テニス メンタル

スマッシュ

「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよね。

今回のグランドスマッシュも、その一つ。

確かに打点を落としてストロークでも打てますが、それでは初中級、3回戦止まり。

しっかりポイントを意識して練習し、脱却しましょう!

 

「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

 


 

■アナタ自身、試合でこんな経験無いですか?

延々と続く、高い山なりのストローク。

お互いにミスしたくないから、粘って粘って・・・団体戦とかで、経験無いですか?

手堅いテニスはもちろん大事ですが、ベースライン近くで高い打点で打てるようなボールは、ぜひ上から打って攻撃したい。

サーブと同じく、しっかり回転量を与えたい

そんな中で、グランドスマッシュの技術はとても大事になってきます。

 

■落として下からストローク、は格上では相手を楽にさせるだけ

つないで勝てる相手なら問題無いですが、強い相手に対してはしっかり攻撃できる場面では攻撃したい。

特に女性の方はどうしてもグランドスマッシュに苦手意識が強く、「ミスしたら怖い、恥ずかしい」という気持ちになりがち。

しっかりポイントを押さえれば、誰でも確実に打てるようになります。

メンタルではなく、技術面で解決策を見出しましょう。

 

■広いコートにサーブを打てる、と思ってしっかりラケットを振り切ろう!

まずはラケットを振ること、打点を高く取ることです。

サーブよりも入ってOKな範囲が広い分、メンタル的には楽なはず。

後はサーブと同様にしっかりスライスをかけましょう。

男性であればスピンも有効です。

高い打点で回転をかければ、必ずボールはコートに収まってくれます。

 

部活やサークルでは、このグランドスマッシュの練習はほとんどしないと思います。

インドアのテニススクールでは天井があるから、難しい。

けれども・・・試合をイメージしてみて下さい。

大事な場面で、相手が粘って高いボールを返球してくる。

そんなポイントを、しっかり攻撃して獲りたくはありませんか?

球出しから、週に1度でも良いので取り入れてみて下さい。

きっと、練習をしてきたという事実が、試合の中で助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

  2. テニス ミス

    スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?

    スマッシュの練習をレッスンの中でよくやるんだけど、もちろん眩しい太陽が…

  3. スマッシュ

    太陽が眩しいからサーブを避ける、でも前衛は・・・?

    ダブルスの試合で、「どっちが先に、どちらのサイドでサーブを打つのか?」…

  4. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

    威力のあるスマッシュ、試合で打ちたいですよね。最近思うんですが…

  5. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

    ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。…

  6. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

    テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?こういった…

特集記事

  1. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?
  3. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる
  5. その他

    「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい
PAGE TOP