テニス 観察眼

戦術

弱点は磨くというより、上手く隠せるようになると試合に勝てる

弱点を、頑張って練習する?

それも大事かもしれませんが、そうこうしているうちに、試合の日は迫ってくる。

私だったら、こう考えます。

決して、強がりでは無く・・・です。

 

弱点は磨くというより、上手く隠せるようになると試合に勝てる

 

1.弱点が無い選手なんて、いるの?

ましてや、私たちレベルで・・・どうですか?

プロ選手だって、苦手なショットはあるし研究されて攻撃される。

だったら、発想を変えてみることも大事。

弱点を無くそうと思うんじゃなくて、上手く背負って、自分を知って試合のコートに立つ。

こういう選手の方が、やり辛いと思いませんか?

例えば、私は「フォアハンドストローク」に苦手意識があります。

だからこそ、普通の選手よりバックハンドを空けて待つことが多い。

リターンも、ダブルスではアドバンテージサイドを志願してバックハンドで待つ。

そう、テニスって工夫次第なんですよ。

 

2.弱点を隠すのに、何が出来るだろう?

例えば、ボレーが苦手だとします。

そういうとき・・・どうやって隠しますか?

テニスの試合は、ドロップ系のショットは絶対に前に出て触らないと失点になりますよね。

これを相手に打たれる前に、自分から出てしまう。

試合の最初のポイントで、前に出てみる・・・良いんです、失敗しても。

相手からすると、初球から前に出てくる選手がまさか「ボレーが苦手」なんて思わないでしょう。

積極策を先に見せておく、ことで相手を洗脳出来る。

こういう発想って、大事ですよ。

 

3.テニスの駆け引きは、楽しみながらやらないと!

言い方は悪いですが、騙して隠す。

積極的に隠すから、試合で主導権を握れるんです。

「あ、この人は〇〇が苦手そうだな・・・」と、思われたらその瞬間から辛い。

アナタ自身、相手を見てそういう弱点を見つけたら、すごく楽じゃないですか?

上手く隠して、自分は徹底的に探してみる。

そう、隠し慣れてくると・・・、隠している相手、だって暴けるようになるかも知れませんね。

 

弱点は、アナタが思っているより致命的な問題でも無い。

でも、弱点のショットを打たないで試合を終えよう・・・と思っても、それは逃げの姿勢だし無理な話。

上手く自分を演じて、相手心理を考えて、結果的に打つ回数を少なくする。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

  2. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を

    私が試合の中で、サイドごとに意識していること。もう、無意識に近…

  3. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

  4. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

    テニスの試合に勝つ。この目指すことに向けて、アナタ自身どうやっ…

  5. 戦術

    強い相手と戦うなら、絶対初戦が良い

    大会の初戦から、相手が強い。もうこれだけで、みなさん気持ちが…

  6. テニス 読書

    戦術

    テニスの常識を疑えば、試合に強くなる

    私たちが今まで、当たり前だと思ってきたこと。テニスについて学ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
  3. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう
  4. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について
  5. ダブルス

    ポーチに出ないと発生する、ダブルスでのデメリット5つ
PAGE TOP