テニス メンタル

メンタル

もう一度、みなさんの強みは何か?

最近、色々と新しい取り組みを開始させて頂きました。

いくつか、励ましや激励の声も頂きまして、本当に嬉しい限りです。

もっともっと、試合に出て勝ちたいみなさんの力になれるように、私自身チャレンジを続けていきたいと考えております。

そこで、です。

改めて、みなさんの武器、強みを一緒に確認しておきましょう。

読者の方にも様々な方がいらっしゃると思いますが、共通する部分がある、と私は考えています。

 
 

みなさんの強みは、明確です

思考力と判断力、でしょう

試合の現場で、しっかり考えて判断する力。

私は、これこそみなさんの強みだと思っています。

このT-PRESSでのサイトで、書いて来たこと。

それをしっかりご自身で考えて、実践出来ていれば、その辺の選手よりは強いはず。

ぜひ、改めて自覚して欲しいポイントなんです。

自覚してこそ、次のステップへ

みなさん、この辺り自覚出来ているでしょうか?

「そう言われても、あまり自信無いな…」と、思う方も多いでしょう。

でも、私は確信を持っています。

熱心な読者の方ほど、しっかり考えて良い判断が出来ている。

そう、もうみなさんは充分にそこを強みとして良い段階、にまで来ている。

でも、自信が無さそうにしていると、それは消えて無くなるでしょう。

多少勘違いでも良いじゃないですか、自信を持っていきましょう。

なぜ、強みになるのか?

それは、簡単には身に付かないことだから、です。

テニススクール、サークル、仲間内のテニスだけでは、なかなか養えない。

耳が痛いような言葉、結局は「自分次第です」で終わる指導、なかなか触れる機会無いじゃないですか。

ましてや、大人になってシニアになれば、よりこういう機会は無くなる。

私は、このT-PRESSで書いて来た「自分で考えて、自分で動く」ことが出来ている人は強い。

思考力と判断力を、試合の現場で発揮出来る人だと信じています。



自覚したら、自分なりに変えていこう

判断力は、実行力で磨かれる

テニスは、経験が大事と言われますよね。

それには、前置きがあります。

経験は経験でも、「自分で判断して、決断した経験」が大事なんです。

誰かの指示で動いた経験、なんて意味ないですよ。

そもそも、そういう試合はほとんど覚えていないでしょう。

自分のこと、じゃないような意識でしょうから。

強みは自分で育てていくしかない

私は、あくまできっかけにすぎません。

「テニスには、こういう視点があるよ」

「テニスの試合に勝つには、この辺がヒントになるよ」

という部分しか、お伝え出来ていません。

もちろん、その精度や具体性は、これからも私自身努力して、より良いものをみなさんにお届け出来るように、頑張ります。

でも、本当の強みは、みなさんご自身で育てていくしかない。

そうやって育てた武器、強みこそ、試合で最高に頼りになる存在になってくれるはずですから。

そろそろ、自分を出して良いころじゃないですか?

みなさん、もっと自分を解放しましょう。

試合で、練習で、もっと意志を持ってやりたいことを明確にする。

判断して決めたことは、試合でしっかりと貫いていく。

もう、既にこれで結果を出している人、も多くいらっしゃると思います。

でも、どこかまだ遠慮している方もいるんじゃないでしょうか?

飛び立つなら今、ですよ。

   

考えているだけ、ではダメ

知っていると、出来ている、の違いは…

天と地、ほど違います。

本当に、これはテニス界のあるある、なんですよね。

何かを「知っている」という人は、山ほどいます。

でも、「出来ている」という人は少ない。

これが、その人の実力差そのもの、だと私は思いますよ。

やれば出来る、但し本気で

「やれば出来る」という言葉は、私は好きではありません。

なぜなら、大前提が抜けているから。

「本気で、やれば出来るんです」

そこには、本気で判断、決断していく力がまず大事ですよね。

試合の中では、大きなことから小さなことまで、たくさんの決断が迫られます。

そこで、正しいと思う判断を、根拠を持って下していく。

みなさんの強みは、ここにあるんです。

何かを始め、継続していこう

小さいこと、何でも良いです。

平日の夜、朝、10分でも良いので継続していきましょう。

このブログを読んで頂いている方なら、それが出来るはず。

考えているだけ、ではダメ。

本気でやって、出来るようになる為には、小さい一歩を継続していくしかない。

それも、私はみなさんが得意なこと、だと思いますよ。



試合の現場での、判断力、決断力。

これが優れていれば、全て練習にも活かせます。

周りから見ると、もしかしたら稀有に映る場面もあるでしょう、アナタという人間が。

それで良いんです。

強みを作るとは、周りと違う自分になるということ。

春の大会のシーズンに向けて、しっかりしたたかに準備していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    試合で使えるメンタルの強さを身に付けるなら、眼光鋭く相手を睨む癖を付けよう

    「メンタルが弱くて、試合で負けている」この意識がある人は、もっ…

  2. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  3. メンタル

    良い時ではなく、悪い時にどうプレーするのか?

    試合で結果が出せる人、出せない人。私は、この力の差が大きいよ…

  4. メンタル

    いざという時、「自分はこれでいく!」があるかどうか

    試合の中で、色々準備してきたけど、もう出し尽くしたなという時。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

  6. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

    杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。最近ブレイク中の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「前側の肩が前にある状態でインパクト」出来…
  2. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素
  3. ボレー

    ネットに近いほど、ドロップボレーは山なりで!
  4. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?
  5. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある
PAGE TOP