ストローク

テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい

スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?

打つのは出来るけど、相手から打たれると・・・辛い!

という方、多いんじゃないでしょうか。

今回、なぜスライスショットが「返球し辛い」と感じてしまうのか、について考えてみましょう。

 

テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい

 


 

■スライスが厄介なのは、この2点

まず、厄介なのが「遅い」ということ。

ボールが自分のところまで飛んでくるのに時間がかかり、じらされるような感覚、ありませんか?

速いボールならタイミングを合わせて返球しやすいのに、スライスってジワジワ飛んできて集中力が続かない。

もう一つは、低く滑ってバウンドしない、ということ。

初中級の方までは、このバウンドに合わせること自体がなかなか難しいでしょう。

まずはしっかり、スライスの返球においてはこのポイントを克服していかないといけません。

 

■しっかり先回りして、引き付ける意識を持とう!

ボールをしっかり引き付ける、ことが出来るとスライスは怖くありません。

先回りして打点に入ること、それが出来れば相手をしっかり見る余裕も出来ます。

アプローチでネットを取られそうになっても、この先回りが出来ていれば相手もパッシングなのかロブなのか、分からない。

迷いが生じるから、ネットに出る出足が鈍ってくるのです。

 

■低く滑って来るスライスには、スライスでの対応を覚えよう

低く滑るバウンド、これは本当に厄介です。

私からの提案は、この機会にスライスをしっかり覚えて、スライスはスライスで返球出来るようにしたいということ。

スピン系で低い態勢から返球、出来るときもありますが、特にベテランの方や膝に不安がある方は厳しい。

スライスを返球するためのスライス、は実はそんなに難しくありません。

スピン系のショットをスライスで返球しようとして挫折した人、でもチャレンジして欲しい。

一度スライスでゆっくりしたラリー、から練習してみて下さい。

意外と低い打点でも、打ちやすいはずです。

 

スライスに苦手意識があると、相手に気付かれます。

私も試合の序盤では、まず相手が「スライスに対応出来る相手かどうか」のチェックから入る。

いつの間にか、アナタ自身相手からこう思われているかも・・・。

「スライス打っておけば、勝手にミスしてくれるな」なんて。

これでは悔しいので、しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い

    回転系のストローク、しっかりスピンをかけて相手を追い込みたい。…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

    相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。…

  3. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

    ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。ここでしっかり、押して…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる

    ボールをよく見る、ことはみんな意識していること。ですが、試合の…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?

    テニスの試合、なんだかんだ言ってもストロークの力がモノを言う。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い

    今年も全豪オープンの試合、シングルスの試合を観ていると、パッシングショ…

特集記事

  1. フットワーク

    コートの内側に入っていく、そのコツは?
  2. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について
  3. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?
  4. 練習メニュー

    ラリーを楽しみたい?甘えるんじゃないよ
  5. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
PAGE TOP