テニス ストローク

テニススクール

試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖を意識しよう

試合をやる度に成長していく選手。

コーチからすると、これほど嬉しいことは無いでしょう。

そんな成長度が速い選手は、周りへの「報告の仕方」がとても上手い。

年齢は、関係ありません。

小学校低学年の選手でも、良い報告が出来ている選手はいるし、キチンと指導すれば誰でも身に付く技術。

そう、報告の内容の中に、「なぜなら・・・」という一文を、自分の中で意識してみましょう。

 

試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖を意識しよう

 

1.全てのボールに、根拠はあったのか?

自分が打っていたボール、選択に、どんな根拠があったのか。

私がコーチなら、結果よりもまずそこをしっかりと聞きたい。

自分が考えて、選択したならコーチにも周りにも説明が出来るはず。

そこに、正解なんてないんです。

失点したから、負けたから間違っていた、なんてことを言いだしたらきりが無い。

みんな、根拠のある選択、が出来た時点でそれは正解なんです。

コーチに試合結果を報告するとき、また実際にどうやって試合を進めたかを報告するときに、「なぜなら」という言葉を使うようにするだけで変わります。

 

2.自分にコーチがいない人は、誰かに自分の試合を説明してみよう

テニススクールに通っていない、部活やサークルにコーチがいない人は、架空で作ってみましょう。

そして昨日の試合、自分ならどう説明するかな・・・と考えてみる。

その架空のコーチは、全部試合を観ていたと思って下さい。

「ブレイクされたあのゲームは、こう考えてプレーしました。なぜなら・・・」という感じで、テニスノートに書いてみましょう。

ここで、どういう言葉で説明出来るのか。

アナタ自身がいかに準備して、現場で判断したかが分かるはず。

小さいことですが、こういう習慣がアナタの試合を強くしていくんだと思いますよ。

 

3.9割の人は、終わった試合のことなんて考えない

なぜ、これがオススメかと言えば、ほとんどの人がやらないことだから。

終わった試合について報告、なんてほとんどの人がしないでしょう。

勝ったとき、優勝したときくらいはその感想を伝えたりすること、はあると思いますけどね・・・ましてや、負けた試合なんて早く忘れたい。

だからこそ、やることにチャンスがあるんです。

誰かに自分の試合を説明する、説明しようと思って考える、書いてみる。

「このポイントは、〇〇でした。なぜなら・・・」と、根拠を自分で作ってみることって、大事だと思いませんか?

 

ほとんどの人は、面倒だと感じるからやらない。

確かに面倒ですが、同じような敗戦を繰り返す方がよっぽど悔しいし、面倒じゃないですか?

なぜなら、と後で考える癖が付けば、現場での思考力も上がるはず。

根拠の無いプレーを無くそう、と必死になるはず、ですからね。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて

    みなさんも、テニススクールでこんなアドバイスを受けたこと、ありません…

  2. テニス 部活
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる

    何でもそうだと思います。テニスだけじゃなく、仕事でも勉強でも、…

  4. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

    テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っている…

  5. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる

    毎日暑い、本当に一年で一番暑い時期・・・。本当にコートに立って…

  6. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」

    キツイタイトルで、すみません。でも、私自身そうだったから。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
  2. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう
  3. 戦術

    武器を使い、弱点を責めるだけ
  4. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール
  5. テニス 序盤

    日々の雑記

    刺激無くして、進歩無し
PAGE TOP