戦術

テニスの立体化改革、2020年

みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。

ぜひ、テニスのプレースタイルの面でも、ご自分で考えて指針を決めて欲しいと私は思います。

出来る、出来ないの話の前に、試合に勝つ為に何をプラスアルファしていけば良いのか。

私自身も、自分のテニスについて年始から考えておりました。

そこで自分の中では、「改めてこれだな」と思えるテーマが見つかりました。

あくまで私の目標であり指針ですが、みなさんにもお勧めです。

テニスは時代と共に、大きく変化していくスポーツ。

新しいチャレンジ無くして、成長無し、です。

 


 

平面から、立体へ

見えない所が、見えるかどうか

みなさんもテニスをしていて、聞いたことがあると思います。

コートを立体的に使おう、縦に使おう、という話。

私は、最近のATPカップの試合を観ていてすごく感じます。

この差が、そのまま実力差となりスコア差、になってるんじゃないかと。

典型的な作戦で言えばドロップショットを使う、ショートクロスで相手をコート外に走らせる、というのがありますよね。

これを効果的に使える選手が、強い。

使える選手は、「相手の手前のスペース」が見えてるんです。

狭いと感じるのか、広いと感じるのか

自分のテニスの調子が悪いときは、相手コートが狭く感じる。

逆に調子が良い時には、広く感じるのがテニス。

テニスコートはご存知の通り縦に長いですから、この縦のスペースをどう使えるかが鍵になります。

プロ選手の試合でも、縦に相手を動かすと一気に状況が変わり、リズムも変わる。

この変化を自分から付けられる選手こそ、私は2020年も活躍出来る選手だと思います。

何も、プロ選手に限った話ではなく、ですね。

下がった相手に、深く打っても…

意味は無いですし、そこまで動かせていないのでミスも誘えない。

ベースラインから1メートル以上下がっている相手に、深いボールは脅威になり得ない。

でも、結局それしか打てない、そこの打ち合いで勝負しているような方がまだまだ多いように感じます。

そのストローク戦で主導権を握りたい、その気持ちは分かりますが…もう、そこに大差は付かないような気がします。

私たちはどんどん、テニスを立体化していく。

相手を前に引っ張り出す、自分も前に出る。

この縦の変化を自分から興していけるようなテニス、一緒に2020年は目指しませんか?

ドロップ系のショットを、阻むもの

まず、練習が難しい…

と、思いませんか?

普段の練習の中で、ドロップショットを打つのはなかなか難しい。

ラリー練習の中で、いきなり打ったら…なんだか雰囲気を壊してしまいそうで。

テーマを決めて、「どんどん使う」という雰囲気なら良いですが、テニススクールやサークルでは、難しいですよね。

この壁が、まずテニスの練習の中ではあります。

そして、練習出来ていないことは試合で使えない。

使わないから、イメージも湧き辛いという悪循環。

ここを、自分の中でどう打破していくか、です。

試合から、使っていこう!

練習で打ち辛いなら、もう試合で使ってみる。

私は、これはものすごく有りな考え方だと思います。

試合で有効だと気付く、だからこそ、これは何としても練習したい!と自分で思えたなら。

きっと、世界は変わっていきますよ。

良いじゃないですか、普段の練習から「ドロップショットをどんどん使うテーマでいこう」と提案してみれば。

打たれる側も、すごく良い練習になりますよ。

練習の中からテニスコートを立体的に使う癖が身に付けば、テニスは変わります。

見えないモノ、見えなかった穴、が見えてくるようになるから、強くなれるんです。

使わないと、何も始まらない

みなさんの周りを、よく見てみて下さい。

強い相手、上手い選手は、必ず相手を前後に動かしていると思います。

それはもう、サーブやリターンから「少し浅め」を狙っていることもありますし、そこで動かしてミスを誘う。

相手は、気付いていないかもしれないですね。

自分自身が、ミスを引き出されている、立体的なテニスで動かされていることに。

みなさん自身が、相手を動かす側になれるかどうか。

使ってみないと、何も始まらないですから。

使うとなったら、もう徹底的に使う。

それくらいやってみて、初めて感覚が身に付くと思いますよ。

それでも難しい!と思う方は…

まず、自分がしっかりネットに詰めてみる。

そこで打てば、成功イメージも湧きやすいです。

ネットと自分との距離が遠いと、心理的なハードルが高いですからね。

これを何とか、変えていく。

その為には、まずネットに詰める機会を増やしてみて、ボールが来たら前に落とすと決めておく。

この決断から、テニスは立体的になります。

見えないところが見えるようになるって、楽しいですよ。

私は、自分がより周りと差を付けていく為に、試合で勝てるテニスにする為に、ここにはこだわりを持って練習していくつもりです。

一緒に、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで

    男子ダブルスの、ボレー戦。この打ち合いを制することが出来れば…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら、それをメンタル的に活かす」ことで楽に試合を運べる

    テニスの試合、それは「ゲームを獲る」ことの積み重ね。漠然とプレ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    強い相手を前にして、アナタが出来ること

    ウィンブルドンの準々決勝の試合、ご覧になっていた方も多いかと思います…

  4. テニス 練習

    戦術

    テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る

    試合の中で、「その選手の個性」を掴むと、試合でも強い。でも、な…

  5. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝

    ダブルスの試合で、前衛の上をロブで抜かれる。そうすると、チェン…

  6. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない

    相手を攻撃していくこと、から逃げてはいけない。粘り勝つ、という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打って…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
  4. ボレー

    バンバン打って来る相手に、並行陣でどう対抗する?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
PAGE TOP