スマッシュ

グランドスマッシュを打つ前、バウンド前に相手コートをチラッと見よう

打つ前に、自分にすごく余裕がある時。

こういう時の方が、なんだか嫌じゃないですか?

例えば、ネット近くでのグランドスマッシュのような場面。

もう、決めて当たり前、みたいな空気。

そういう時には、あえて視界をばらしてみる、方が良いですよ。 

ずーっと同じ方向を見たら、人は緊張する

グランドスマッシュ、高いワンバウンドでのスマッシュ。

これは、緊張します、本当に。

意外と難しいのに、周りから見たら決めて当たり前、な雰囲気になりますもんね。

そんな緊張しがちな人は、見る方向がずっと同じ、じゃないでしょうか?

上を見て、ボールをずっと見て・・・バウンドしてスマッシュ。

これは、緊張感が嫌でも高まってしまう。

あえて、相手コートをチラッと見る。

そんな動作を入れた方が良いです。



バウンド後のイメージ、を早めに作ってしまおう

これも、トレーニングが必要です。

ロブを見て、まず落としてスマッシュ、と判断する。

どのあたりに落ちて、どういう打点で打てるのか、を先にパッとイメージする。

そうすれば、後はボールをずっと見る必要なんて無いはず。

相手コートを見て、どの辺に下がっているのか、待っているのかを確認する。

プロ選手でも、こうやってチラッと相手を見てから打つショット、意外と多いですよね。

慣れも必要ですが、チャレンジする価値はあると思いますよ。

ダブルスの試合でも↓のような場面では、積極的に使っていきましょう!

YouTubeチャンネルの登録はコチラから



相手の予測を外すこと、が一番大事

グランドスマッシュでも、強い相手なら諦めない。

きっとアナタ自身が打つコースを予測して、先に動いたり、フェイントを入れてくると思うんですよね。

そういうのって、見ないと安心できない。

自分で見て、しっかり予測を外す、いないところに打つ。

こういう相手の予測、ポジションを外す、ことに慣れていかないとテニスでは上達は無い。

チラッと見る、これはグランドスマッシュのようなショットの前には大事な動作です。

   

自然と自分にも余裕が生まれてくる

「でもそれは、上手い人がやることでしょ・・・」と、思った方、違います。

実力が無いからこそ、こうやって余裕を作るんです。

そこに、スキルが伴って来る。

あえて、相手コートを見るという動作を入れて、余裕を作ってみて下さい。

意外と、気持ち的に楽に打てる、グランドスマッシュの精度も上がるはずです。



チラッと、1秒見るだけでも良い。

相手にとっても、そうやって見られることって、すごく嫌なんですよ。

リラックス出来るし、精度も高まる。

ずーっと上を見ている態勢って、首も辛い。

楽な対戦で待って、自然に打つ、相手のいない場所を狙う。

こういうイメージこそ、私たちのこれからのテニスには大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃

    特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持ち込めてミスが減る

    スピードは無くても、なぜかスマッシュが決まりやすい選手、ペアっています…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

    ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく
  2. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、初めてからの時間の長さは関係無い!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?
  5. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスでサーブ&ボレーが得意なら、「たまにステイして雁行陣にする」と、…
PAGE TOP