テニス ストローク

シングルス

シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど無い。

特に女子選手は、ストローク力が勝ってしまうという現実もあり、あまり積極的に実践する人は少ないように思います。

ですが・・・だからこそ、チャンスだと思いませんか?

私のお勧めは、あえてアプローチをゆっくり打って前に出る。

そしてフェイントを入れて相手を揺さぶってみる、という作戦。

失敗しても、相手は仕掛けられたという印象が残る。

騙されたと思って、ぜひやってみて下さい!

 

シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

 


 

■アプローチが深くゆっくりなら、相手の攻撃に無理が出る

パッシングショットは、深い位置からならそんなに怖くない。

しっかり踏み込まれるとしんどいですが、そうさせなければボレー側が優位だと私は思っています。

それが例え、シングルスの試合であっても、です。

ゆっくり深いアプローチ、に加えてアナタ自身が少し左右にステップを踏む、フェイントを入れることをお勧めします。

 

■相手に無理をさせる、というネットプレーの基本に立ち返る

何度もこのサイトでお伝えしてきましたが、華麗に決めるボレー、だけがネットプレーではありません。

相手に強引なショットを打たせ、しっかりミスを誘う。

そのためには、相手の視界に自分が入り、「安全なコースをふさいで、難しいコースに打たせる」ことが大前提。

フェイントを入れるときには、あえて難しいコースに寄っておいて安全なコースを空けておく。

そこに打たせて、自分がしっかりコースをふさぐ、というようなイメージで、シナリオを描いてみましょう!

 

■相手にミスさせた1ポイントは、ただの1ポイントにあらず

相手にミスをさせる、しかもアナタがネットに出て積極的なプレーをして誘う。

この1ポイントは、ただの1ポイント以上の価値があります。

相手はショックを引きずり、サービスゲームにも影響が出るでしょう。

アナタが前に出ることが脅威、に感じてくれるかも知れません。

こういった印象付けはぜひ、試合の序盤に行うようにしましょう!

 

ネットプレーも、考え方次第です。

ボレーだけがネットプレー?

違います。

その前のアプローチとポジショニング、フェイント、全てを含めてのネットプレーです。

ボレーだけの技術があっても、試合で使えない。

試合で使えるボレーは、前後のショットや動きとセットで考えましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る

    シングルスの練習、皆さんはどんな意識でやってますか?「自分一人…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  3. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

  4. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう

    相手に触らせて、自分がポイントを取る。こういうイメージがあると…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  6. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  4. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう…
PAGE TOP