テニス ガスケ

シングルス

シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。

華麗に前に出て、キレイに決める。

そういうプレーは、プロ選手に任せておきましょう。

私たちの場合は、もっと泥臭く、騙し合いで良いはずなんです。

 

シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

 

1.前に出るときに、大事な要素とは?

私は、ある意味「遅さ」が大事だと思います。

スライスでのアプローチ、がなぜ有効なのか。

それは、じっくりねっとり、相手にアプローチしていけるから、です。

速いスピン系のショットだと、アナタ自身が前に辿り着く前に相手が打ち返してきますからね。

良い意味で、じらす。

そのじらす時間があれば、きっとアナタ自身が出来ることも増えていくはずです。

 

2.1回フェイントを入れるだけでも、かなり印象が違う!

私はいつも、スライスアプローチで前に出ると、上半身だけでもフェイントを入れます。

ダウンザライン、側に寄ったフリ、だけしてみる。

コツは、早めにやってしまうことです。

早めにやらないと、相手が前に踏み込んで打ち返してから、じゃ遅いですからね。

もう、ネットからある程度遠い場所、サービスライン付近でも良いと思いますよ。

1回フェイントを入れて、相手の動揺を誘う。

しっかりアナタ自身が、その後に態勢を戻すことも大事です。

 

3.実際に相手が打つ瞬間には、しっかり構えておくこと

1回のフェイントを早めに入れて、早く態勢を戻す。

実際に相手のショットが放たれる瞬間には、しっかりと構えておけるように準備しておきましょう。

繰り返しますが、このフェイントは誘うというよりも、相手に早い段階で見せて動揺させる、のが狙いですから。

実際に打つ瞬間にアナタ自身が崩れていては、話にならない。

しっかりと良いボールが来ても、ボレーやスマッシュで対抗出来るようにしておく、のが基本です。

 

4.フェイントは入れても、そこに期待し過ぎないこと

ダブルスでもそうですが、フェイントが上手い人って期待しない。

「まぁ、引っ掛かってくれたり、動揺してくれたら儲けもの」くらいに考えてるんですよね。

これが、フェイントが下手な人だと期待し過ぎる。

しっかり入れて、相手を惑わせないと・・・という意識が強過ぎて、自分が崩れていく。

実際に、強い相手ならちょっとしたフェイント、揺さぶりは、気にしないですから。

シングルスの試合でのネットプレー、でも効果が無い場合だって多いでしょう。

でも、絶対にやらないよりは良い、と私は考えています。

ぜひ、相手を試すような心意気でやってみて下さい。

 

まともに勝負、ストロークが強い相手には危険です。

ただ前に出る、だけでもちょっと厳しい・・・ときに、このフェイント作戦の出番でしょう。

普通にやって勝てない、ような相手こそ、です。

一つネットプレーの隠し技として持っておくだけで、違うと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

    テニスの試合では、ブレーク合戦になることが多々あります。プロ選…

  2. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

    シングルスの試合で、有効な作戦。シンプルですが、私はいつもこの…

  6. シングルス

    シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していきたい。でも、サイド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス シングルス

    日々の雑記

    「テニスは面白い」と思ったまま、各カテゴリを卒業して欲しい
  2. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない
  3. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫…
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法…
  5. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない
PAGE TOP