テニス サーブ

メンタル

「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合

テニスの試合で、大逆転が起きる時。

それって、無意識のうちにこの意識、が働いているんだと思います。

相手がもう、自分に向かって来ないと勝手に決めつけてしまう。

勝手に、試合終了にしてしまう。

そこから、全ては狂い始めていきます。

 

「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合

 


 

1.油断するつもりは無いけど・・・

試合の後半、リードして迎えるような場面。

もう、ほぼ勝てるかな・・・と思っていると、つい相手に期待してしまう。

「もう、諦めてくれよ」と。

最後まで向かって来る相手は、誰でも嫌なもの。

スコア差を付けて、もうギブアップしてください、と相手に語り掛けている自分はいませんか?

それって、結構危険なことなんですよね。

 

2.「諦めたな」と思ったら、急に息を吹き返して来る相手もいる

試合の後半で、あるポイントを切り取ってみると「諦めた」ような感じもある。

でも、その後いきなり良いショットを繰り出してきたり、声をだしてきたり・・・よく分からない感じ、になってしまう。

気が付けば相手のペースになって、追いつかれて逆転されるようなケースって、経験ありませんか?

これは、アナタ自身がどこかで試合のスウィッチを切ってしまったから。

「諦めたな」と勝手に思い込んで、もう試合終了にしてしまったんですよね。

気持ちは分かりますが、その癖を無くさない限り、また逆転劇は起きてしまうでしょう。

 

3.相手は絶対に諦めない、何度でもとどめを刺そう

情けは無用、とにかく相手を追い込み続けること。

テニスの試合って、リードしてからの一押し、二押し、が本当に大事なんですよね。

リードされた相手は、必ず何かを変えて挽回して来ますから。

「諦めてくれる」のは、それまでの相手。

3回戦くらいまでは、そういう相手もいるかも知れませんが、それより先に勝ち上がっていけばほぼいないでしょう。

諦めてしまう、のはいつも自分自身。

徹底的にとどめを刺し続けていく意識、が試合では大事です。

 

4.狂い始めた自分を、どこかでコントロールしよう

スコアが迫って来る、だんだんとリードが無くなって来ると・・・余裕も無くなる。

そんな時、みなさんはどういう処置が出来ますか?

狂い始めた自分を、どう制御するのか。

冷静になって考えてみれば、必ず解決策はあります。

どういうパターンでポイントを失っているのか、そして、自分は何をすべきなのか。

私は、こういう場面では必ずネットに出る、とにかくポジションを変える。

同じ場所、パターンで失点しているケースが多いですからね。

アナタ自身、何が出来るのか。

諦めたと思った相手が息を吹き返して来る、時に何が出来るのか、が試合の現場では大事です。

 

そりゃ、期待しちゃいますよね。

リードして試合の後半、試合を投げてくれる相手は楽。

でも、そうはいかないのがテニスの試合。

「諦めたな」と期待して、アナタ自身が諦めないように。

何度でもとどめを刺していく意識、でいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる

    テニスの試合、私自身たくさんの試合を経験してきました。それは選…

  2. メンタル

    即効!試合前に5分で出来る、メンタル整理術

    試合前に、毎回私がやっていること。今回は、すごくシンプルですが…

  3. メンタル

    社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです

    私も昔、高校生のころはよく一般の試合に出ていました。色々練習仲…

  4. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、〇〇を変えること

    テニスの試合、なかなか勝てない。練習は一生懸命やっているのに、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン

    プロ野球の試合でも、最近「イップス」という言葉がニュースでもよく出て来…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです

    セルフコントロール、出来る人は試合で強い。特に、自分で自分を鼓…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判…
  2. テニス ボレー

    戦術

    試合で願望に満ちたウォッチは、大抵入る
  3. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り
  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見え…
  5. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
PAGE TOP