ストローク

ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試してみよう!

トップスピン系のストロークを打つ時、フォアもバックもしっかりとラケットを立ててテイクバックをしてからラケットダウン、そしてヒットからフォロースルーという流れで打つことが多いんだけど、最初のテイクバックを省いていきなりラケットダウンからスタートする打ち方もある。

両手バックハンドの人なんかは、全ていきなりラケットダウンからスタートするパターンの人も多いし、伊達選手なんかはバックだけじゃなくて、フォアもラケットダウンからスタートの打ち方。

どういう時にこういうラケットダウンスタートとなるのだろう。

そしてそのメリットはなんだろう。

 

ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試してみよう!

 


 

まずストロークの一番重要なポイントは何かと言うと、打点である。

足からもらえるパワーをボールに伝えるには、きっちりと正確な打点で打たないといけないからね。

そしてその打点の次に重要なのがラケットダウン。

 

ラケットダウンで最もラケットが下がった箇所と打点の関係が、弾道に大きく影響される。

もちろんラケット面の向きなんかも重要だけど、とにかく弾道をしっかり山なりにして持ち上げたければ、打点の真下に近いところにラケットダウンさせればいいし、フラット系の弾道にしたければ、打点の高さに近い感じで後ろにラケットダウンさせればいい。

とにかくストロークはラケットダウンと打点、この二つの位置関係で弾道が決まるのだ。

じゃあテイクバックはなんの役割を担っているかというと、反動つけて勢いよくラケットダウンさせるためのパワー作り。

なので、テイクバックをしっかりと取ればある程度パワーが加算されるんだけど、このテイクバックをしっかりさせようとしてしまったばかりに、その後大事なラケットダウンをさせる時間がなくなり、テイクバック地点からそのまま打点へラケットを振ってしまうなんてことになる人が多い。

 

大事なのは打点とラケットダウンの関係の方なんだから、余裕ある場合は、テイクバックもその前に加えていいけど、それよりラケットダウンの方を重要視してもらいたい。

速いショットを受けた時やライジングで打たなきゃいけない場合は、テイクバックを省いてラケットダウンからスタートさせた方が、ラケットダウンすることに集中出来るでしょ?

これが、テイクバックを省いていきなりラケットダウンスタートのストロークを打つ時のパターン。

しかも相手の速いショットやライジングで打つ場合、わざわざテイクバックをさせてパワーを加算させなくても、そのショットの威力を利用しやすいわけだから、テイクバック自体そもそもいらないんだよ。

じゃあ、テイクバックはそんなに重要じゃないかというと、そんなことはない。

 



 

最初に言ったように、ラケットダウンをさせる時に、反動で勢い付けられるから、スィングスピードも上がってパワーに繋がるし、がっちりテイクバックを構えて、ビシッと相手にそれを見せつけるとコースを隠すこともしやすい。

だけど、大事なことはあくまでもテイクバックはオプションであって、優先すべきはラケットダウンと打点の関係なんだよね。

通常はテイクバック付きのショットが多くなると思う。

だけど、相手がネットに出てきて、ボレーストロークの状況が多くなったり、速いショットを受け続ける場合、それからライジングで打つ機会が多い場合は、ラケットダウンスタートのストロークがメインとなってくる。

タイミングが取りやすいからね。

だから、ストローク打つ時にタイミングが掴めていない人、打点が詰まってしまう人、ボールを待ってしまって足が止まってしまう人なんかは、テイクバックを省いたラケットダウンから始まるストロークに切り替えてみるのも良いと思うよ。

それによって、最も重要であるラケットダウンと打点の関係を、正確に作っていこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について

    バックハンドストローク苦手だったので、バックが苦手な人を見分けるのが得…

  2. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

    初中級者の壁を越えたい、と考えている方。越えられます、すぐに。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!

    飛び過ぎるとアウトするし、短いと打ち込まれてしまう・・・。トッ…

  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  5. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

  6. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない

    片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。これについて…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨め…
  3. メンタル

    何が好きなのか?より、何をしてきたのか?
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    気が付いていないだけで、スプリットステップにはある秘密がある
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます…
PAGE TOP