方法、教えて下さい!」というご依頼を、たくさん頂きます。…

  6. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

    高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。それ以外…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ
  3. サーブ

    ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブのトスアップのとき、ボールを持つ手の形」を見直すだけで、アナタのサーブは…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが安定しない・・・と感じている人の問題点は、「軌道が低くて直線的」な…
PAGE TOP