テニス メンタル

スマッシュ

「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよね。

今回のグランドスマッシュも、その一つ。

確かに打点を落としてストロークでも打てますが、それでは初中級、3回戦止まり。

しっかりポイントを意識して練習し、脱却しましょう!

 

「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

 

■アナタ自身、試合でこんな経験無いですか?

延々と続く、高い山なりのストローク。

お互いにミスしたくないから、粘って粘って・・・団体戦とかで、経験無いですか?

手堅いテニスはもちろん大事ですが、ベースライン近くで高い打点で打てるようなボールは、ぜひ上から打って攻撃したい。

サーブと同じく、しっかり回転量を与えたい

そんな中で、グランドスマッシュの技術はとても大事になってきます。

 

■落として下からストローク、は格上では相手を楽にさせるだけ

つないで勝てる相手なら問題無いですが、強い相手に対してはしっかり攻撃できる場面では攻撃したい。

特に女性の方はどうしてもグランドスマッシュに苦手意識が強く、「ミスしたら怖い、恥ずかしい」という気持ちになりがち。

しっかりポイントを押さえれば、誰でも確実に打てるようになります。

メンタルではなく、技術面で解決策を見出しましょう。

 

■広いコートにサーブを打てる、と思ってしっかりラケットを振り切ろう!

まずはラケットを振ること、打点を高く取ることです。

サーブよりも入ってOKな範囲が広い分、メンタル的には楽なはず。

後はサーブと同様にしっかりスライスをかけましょう。

男性であればスピンも有効です。

高い打点で回転をかければ、必ずボールはコートに収まってくれます。

 

部活やサークルでは、このグランドスマッシュの練習はほとんどしないと思います。

インドアのテニススクールでは天井があるから、難しい。

けれども・・・試合をイメージしてみて下さい。

大事な場面で、相手が粘って高いボールを返球してくる。

そんなポイントを、しっかり攻撃して獲りたくはありませんか?

球出しから、週に1度でも良いので取り入れてみて下さい。

きっと、練習をしてきたという事実が、試合の中で助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  2. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる

    テニスの試合において、スマッシュは色々な場面で求められる技術。…

  4. テニス ボレー
  5. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」…
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント
  4. テニス トレーニング

    メンタル

    どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライド…
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ
PAGE TOP