テニス ガスケ

シングルス

シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。

華麗に前に出て、キレイに決める。

そういうプレーは、プロ選手に任せておきましょう。

私たちの場合は、もっと泥臭く、騙し合いで良いはずなんです。

 

シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

 

1.前に出るときに、大事な要素とは?

私は、ある意味「遅さ」が大事だと思います。

スライスでのアプローチ、がなぜ有効なのか。

それは、じっくりねっとり、相手にアプローチしていけるから、です。

速いスピン系のショットだと、アナタ自身が前に辿り着く前に相手が打ち返してきますからね。

良い意味で、じらす。

そのじらす時間があれば、きっとアナタ自身が出来ることも増えていくはずです。

 

2.1回フェイントを入れるだけでも、かなり印象が違う!

私はいつも、スライスアプローチで前に出ると、上半身だけでもフェイントを入れます。

ダウンザライン、側に寄ったフリ、だけしてみる。

コツは、早めにやってしまうことです。

早めにやらないと、相手が前に踏み込んで打ち返してから、じゃ遅いですからね。

もう、ネットからある程度遠い場所、サービスライン付近でも良いと思いますよ。

1回フェイントを入れて、相手の動揺を誘う。

しっかりアナタ自身が、その後に態勢を戻すことも大事です。

 

3.実際に相手が打つ瞬間には、しっかり構えておくこと

1回のフェイントを早めに入れて、早く態勢を戻す。

実際に相手のショットが放たれる瞬間には、しっかりと構えておけるように準備しておきましょう。

繰り返しますが、このフェイントは誘うというよりも、相手に早い段階で見せて動揺させる、のが狙いですから。

実際に打つ瞬間にアナタ自身が崩れていては、話にならない。

しっかりと良いボールが来ても、ボレーやスマッシュで対抗出来るようにしておく、のが基本です。

 

4.フェイントは入れても、そこに期待し過ぎないこと

ダブルスでもそうですが、フェイントが上手い人って期待しない。

「まぁ、引っ掛かってくれたり、動揺してくれたら儲けもの」くらいに考えてるんですよね。

これが、フェイントが下手な人だと期待し過ぎる。

しっかり入れて、相手を惑わせないと・・・という意識が強過ぎて、自分が崩れていく。

実際に、強い相手ならちょっとしたフェイント、揺さぶりは、気にしないですから。

シングルスの試合でのネットプレー、でも効果が無い場合だって多いでしょう。

でも、絶対にやらないよりは良い、と私は考えています。

ぜひ、相手を試すような心意気でやってみて下さい。

 

まともに勝負、ストロークが強い相手には危険です。

ただ前に出る、だけでもちょっと厳しい・・・ときに、このフェイント作戦の出番でしょう。

普通にやって勝てない、ような相手こそ、です。

一つネットプレーの隠し技として持っておくだけで、違うと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

  4. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  5. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと

    シングルスの試合は一人で戦わないといけない。ダブルスのように、…

  6. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて
  2. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の…
  4. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない
  5. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ
PAGE TOP