テニス メンタル

テニススクール

「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

テニスは誰かから、習うもの。

もちろん、最初はそれで良いと思います。

でも、試合に出るようになって、自立していけば話は別。

指導というよりも、アドバイスとして自分で受け入れて、確認していく。

そうしていくうちに、自分で自然と、これが出来るようになっていくはずです。

 

「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

 


 

1.誰かに指導されている、という意識は危険

なにせ、自分のテニスではない、とも思えますから。

試合で負けそうになっても、コーチのせいにすれば良い。

冗談のように聞こえるかもしれませんが、大人になっても、こういう考えで試合に出ている方って結構多いですよ。

自分は一生懸命頑張っている、指導が良くないから試合に勝てない、と思ってしまう人。

悲しいですが、テニス以外の何をやっても無理だと思います。

それくらい、「人から指導されてるんだ」という意識って、危険なんですよね。

強くなるうえで、どこかでそのレールから自ら外れていかないと。

大事なのは、自分自身の研究心です。

 

2.自分で研究してこそ、のテニス

このT-PRESSも、そのエッセンスの一つです。

みなさんの研究する、その手助けのようなもの。

それは私自身の、研究発表の場でもあります。

だから、何も押し付けないし、指導しているつもりもありません。

だって、テニスは自分で研究してこそ面白い訳ですから。

そして、自分で出した答えなら、強く信じることが出来る。

誰かから教わったことって、結局すぐに忘れてしまいがちですしね。

 

3.全てのことに、疑問と好奇心を持とう

テニスについて、色々なことに疑問を持ってみる。

コートの広さ、ルール、ボール、大会の形式・・・それは、全て人が決めたことですから。

そこには理由があるし、絶対の答えなんてない。

アナタ自身で、「なんでこれは、こう決まってるんだろう?」と考えてみるところから、研究はスタートです。

もっと良い打ち方、戦い方があるんじゃないのか、と考えてみる。

セオリーと呼ばれてるものこそ、疑ってみることで、良いレールの外れ方になると思いますよ。

私自身、かつてはレールの上を歩いて来ました。

その方が楽だったこともあれば、しんどかったこともあります。

でも、今は自分で勉強しながら、自分で更にテニスを研究したいと思って頑張っているつもりです。

何せ、それが最高に楽しいですからね。

 

4.レールを外れたところからが、勝負師としてのスタートです

テニス選手って、やっぱり勝負師で有りたい。

勝った負けた、の世界で生き残っていくなら、舵は自分で握っていたいじゃないですか。

誰かの指導の上のレール、を歩いていると、その舵を持つ手が鈍って来るのは明らか。

レールを外れたところ、アナタ自身のテニスの独自性が見えたところから、が第二のスタート。

この第二のスタート、を良い形で切れた人が、試合でも結果を出していくんだと思いますよ。

 

日本人って、やっぱり自分の意見を持たないですよね。

周りの人と同じ、ことが一番評価される。

でも、それってテニスの試合だと勝てない選手の典型例。

やっぱり、どこかで周りとの違いを作っていかないと。

レールからはみ出して、自立してたくましく試合に出続ける選手を、私はこれからも応援し続けます。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて

    みなさんも、テニススクールでこんなアドバイスを受けたこと、ありません…

  2. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠

    18歳で上京してテニススクールコーチの会社に就職。そこで10年…

  3. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

    テニススクールで、テニスを頑張るみなさん。ちょっとだけ持って欲…

  4. テニススクール

    レッスンデトックス、テニスで必要

    最近、ふと感じたこと。ブログを書き続けている私が言うのもおか…

  5. テニススクール

    今テニスコーチに戻ったら、レッスンはこうやりたい

    もし今、自分がテニススクールに戻ったら。どういうレッスンが出…

  6. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先

    最近、すごくまた考えるんですが・・・。テニススクールって、テニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?
  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせている…
  3. テニス ステップ

    サーブ

    テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?
PAGE TOP