テニス ダブルス

戦術

相手に気付かれないフェイントほど、悲しいものは無い

試合で一生懸命使っていても、効果が無いこと。

これ、一番多いのはフェイント、じゃないでしょうか。

つい、私たちはやるだけで満足して、相手にどの程度効いているのかから目を背けてしまう。

やっぱり、今日も悲しい人がたくさんコートにいるような気がします。

 

相手に気付かれないフェイントほど、悲しいものは無い

 


 

1.「やるだけ」から卒業しないと

フェイント、みなさん試合で使ってますか?

ダブルスの前衛の時や、相手のチャンスボールの時なんか、結構使いますよね。

自分の意図する反対側に一回動いて、誘うような動き。

テニス以外のスポーツでも多用されるこの技術ですが、つい「やるだけ」になってしまいがち。

やるだけで満足してしまうと、肝心の相手が見えなくなるんですよね。

 

2.相手がまず気付かないと、意味がない

そもそも、相手がアナタ自身のことを気にしてくれているのかどうか。

この部分が、スタートなはず。

アナタ自身が必死に誘う気持ちで動いても、相手が気にしてくれているかどうか。

この部分、やることだけに必死になると相手の表情を見れないですからね。

ただ必死に動いて、相手が気にしてくれない。

それって、本当に悲しいただの体力の無駄使い、になってしまいますからね。

 

3.相手に気にしてもらうには?

まず、大胆にいきましょう。

例えばダブルスの前衛なら、ハッキリと相手の視界に入る。

ポーチのフェイントを入れるなら、本当いポーチに出るぞ!と思わせるように、センターストラップ近くまで動く。

そこまで動けば、大抵の人は気付いてストレートに打ってくる。

気にして、自分のショットが乱れる。

そこまでやらないと、ただ悲しい一人フェイントになってしまうだけですからね。

 

4.フェイントが全く効かない相手には・・・?

つまり、相手を見ていないということですよね。

それだったら、話は簡単。

どんどん相手が打つコースを先読みして、動いていきましょう。

たまにテニスの試合でもいますからね、こういう相手。

私なら、ガンガン前に出る。

だって、こちらを見ない訳ですから。

フェイントなんて細かいことはやめて、ガンガン出ていく、そして気にしてきたらロブをケアする感じですかね。

こういう単純な相手、のほうが楽ですよ。

 

とにかく、相手に気にしてもらうフェイント、とは何か。

大胆に、より試合で踏み込んでいけるように意識してみて下さい。

きっと、新しいアナタのテニスが見つかると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  2. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!

    ゲームカウントが6-6で、タイブレークに。こういう試合、結構多…

  3. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

  4. 戦術

    強い相手と戦うなら、絶対初戦が良い

    大会の初戦から、相手が強い。もうこれだけで、みなさん気持ちが…

  5. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然

    対戦相手と、真っ向勝負。これは、非常に危険だと私は思っています…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます

    アナタが試合をするとき、対戦相手はどんな特徴を持っているのか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ
  2. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
  3. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコ…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    鋭いスライスって、どうやって打つ?
  5. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ…
PAGE TOP