テニス 調子

テニススクール

コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

部活やサークルでは少ない機会かも知れませんが、担当コーチが変わる、というのはテニススクールではよくある話。

コーチが辞めたり、担当クラスが変更になったり・・・は、結構頻繁だと思います。

「このコーチが良い!」という感覚は、正直あると思います。

逆に嫌、というのもあるでしょう。

ですが、アナタを担当するコーチはあくまでコーチ。

テニスを変えていけるのは、アナタ一人しかいないんです。

 

コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

 

1.上達が遅いのは、誰のせい?

実際に、日本のテニススクールってコーチの力量に差はあると思いますよ。

原因は、簡単。

テニスコーチって、ある種「誰でもなることが出来る職業」ですからね。

国家資格でも無いし、明確な更新試験がある訳でも無い。

だから結構、指導レベルに差はあるのが現実だと思います。

「あのコーチは教えるのが下手」という理由なんて、いくらでも見つかるはず。

でも、それを考えて何か良いこと・・・ありますかね。

もっと自分次第、でテニスを変えていかないと。

自分が変わらない限り、テニスの上達は難しいと思います。

 

2.コーチはきっかけにしか、成り得ない

このサイトも、そうです。

たくさんのヒントを提案することは出来ますが、あとはアナタ次第。

この部分、特に試合に勝てる選手になりたいと考えるのであれば、そろそろしっかり考える時期に来ていると思いますよ。

テニスを続けていれば、様々な「きっかけ」に出会うことは出来る。

それを活かすも殺すも、アナタ次第です。

最後は自分で決めて、鍛えて、強いテニス選手になっていくしかない。

その覚悟を持って、コートに立つだけでだいぶ違うと思います。

 

3.万能な指導者、なんていない

どこかで、探しているのかもしれません。

「自分を最高に、才能を開花してくれるコーチ」の存在を。

テニスだけじゃなく、スポーツ界には名指導者と呼ばれる方も多いですからね。

でも、私はこう思います。

その人自身が、万能な指導者なんていない。

選手自体の努力と工夫、発想を、手助けできる人、それが最高の指導者でありコーチなんじゃないかなと。

上達が遅いのを誰かのせいにするのは簡単。

でも、それって結局は、自分を不幸にするような結果しか生まないと思います。

 

4.自分の工夫をしっかり形にしよう

「でも、どうすれば良いのか・・・?」と、悩む方も多いと思います。

だからこそ、しっかり自分の行動を形にする、ということが大事。

テニスノート、は一番取り組みやすい「形にする」という作業です。

私なら、このブログ。

何でも良いと思います。

自分のテニスに頑張るという姿勢、を目に見える形にして積み重ねていくこと。

それこそが、自分で自分のテニスに自信を持つ、という第一歩になるはず。

部活でもサークルでも、テニススクールでもそう。

良い出会い、良いきっかけで飛躍していく為にも、常に自分で自分のテニスを確認出来る場所を持っておきましょう。

 

自分次第のテニス、と考えると、試合に強くなりますよ。

どんな結果が出ても受け止められるし、自分自身のテニスと向き合える。

テニスの成長こそ、自分自身の成長と感じられるようになるはずです。

コーチ次第、じゃなくて自分次第。

まぁ、考えてみれば当たり前の話ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人

    テニススクールのクラスの練習、参加していると大抵流れは決まっている。…

  2. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

  3. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

    テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。…

  4. テニス センス

    テニススクール

    省かれた言葉を、見つけ出せ

    何となく、アドバイスの理解が遅い…。もし、ご自身でそう感じて…

  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

    テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多い…

  6. テニス 気付き

    テニススクール

    読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

    少し早いですが、2019年も読者のみなさん、たくさん記事を読んで頂き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  4. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
PAGE TOP