テニス ストローク

ストローク

「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?

ストロークで腰が引けてしまう人、多くない?

そういう俺も腰が引けて打ってしまうことあるんだけど、そうなるのは何が原因なんだろう。

そして何に気を付けなきゃいけないのかな?

 

「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?

 


 

いろんな原因が考えられるんだけど、体が正面を向いたまま、気持ちが引いてしまっている場合に、腰が引けた状態になりやすい。

気持ちが引いている時は「丁寧に打たなきゃ」って思ってしまう。

でもそう思うと大抵体全身の動きが止まり、腕だけで打つ準備をしようとしてしまうんだよね。

 

丁寧に打とうとする気持ちは大事だけど、それによって体の向きが作れず、手だけの準備になり、しかもボールが来るのを待ってしまうと腰が引けやすい。

軸足の設定ミスという場合も腰が引けやすい。

深いショットや、横に大きく走らされて打つ時って後ろ足を軸として打つことが多いんだけど、チャンスの時は前足を軸とすることが多い。

状況によって軸足を使い分けることが出来れば、ストロークは幅も出てくるんだけど、この軸足の使い分けで間違えるパターンで多いのは、「チャンスだ!!」という状況にも関わらず、軸足は後ろ足に乗ってしまい、ボールが飛んでくるのをジッと待ってしまう時。

本来なら前足に乗らないといけないので、打点は前となり上半身だけ前へ迎えに行きながらも、軸足が後ろのまま。

腰が引ける典型的パターンがこれなんだよ。

 

テニスの試合は基本的に「ミスしないように」ということを考えてプレーすることが多いから、ついつい後ろ足を使ってしまうことが多い。

特にフォアハンドストロークなんてそうだよね。

そこでチャンスが来ても、ついつい使い慣れている後ろ足を使ってしまうんだけど、気持ちは「チャンスだから打たなきゃ!」って思うから、上半身は前へ行こうとする。

きっちりここで軸足を攻撃用の前足に切り替えて対処することが出来ないと、軸足後ろのまま、打点だけ前・・・という腰が引けた打ち方が治らない。

 



 

対処法としては、まずきっちりフォア用、バック用と、体の向きをきっちり作り、正面向き状態でボールを迎えないこと。

後ろ足で繋がなきゃいけないのか、前足で踏むこんでいくべきなのかをしっかり判断して、軸足をちゃんと使い分けること。

特に、前足を使うべき場合はきっちり前足を使う!!

ここが結構重要なんだよね。

横向き作れば、軸足も設定しやすいし、その軸足にきっちり乗ってあげれば、まっすぐ芯が出来るから腰が引けた状態にならないでしょ?

それから腰が引けやすい人は、ストロークプレーのポジションが後ろ過ぎる場合も多い。

後ろの方が粘りやすいポジションではあるけれど、それにより腰が引けた状態が増えるということも覚えておこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で

    テニスにおけるライジングショットは、まさに中級者から上級者への階段。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本

    ストロークラリーの中で、相手のボールが深い。こういう時に、どう…

  3. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?

    テニスの試合は、テンポの変化が激しい。なぜならワンバウンド、ノ…

  4. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考え方

    最近のラケットの傾向は、軽いくせしてコントロール力がある・・・というも…

  5. ストローク

    ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ

    相手のストロークが深くて、自分が下がれない時。こういう時には、…

特集記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「お出迎えください・・・」テニスの試合で相手のアプローチショットを慌てずポイント…
  3. テニス メンタル

    戦術

    普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦す…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差
  5. テニス 走力

    戦術

    ミスのレベルを上げていく、ことこそテニス選手としての成長
PAGE TOP