テニス サーブ

メンタル

「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合

テニスの試合で、大逆転が起きる時。

それって、無意識のうちにこの意識、が働いているんだと思います。

相手がもう、自分に向かって来ないと勝手に決めつけてしまう。

勝手に、試合終了にしてしまう。

そこから、全ては狂い始めていきます。

 

「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合

 


 

1.油断するつもりは無いけど・・・

試合の後半、リードして迎えるような場面。

もう、ほぼ勝てるかな・・・と思っていると、つい相手に期待してしまう。

「もう、諦めてくれよ」と。

最後まで向かって来る相手は、誰でも嫌なもの。

スコア差を付けて、もうギブアップしてください、と相手に語り掛けている自分はいませんか?

それって、結構危険なことなんですよね。

 

2.「諦めたな」と思ったら、急に息を吹き返して来る相手もいる

試合の後半で、あるポイントを切り取ってみると「諦めた」ような感じもある。

でも、その後いきなり良いショットを繰り出してきたり、声をだしてきたり・・・よく分からない感じ、になってしまう。

気が付けば相手のペースになって、追いつかれて逆転されるようなケースって、経験ありませんか?

これは、アナタ自身がどこかで試合のスウィッチを切ってしまったから。

「諦めたな」と勝手に思い込んで、もう試合終了にしてしまったんですよね。

気持ちは分かりますが、その癖を無くさない限り、また逆転劇は起きてしまうでしょう。

 

3.相手は絶対に諦めない、何度でもとどめを刺そう

情けは無用、とにかく相手を追い込み続けること。

テニスの試合って、リードしてからの一押し、二押し、が本当に大事なんですよね。

リードされた相手は、必ず何かを変えて挽回して来ますから。

「諦めてくれる」のは、それまでの相手。

3回戦くらいまでは、そういう相手もいるかも知れませんが、それより先に勝ち上がっていけばほぼいないでしょう。

諦めてしまう、のはいつも自分自身。

徹底的にとどめを刺し続けていく意識、が試合では大事です。

 

4.狂い始めた自分を、どこかでコントロールしよう

スコアが迫って来る、だんだんとリードが無くなって来ると・・・余裕も無くなる。

そんな時、みなさんはどういう処置が出来ますか?

狂い始めた自分を、どう制御するのか。

冷静になって考えてみれば、必ず解決策はあります。

どういうパターンでポイントを失っているのか、そして、自分は何をすべきなのか。

私は、こういう場面では必ずネットに出る、とにかくポジションを変える。

同じ場所、パターンで失点しているケースが多いですからね。

アナタ自身、何が出来るのか。

諦めたと思った相手が息を吹き返して来る、時に何が出来るのか、が試合の現場では大事です。

 

そりゃ、期待しちゃいますよね。

リードして試合の後半、試合を投げてくれる相手は楽。

でも、そうはいかないのがテニスの試合。

「諦めたな」と期待して、アナタ自身が諦めないように。

何度でもとどめを刺していく意識、でいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から入る

    何でもかんでも、否定から入る人。皆さんの周りにも・・・いるんじ…

  2. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

    杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。最近ブレイク中の…

  3. テニス 雨
  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れる

    気合いを入れて、試合に臨む。大事なポイントでは声も出すし、一生…

  5. テニス サーブ

    メンタル

    ほとんどの試合は、マッチポイントの前にとっくに終わってる

    テニスの試合での、大逆転。みなさん、どれくらい経験して来たでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇…
  3. テニス リターン

    フットワーク

    テニスのラリーでは、「速いショットほど上半身で合わせにいかない」ことを意識すると…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでい…
  5. テニス サイト

    メンタル

    テニスのように、プレーとプレーの途中に「間」が多い競技では、その時間をどういう意…
PAGE TOP