練習メニュー

逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

試合の中で、逆転出来る人。

そういう人って、どんな練習をしてるのか。

私は、普段と同じ練習でも「負荷のかけ方」が大事だと思っています。

学生時代、やっていた練習を少しだけ公開してみます!

 

逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

 


 

1.やり方は、簡単!

やり方は、簡単です。

ポイント形式、試合形式の練習を、0-40からスタートする。

サーブ側が、ブレイクポイント3本を凌ぐような場面から開始、にするんです。

もう、大変ですよね。

ファーストサーブ入らなかったら、セカンドサーブで緊張してダブって終わり、次の人と交代。

こういうゲームを、どう逆転していくのか。

サービスゲーム、どうやってブレイクポイントを凌いでいくのか、を考えて戦わないといけない。

さぁ、みなさんならどうしますか?

 

2.「不利な状況だし・・・」と、諦めてはいけない

これ、勝てない人の典型例です。

負荷の高い練習だから、負けてもしょうがないと思っている。

「不利な設定なんだから、しょうがないよ・・・」と、どこかで思っていては、練習になりません。

0-40から始めて、ブレイクされても罰ゲーム、みたいな設定をしても良いでしょう。

ブレイクする側、リターン側も本気でしっかりブレイクする。

0-40からしっかりブレイクする、というのも良い練習になりますよね。

 

3.逆転することに、慣れていこう

練習から、しっかり意識することが大事です。

勝ち癖、を付けることが大事なんですよ。

練習でも良いから、0-40からしっかりキープする。

これを繰り返していけば、自信になる。

試合の現場でも、「何とかなるかな」という感じ、に思えるでしょう。

これ、すごく大事です。

強豪チームの選手たちは、こうやって負荷をかけてしっかりプレッシャーをかけた練習をしている。

みなさんも、やっていくうちに「逆転慣れ」していけるはずですよ。

 

4.戦い方、は自分で見に付けるしかない

この練習、やっていけば分かるはず。

「あ、こうやれば0-40からでも15-40になって、30-40に出来るんだ」と、分かって来る。

誰かから教えてもらうより、こっちの方がずっと身になる。

自分で負けたくないから、何とかしようと必死になる。

気付かないと、ずっと1ポイントか2ポイントで交代して罰ゲームですからね。

逆転は難しいけど、自分次第。

そう気付いた選手から、試合でも結果を出していけるんです。

 

負荷をかけるって、なかなか出来ないんですよ。

やっぱり練習、楽しくやりたいですから。

0-40のような場面なんて、経験したくないですからね。

でも、試合ではもっともっと、負荷がかかって来ます。

だったら、練習で苦しんでおきましょう。

そして最後に、一緒に笑いましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

  3. テニス ハードコート
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー

    「グランドスマッシュ」と聞いて、アナタ自身どんなイメージですか?…

  5. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

    「あの選手のストローク、凄いな・・・」「サーブ、ブレイク出来る…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない

    練習に対して意識が低い人。それは、試合の中でどこか出し惜しみし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩
  2. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!
  4. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショッ…
PAGE TOP