テニス メンタル

メンタル

テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない

最近、改めて感じることがあります。

アンケートやお問合せ、twitterのアカウントからご質問を頂くケースや、試合の結果を報告して頂くことも多いのですが、「悔しさ」に大きな差があるということ。

こればっかりは、私も上手く教えることが出来ない。

それ自体が悔しいとも思うのですが、これが現実。

みなさんは、どうでしょうか?

 

テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない

 

1.最近「悔しい想い」しましたか?

テニスじゃなくても、仕事でも勉強でも何でも良い。

本気で悔しい、という想いを経験出来ているかどうか・・・胸に手を当てて考えてみて下さい。

悔しい、恥ずかしいという想いは、誰かに教わることは出来ない。

自分で感じること、覚えることが無いと、気付かない。

テニスの試合で負ければ、誰だって悔しい・・・?

本当ですか?

意外と、すんなり「予想通り」という感じで、受け入れていく人がほとんどだと思いますよ。

 

2.悪い意味での「試合慣れ」に、私たちは陥っている

試合慣れ、だって一つの負け癖かも知れない。

それくらいの危機感、を持ってテニスに臨まないと、私たちの感覚はマヒしてしまう。

悔しさを感じることが出来ない、覚えることが出来ない選手は、まずもって強くなれない。

これは、私が観て来た中で共通して言えることです。

その悔しさって、もう周りが観ていても感じられる、声をかけることも出来ないくらい。

決して、騒いだり泣きわめいたりはしない。

でも、ぐっと自分の中で噛み締めて、その悔しさを受け止める。

テニス選手として、それって大事な才能だと思うんですよね。

 

3.挑戦している選手しか、本当の「悔しさ」は味わえない

自分自身でしっかり挑戦している。

そして積み重ねてきた自負があるから、悔しいと感じる。

練習も試合も何となく、ルーティーン化している選手は、なかなか悔しさを味わえないし感じない。

でも・・・よく考えたら、それが当たり前なんですよ。

毎回試合に負けて、死ぬほど悔しかったらテニスを辞めたくなる、辛過ぎる。

だけど、どうでしょう。

年に一回くらいは、心の底から悔しい想いを経験しないと。

そのためには、アナタ自身「あんなにやってきたのに・・・」という積み重ねが無いと、ダメですね。

それはアナタにしか、分からないことです。

 

ゴルフの全米オープンの松山選手の涙、私は心を打たれました。

それまではどこか飄々としていて、感情を表に出さないような選手だと思っていましたが、やはり本気で獲りにいった大会だったんだなと。

「勝てる選手になりたい」と絞り出した言葉は、彼の本心でしょう。

私も、このT-PRESSの場を、勝てる選手が巣立っていけるような場にしたい。

書いていて思ったのですが、本気で悔しい想い、足りていないのは私かも知れませんね。

頑張ります!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある?

    自分の攻撃、作戦が相手に効かない。そんなとき・・・アナタはどう…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!

    試合の中で、「やばい、甘くなった・・・」と思うこと、ありますよね。…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない

    すごく、難しい話です。普通の人は、まずできない。でも、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない

    テニスを試合をしていて、本当にしぶとい相手。みなさんの周りでも…

  5. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

    テニスの試合に慣れていない、と感じる人。皆さんは、どんな方とい…

  6. メンタル

    自分にプレッシャー、相手はそれ以上

    試合の中で、プレッシャーを感じる。それは、ある意味当然のことな…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    前衛がただの前後運動、になってない?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し…
  4. メンタル

    相手に自信を与えると、いつでもまくられるのがテニス
  5. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い
PAGE TOP