テニス メンタル

メンタル

私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めよう

最近また「ゾーン」という言葉を、よく聞くようになりました。

テレビの試合観戦では、解説者の方や実況の方も、意識して使っているのでしょう。

でも、私はどうも違和感を覚える。

トッププロ選手なら、分かります。

競技者としてしっかりトレーニングしている人も、実際そう感じる場面はあるでしょう。

ですが、あまり私たちのレベルでこの言葉、安易に使わない方が良いと思うんです。

 

私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めよう

 


 

1.神頼みの「ゾーン」なんて、試合で役に立たない

皆さんは、実際に自分が「ゾーン」に入って絶好調!みたいな感覚、経験はありますか?

ある、という方もいるでしょうし、無い、という方もいるでしょう。

調子が良いショットが何球か続いて・・・みたいな感じは、「ゾーン」とはちょっと違うはず。

でも試合の中で、「ゾーンに入れなかったから、負けた・・・」みたいになる、神頼み的な人、意外と多くないですか?

調子が上がらない理由を、「ゾーンに入れない、何か」みたいにうやむやにする。

ハッキリ言って、実力不足なだけですよね。

 

2.本当に「ゾーン」があるとすれば、それは精神が肉体を凌駕したとき

私は本当に身体が勝手に動く、それが全て上手い方向にいく瞬間、はあると思います。

それが「ゾーン」と呼ばれるなら、そうなのでしょう。

でもこれを経験出来る人は、普段から厳しいトレーニングを積んで毎日自分を「凌駕」している人。

疲れたと脳が信号を発信しても、肉体が反論出来る、まだまだやれるとプッシュ出来る人。

そんな人が、きっと「ゾーン」に入ることを試合の中で経験出来る。

普段の練習から、きっと同じような感覚になる瞬間、あると思うんですよね。

私自身経験したことが無いのですが、きっと厳しいトレーニングの賜物、が「ゾーンに入る」という結果を生むんだと思います。

 

3.もっと現実的なテニスの話をしよう

試合に勝ちたいなら、もっと自分のテニスを現実的に考える。

そんな調子が良い日、はほおっておいても勝てる、実力が拮抗した試合にも。

でも、調子が悪い日の試合をどうするのか。

なんとか普通の状態にまで、どうやって数ゲームのうちに修正するのかを、「ゾーン」以前に真剣に考える必要があるでしょう。

誰だって、「調子が悪いときの自分」なんて考えたくない。

避けて避けて、試合に入ろうとする。

でもそれって、結果的に準備不足なだけ。

「ゾーンに入って、相手を圧倒して6-2くらいで勝つか・・・」と、おめでたい頭は卒業しましょう。

 

良いセルフイメージは、大事。

ですが「ゾーン」のような言葉や雰囲気に、頼ってはダメ。

神頼み的なテニスは、年に1回上手くいくかいかないかでしょう。

厳しい話になりましたが、これが現実です。

でも、アナタがもし選手として厳しいトレーニングを積んでいるなら・・・「ゾーン」に入れるかも知れませんね。

きっとそれは、テニスの神様からのご褒美、ですよ。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

    「あぁ、自分もメンタルが強くなりたい」そう考えているみなさんに…

  2. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう

    関東は、雪です。これほど降るのは久々かな、という感じですね。…

  3. メンタル

    良い時ではなく、悪い時にどうプレーするのか?

    試合で結果が出せる人、出せない人。私は、この力の差が大きいよ…

  4. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について

    全豪オープンもここからが佳境!今日、今まさに錦織選手の試合も始…

  5. メンタル

    嫉妬心や羞恥心の隙間に、人の弱さが生まれる

    いつの間にか、勝てなくなってしまった。テニスは頑張っている、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理由について

    ゲームポイント、セットポイント、マッチポイント。ポイントと名前…

特集記事

  1. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし
  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」こ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  4. テニス マナー

    その他

    「ボール、いきまーす」で、対戦相手にボールを渡すときのマナー、しっかりできていま…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識
PAGE TOP