テニス サーブ

スマッシュ

グランドスマッシュは、バウンドとテイクバックを合わせれば楽に打てる

グランドスマッシュ、試合で1回打つ機会があるか無いか、でしょう。

でも、ここでしっかり打てるかどうか、が大事になって来る。

私は、この小さい技術が、実は試合ではすごく大きな影響力を持つような気がしています。

結論、打ちましょう、ということです。

グランドスマッシュを。

 

グランドスマッシュは、バウンドとテイクバックを合わせれば楽に打てる

 

1.テイクバックのタイミングを合わせれば楽に打てる

きっと、グランドスマッシュってタイミングを取るのが難しいんです。

どこでラケット準備?いつ足を決める?など。

なかなか打つ回数も少ないですしね。

でも、よく考えればサーブよりも広い範囲に打てるし、しっかり打てば入る可能性が高い。

テイクバック、はバウンドした瞬間にラケットセット、のイメージでいきましょう。

ですので、バウンドする頃にはしっかりとボールの後ろに回って、充分な態勢を作る必要がありますね。

この先回りが出来れば、後はすごく楽だと思います。

 

2.サーブよりも打点を前で良い

私は、サーブよりももっと打点を前、に設定しています。

ですので、打点の高さは少し低くても良い。

バウンドとテイクバックを合わせて、後は前足を少しだけ踏み込んで打つ、だけですね。

最後に前足でタイミングを取る、と思えば上手く打てると思います。

何より、まずは打つことが大事。

高いバウンドを、そのままじっくり待って打点を落として打っている選手、いますよね。

私が相手なら、すごくラッキーに思います。

こんな弱気な相手なら、前に出てどんどん攻撃に出れる、と。

 

3.打つことで正解!大成功!

このスタンス、で良いと思いますよ。

グランドスマッシュは、打つことで不安も払しょく出来るし、成功イメージも作れる。

良いんです、失敗しても。

ただし、置きにいくようなショット、にだけはならないようにして欲しい。

振り切ってオーバーアウト、で良いと思います。

男性の方であればしっかりサーブのように回転をかける、くらい振り切りましょう。

相手が凌いできている場面、なはずですから。

しっかり打つこと、それだけで正解!のスタンスでいきましょう。

 

4.ダブルスの試合なら、相手の前衛は気にしないこと

ダブルスの試合なら、少し前衛が気になりますよね。

これはもう、ぶつけるつもりで良い。

とにかく、自分が打ちやすいコースに振り切ること、から入っていきましょう。

その先に相手の前衛がいたら、仕方ない。

距離がありますから、当てても気にしない、でOKだと思います。

相手も、すごくプレッシャーになりますからね。

とにかく、数を打つことが大事。

グランドスマッシュが、特別なショットになっている内はまだまだテニス選手として未熟。

それくらい、強い覚悟を持って挑みましょう。

 

何気ないショットのようですが、すごくその人の性格が出る。

グランドスマッシュ、を打って来るような選手はやっぱり強い。

リスクを恐れないし、自分から積極的に仕掛けていけるはず。

逆に落としてストローク・・・って、どうでしょう。

勝てそうな雰囲気、無いと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

    「スマッシュは、得意ですか?」こう聞かれて、アナタはどう答える…

  3. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高いロブ…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げられます

    スマッシュはチャンスボール。そう思えているアナタは、きっと上級…

  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

    スマッシュが苦手な人は、どうしても打とうとして任せる・・・ハイボレーで…

  6. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

    角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。でもそれって、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
  3. テニス メモ

    戦術

    記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  5. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
PAGE TOP