テニス メンタル

スマッシュ

「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよね。

今回のグランドスマッシュも、その一つ。

確かに打点を落としてストロークでも打てますが、それでは初中級、3回戦止まり。

しっかりポイントを意識して練習し、脱却しましょう!

 

「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

 


 

■アナタ自身、試合でこんな経験無いですか?

延々と続く、高い山なりのストローク。

お互いにミスしたくないから、粘って粘って・・・団体戦とかで、経験無いですか?

手堅いテニスはもちろん大事ですが、ベースライン近くで高い打点で打てるようなボールは、ぜひ上から打って攻撃したい。

サーブと同じく、しっかり回転量を与えたい

そんな中で、グランドスマッシュの技術はとても大事になってきます。

 

■落として下からストローク、は格上では相手を楽にさせるだけ

つないで勝てる相手なら問題無いですが、強い相手に対してはしっかり攻撃できる場面では攻撃したい。

特に女性の方はどうしてもグランドスマッシュに苦手意識が強く、「ミスしたら怖い、恥ずかしい」という気持ちになりがち。

しっかりポイントを押さえれば、誰でも確実に打てるようになります。

メンタルではなく、技術面で解決策を見出しましょう。

 

■広いコートにサーブを打てる、と思ってしっかりラケットを振り切ろう!

まずはラケットを振ること、打点を高く取ることです。

サーブよりも入ってOKな範囲が広い分、メンタル的には楽なはず。

後はサーブと同様にしっかりスライスをかけましょう。

男性であればスピンも有効です。

高い打点で回転をかければ、必ずボールはコートに収まってくれます。

 

部活やサークルでは、このグランドスマッシュの練習はほとんどしないと思います。

インドアのテニススクールでは天井があるから、難しい。

けれども・・・試合をイメージしてみて下さい。

大事な場面で、相手が粘って高いボールを返球してくる。

そんなポイントを、しっかり攻撃して獲りたくはありませんか?

球出しから、週に1度でも良いので取り入れてみて下さい。

きっと、練習をしてきたという事実が、試合の中で助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆な練習とは?

    スマッシュに自信が無いと、ポイントを締めるイメージができません。…

  2. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

    ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。…

  3. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!

    スマッシュを「ハイ!」と言って、声を出して打つ。これって、ダブ…

  4. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

  5. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    結局テニスの試合で、どんなショットを打てば良いのか分からない人へ
  2. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    ロブが上がったら必ず、相手位置を確認する余裕を持とう
  5. テニス メロブ

    ストローク

    テニスのラリーでは、「自分のボールは良い場所にコントロール出来る前提」で考える癖…
PAGE TOP