テニス ガスケ

シングルス

シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。

華麗に前に出て、キレイに決める。

そういうプレーは、プロ選手に任せておきましょう。

私たちの場合は、もっと泥臭く、騙し合いで良いはずなんです。

 

シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

 

1.前に出るときに、大事な要素とは?

私は、ある意味「遅さ」が大事だと思います。

スライスでのアプローチ、がなぜ有効なのか。

それは、じっくりねっとり、相手にアプローチしていけるから、です。

速いスピン系のショットだと、アナタ自身が前に辿り着く前に相手が打ち返してきますからね。

良い意味で、じらす。

そのじらす時間があれば、きっとアナタ自身が出来ることも増えていくはずです。

 

2.1回フェイントを入れるだけでも、かなり印象が違う!

私はいつも、スライスアプローチで前に出ると、上半身だけでもフェイントを入れます。

ダウンザライン、側に寄ったフリ、だけしてみる。

コツは、早めにやってしまうことです。

早めにやらないと、相手が前に踏み込んで打ち返してから、じゃ遅いですからね。

もう、ネットからある程度遠い場所、サービスライン付近でも良いと思いますよ。

1回フェイントを入れて、相手の動揺を誘う。

しっかりアナタ自身が、その後に態勢を戻すことも大事です。

 

3.実際に相手が打つ瞬間には、しっかり構えておくこと

1回のフェイントを早めに入れて、早く態勢を戻す。

実際に相手のショットが放たれる瞬間には、しっかりと構えておけるように準備しておきましょう。

繰り返しますが、このフェイントは誘うというよりも、相手に早い段階で見せて動揺させる、のが狙いですから。

実際に打つ瞬間にアナタ自身が崩れていては、話にならない。

しっかりと良いボールが来ても、ボレーやスマッシュで対抗出来るようにしておく、のが基本です。

 

4.フェイントは入れても、そこに期待し過ぎないこと

ダブルスでもそうですが、フェイントが上手い人って期待しない。

「まぁ、引っ掛かってくれたり、動揺してくれたら儲けもの」くらいに考えてるんですよね。

これが、フェイントが下手な人だと期待し過ぎる。

しっかり入れて、相手を惑わせないと・・・という意識が強過ぎて、自分が崩れていく。

実際に、強い相手ならちょっとしたフェイント、揺さぶりは、気にしないですから。

シングルスの試合でのネットプレー、でも効果が無い場合だって多いでしょう。

でも、絶対にやらないよりは良い、と私は考えています。

ぜひ、相手を試すような心意気でやってみて下さい。

 

まともに勝負、ストロークが強い相手には危険です。

ただ前に出る、だけでもちょっと厳しい・・・ときに、このフェイント作戦の出番でしょう。

普通にやって勝てない、ような相手こそ、です。

一つネットプレーの隠し技として持っておくだけで、違うと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純

    シングルスの試合、イメージだけが先行しているケースが多い。「体…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

  3. テニス リターン
  4. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?
  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!…
  3. テニス リターン

    ストローク

    フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にした…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意…
PAGE TOP