スマッシュ

グランドスマッシュを打つ前、バウンド前に相手コートをチラッと見よう

打つ前に、自分にすごく余裕がある時。

こういう時の方が、なんだか嫌じゃないですか?

例えば、ネット近くでのグランドスマッシュのような場面。

もう、決めて当たり前、みたいな空気。

そういう時には、あえて視界をばらしてみる、方が良いですよ。 

ずーっと同じ方向を見たら、人は緊張する

グランドスマッシュ、高いワンバウンドでのスマッシュ。

これは、緊張します、本当に。

意外と難しいのに、周りから見たら決めて当たり前、な雰囲気になりますもんね。

そんな緊張しがちな人は、見る方向がずっと同じ、じゃないでしょうか?

上を見て、ボールをずっと見て・・・バウンドしてスマッシュ。

これは、緊張感が嫌でも高まってしまう。

あえて、相手コートをチラッと見る。

そんな動作を入れた方が良いです。



バウンド後のイメージ、を早めに作ってしまおう

これも、トレーニングが必要です。

ロブを見て、まず落としてスマッシュ、と判断する。

どのあたりに落ちて、どういう打点で打てるのか、を先にパッとイメージする。

そうすれば、後はボールをずっと見る必要なんて無いはず。

相手コートを見て、どの辺に下がっているのか、待っているのかを確認する。

プロ選手でも、こうやってチラッと相手を見てから打つショット、意外と多いですよね。

慣れも必要ですが、チャレンジする価値はあると思いますよ。

ダブルスの試合でも↓のような場面では、積極的に使っていきましょう!

YouTubeチャンネルの登録はコチラから



相手の予測を外すこと、が一番大事

グランドスマッシュでも、強い相手なら諦めない。

きっとアナタ自身が打つコースを予測して、先に動いたり、フェイントを入れてくると思うんですよね。

そういうのって、見ないと安心できない。

自分で見て、しっかり予測を外す、いないところに打つ。

こういう相手の予測、ポジションを外す、ことに慣れていかないとテニスでは上達は無い。

チラッと見る、これはグランドスマッシュのようなショットの前には大事な動作です。

   

自然と自分にも余裕が生まれてくる

「でもそれは、上手い人がやることでしょ・・・」と、思った方、違います。

実力が無いからこそ、こうやって余裕を作るんです。

そこに、スキルが伴って来る。

あえて、相手コートを見るという動作を入れて、余裕を作ってみて下さい。

意外と、気持ち的に楽に打てる、グランドスマッシュの精度も上がるはずです。



チラッと、1秒見るだけでも良い。

相手にとっても、そうやって見られることって、すごく嫌なんですよ。

リラックス出来るし、精度も高まる。

ずーっと上を見ている態勢って、首も辛い。

楽な対戦で待って、自然に打つ、相手のいない場所を狙う。

こういうイメージこそ、私たちのこれからのテニスには大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

  2. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

  3. テニス ラケット

    スマッシュ

    スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

    スマッシュのチャンスで、当たり損ない、試合で多いですよね。何気…

  4. テニス ボレー
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

    普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない
  3. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  4. ダブルス

    男女問わず、ペアから信頼される人の特徴5つ
  5. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる
PAGE TOP