シングルス

シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います。

その中で、「この人の試合、面白い!」という試合、どの程度あったでしょうか?

私は最近、どの選手も「同じような試合」をしているような感じがしています。

いや、細かい部分はもちろん差はありますし、試合自体は年々レベルアップしている。

でも、明らかに足りないものがある。

それは、ネットプレー、でしょう。

今回は、私たち一般プレイヤーだからこそ使える、シングルスでのネットプレーの考え方について。

私の意図、実際に試合で使っていること、をまとめてみました。

1.相手のバックハンドでミスを誘う

パッシングショット、バックハンドは難しい。

まず、この基本的な考え方でシングルスの試合で挑んでいく。

ネットに出る最初のアプローチは、まず相手のバックハンドから。

ここで、ナイスショットが出たら「今日は厳しい戦いになるな」と覚悟する。

でも、結構試合の序盤だと、相手も緊張してますからミスしてくれたりする。

そしてそのミス、のイメージをずっと試合の後半までひきずってくれる。

だから、シングルスでのネットプレーは有効なんです。

まずは相手のバックハンドから探ってみる、基本ですね。


2.弱気な相手は、ロブで来る

ネットに出て、相手は打ってくる?

いや、実はそうでも無いんですよ。

弱気な相手は、そんなアナタを避けようとしてくる。

ロブが来る、ロブしか頭にない人は結構多いですよ。

試合の前に、シングルスの相手の雰囲気を見ておく。

どこか、おどおどしているようなら、ロブをケアしつつ前に出る。

「前に出過ぎない」くらいの意識で、ちょうど良いでしょう。


3.奇襲にピッタリ、なのがネットプレー

サーブ&ボレー、リターンダッシュ。

これは、今でも私のシングルスの試合での基盤になる作戦です。

考え方としては、基本的に、相手を「脅かしてやろう」という気持ち。

失敗しても、相手に印象を残す。

何かをやってくる相手、であると見せておくことが、試合の終盤でも活きる。

シングルスの試合、実はこういう部分が大事だったりします。 


4.序盤にこそ、ネットプレーは効果的

イメージしてみてください。

アナタの相手が、試合の序盤、まだ0-0のゲームスコアのとき。

いきなり、ネットに出てポイントを取る、プレッシャーをかけてくる。

実に嫌、じゃないですか?

シングルスの試合は、この考え方が大事なんです。

ネットプレーと序盤は、相性がピッタリ。

序盤こそ、アナタがネットプレーを入れる事で、相手に計り知れないダメージを与えることが出来るんです。


5.ハイボレーのコントロールこそ、大事

ネットプレー、シングルスの試合では「ハイボレー」が増える

ネットから離れた位置で、普通の「深め」のストロークを触ると・・・結構高い位置になりますよね。

ローボレーやミドルボレーも大事ですが、それ以上にネットから遠い位置でのハイボレー、をしっかりコントロールできるかどうか。

これが、アナタの生命線です。

シングルスの試合のネットプレーの考え方、ハイボレーを基軸に考えましょう。

しっかり相手を追い込むスライス回転、かけることが大事です。


6.「ネットに出る人」か「ネットに出ない人」の2種類しかいない

シングルスは1対1。

前衛や後衛、といった概念もありませんから、タイプは基本2つ。

ネットに出る選手なのか、出ない選手なのか。

こう考えると、「出る選手」の方が絶対に嫌じゃないですか?

だって、出ない選手は浅いボールを打っても下がってくれる。

奇襲も無いし、ポワーンというリターンでつなぐことも出来る。

アナタ自身、そうなって欲しくない、もったいない。

ネットに出る選手、になっておくことが、シングルスの試合では絶対に有効です。


7.ネットプレーは「粘り勝ち」が基本

華麗にボレーでエース?

そんなポイントは、実際は少ないでしょう。

相手にプレッシャーをかけて、しぶとく喰らいついて、相手のミスを誘う。

相手の焦ったパッシングショットがアウト、ネット、でジワッとガッツポーズ。

これこそ、私が考える理想のネットプレーです。

前に出るけど、どこか守備的、粘り強くで良い。

結果的にボレーエースはあっても、ミスと隣り合わせのようなショットは打たない。

この精神が、シングルスの試合は特に大事だと思います。


時には、こんな作戦も・・・

サーブ&ボレー、をするようでしない。

実は、前に出るフリだけ、というのもテニスの試合では使えます。

何度も使っていると相手にバレて、パッシングの餌食になりますが。

相手に迷いを植え付ける、という意味では「サーブ&ボレーのフリ」作戦は結構使えます。

→公式チャンネル登録はコチラ


シングルスの試合に、怖くてネットプレーを入れることが出来ない人。

そういう人が、ほとんどなんです。

だからこそ、チャンスだと思いませんか?

ダブルスであんなにボレーが生き生きしているのに、シングルスはストローカーになる人、もったいないですって。

どんどん前に出て、シングルスの試合の考え方を変えていきましょう!

きっと、勝てる試合、相手が、すごく拡がるはずです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    アタック後のポジション、ボール方向へ

    シングルスの攻撃の基本、改めて確認しておきましょう。これは、当…

  3. シングルス

    「アナタとラリーを続けたい」精神で

    試合で安定した成績を残すために、必要な意識。対戦相手も、試合…

  4. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

  5. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?
  2. その他

    「こらぁ!!水、飲むなぁ!!」時代の部活も今や昔・・・
  3. テニス ロブ

    ボレー

    ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!
  4. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる
  5. 戦術

    先を読むのは難しくない、行動することが難しい
PAGE TOP