テニス メンタル

戦術

人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ

テニスの試合に勝ちたい、勝ち上がれる選手になりたいなら。

これ、は避けて通れません。

私が今まで見てきた選手の中で、本当に強いと感じる選手は、しっかりと自己を確立している。

人と違うから、試合にも勝てる。

当たり前のようで、なかなか難しいものです。

 

人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ

 


 

1.いつでも、昨日と同じ自分が楽

仕事でも勉強でも、テニスの練習でも。

昨日と同じって、何て楽なんでしょうか。

どんな感じで過ごせば良いか想定がつくし、脅威も無い。

多少のトラブルはあっても、環境が変わらないからストレスも少ない。

間違いなく、私たちは自然とこれを求めがち、でしょう。

環境を変える、自分を変えるなんて、言葉では簡単。

でも、なかなか出来ないこと、じゃないですか。

だって、新しい毎日って、言葉以上に大変ですからね。

 

2.他人と同じも、これまた楽な道

日本では、周りと同じこと、が評価される風潮が強い。

それは、テニスも一緒です。

人と異なること、考えを持っていては、批判されることも多いでしょう。

批判されないまでも、理解されない。

いつの間にか、前の人と同じようなプレー、スタンスじゃないと、テニスは出来ないんだと考えてしまう。

他人と同じこと、が価値が高いとつい逃げてしまう。

そう、それって逃げでしかないんですよ。

 

3.人と異なること、を恐れてはいけない

テニスの試合では、違い生んで勝たないといけない。

それは戦術やショットの質、粘り強いメンタル、何なのかは分かりません。

でも、どこかに差があるから、試合は勝敗が決する。

周りと同じ、過去と同じ自分なら、同じような結果しか出ないのは明らかです。

人と違う、異なることを、恐れてはいけない。

これは、私自身がテニスから教わったことです。

思い切った舵を切れば、周りは稀有な目をアナタ自身に向けるかも知れません。

いきなりネットプレーを増やしたり、空気を読まないプレーを入れたら、人間関係がおかしくなる?

そんな関係なら、一度壊した方が良いと思いますよ。

 

4.多様性こそ、テニスの試合における最大の武器になる

自分も多様であり、多様な相手にも対応出来る。

これが、テニスの試合で勝てる人の力です。

常に新しいことに貪欲で、観察を怠らない。

新しい人とも、積極的にテニスを練習する。

見分を広める、ということは、待っていてもなかなか難しいですから。

多様性を身に付けるには、人と異なる自分をまず受け入れること。

そして、そういった人たちと、多くテニスでの時間を共有すること。

同じような仲間と、ずっと一緒に群れていても試合に強くはなれない。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

色々な人と、テニスをしていくこと。

これは、試合の結果に直結していくでしょう。

出来る限り、昨日と違う自分、に出会いたい。

人と違う自分を、見つけたい。

そう考えている人は、間違いなくテニスも強くなります。

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

    テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。オムニコートと…

  2. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

    最近改めて、感じることがあります。きっと、昔よりも、学生やベテ…

  3. 戦術

    上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

    試合の中で、何かが成功する、上手くいく。これは、順調そうに見え…

  4. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう

    テニスの試合は、出だしが一番しんどい。ペースを掴めば、ある程度…

  5. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?

    テニスはボールを相手コートに打つ、コントロールする競技。その…

  6. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない

    アナタが出場する試合。そこで考えないといけないのは、「いかに強…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?
  2. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    試合の中でボレーをしていて、「今のはどこに打てば良かったんだ・・・?」と感じたら…
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない
  5. テニス ポーチ

    戦術

    試合の中で相手のブロックアウトを狙うのは、バレーボールだけじゃなくテニスも同じ
PAGE TOP