テニス メンタル

テニススクール

「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

テニスは誰かから、習うもの。

もちろん、最初はそれで良いと思います。

でも、試合に出るようになって、自立していけば話は別。

指導というよりも、アドバイスとして自分で受け入れて、確認していく。

そうしていくうちに、自分で自然と、これが出来るようになっていくはずです。

 

「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

 


 

1.誰かに指導されている、という意識は危険

なにせ、自分のテニスではない、とも思えますから。

試合で負けそうになっても、コーチのせいにすれば良い。

冗談のように聞こえるかもしれませんが、大人になっても、こういう考えで試合に出ている方って結構多いですよ。

自分は一生懸命頑張っている、指導が良くないから試合に勝てない、と思ってしまう人。

悲しいですが、テニス以外の何をやっても無理だと思います。

それくらい、「人から指導されてるんだ」という意識って、危険なんですよね。

強くなるうえで、どこかでそのレールから自ら外れていかないと。

大事なのは、自分自身の研究心です。

 

2.自分で研究してこそ、のテニス

このT-PRESSも、そのエッセンスの一つです。

みなさんの研究する、その手助けのようなもの。

それは私自身の、研究発表の場でもあります。

だから、何も押し付けないし、指導しているつもりもありません。

だって、テニスは自分で研究してこそ面白い訳ですから。

そして、自分で出した答えなら、強く信じることが出来る。

誰かから教わったことって、結局すぐに忘れてしまいがちですしね。

 

3.全てのことに、疑問と好奇心を持とう

テニスについて、色々なことに疑問を持ってみる。

コートの広さ、ルール、ボール、大会の形式・・・それは、全て人が決めたことですから。

そこには理由があるし、絶対の答えなんてない。

アナタ自身で、「なんでこれは、こう決まってるんだろう?」と考えてみるところから、研究はスタートです。

もっと良い打ち方、戦い方があるんじゃないのか、と考えてみる。

セオリーと呼ばれてるものこそ、疑ってみることで、良いレールの外れ方になると思いますよ。

私自身、かつてはレールの上を歩いて来ました。

その方が楽だったこともあれば、しんどかったこともあります。

でも、今は自分で勉強しながら、自分で更にテニスを研究したいと思って頑張っているつもりです。

何せ、それが最高に楽しいですからね。

 

4.レールを外れたところからが、勝負師としてのスタートです

テニス選手って、やっぱり勝負師で有りたい。

勝った負けた、の世界で生き残っていくなら、舵は自分で握っていたいじゃないですか。

誰かの指導の上のレール、を歩いていると、その舵を持つ手が鈍って来るのは明らか。

レールを外れたところ、アナタ自身のテニスの独自性が見えたところから、が第二のスタート。

この第二のスタート、を良い形で切れた人が、試合でも結果を出していくんだと思いますよ。

 

日本人って、やっぱり自分の意見を持たないですよね。

周りの人と同じ、ことが一番評価される。

でも、それってテニスの試合だと勝てない選手の典型例。

やっぱり、どこかで周りとの違いを作っていかないと。

レールからはみ出して、自立してたくましく試合に出続ける選手を、私はこれからも応援し続けます。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」

    キツイタイトルで、すみません。でも、私自身そうだったから。…

  2. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

  3. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる

    毎日暑い、本当に一年で一番暑い時期・・・。本当にコートに立って…

  4. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう

    ふと、先日テニススクールでの一コマが気になりました。ある程度テ…

  5. テニス ガット
  6. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

    部活やサークルでは少ない機会かも知れませんが、担当コーチが変わる、とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは…
  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    錦織選手のように「厚いグリップからコンパクトに振り抜くフォアハンド」を身に付けて…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
  5. テニス スライス

    ストローク

    「スライス練習での注意点」試合で実際に使えるようにする為には?
PAGE TOP