テニス サーブ

練習メニュー

テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー

「グランドスマッシュ」と聞いて、アナタ自身どんなイメージですか?

そんなに試合で打たないかな・・・と思っている方、意外と試合で落とし穴にはまるかも。

打たないと思っているだけで、実は打てる機会はある。

特に粘る相手に対しては、しっかり振り切ったグランドスマッシュとそれを受け止めて返球する力、大事です。

 

テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー

 


 

■人数:4~12人

■レベル:初中級~中上級

■目的:軸足の使い分けを意識して、ストロークの土台を作る

 

【練習方法】

シンプルなストレート半面、のラリー形式で行います。

片方の選手の側から球出しをして、高いボールで反対にいる選手がグランドスマッシュを打つ。

そのボールを、球出しした側がまた高いボールで返球する。

最初は、ゆっくりしたスピードで行い、青側も高いボールでしっかりワンバウンドでグランドスマッシュが打てるように。

返球する側、も良い練習になるので集中して行うこと。

2球前後で交代しながら行い、方側の選手ははひたすらグランドスマッシュを打ち続けましょう。

 

【応用練習】

慣れてきたら、グランドスマッシュと「ドライブボレー」を混ぜていきましょう。

球出しをした台の側は、しっかりスライスを使って返球出来るようにすることで、良い練習になります。

ドライブボレーを打ったら次からは普通のスマッシュでネットプレーに移行してOK。

台の側は、あくまでロブで対抗。

それも慣れてきたら、グランドスマッシュを深く、半面でもコースを狙って球出しの台の側からエースを狙う。

半面でしっかりコントロール出来れば、全面でシングルスの試合をやったときにも上手く打てると思います。

 

【ポイント】

すっかりグランドスマッシュを打つ為に、早めに肩を入れる。

そして打てるコースを拡げていくこと、が大事です。

スライス回転、スピン回転もサーブと同様にしっかり出来るように。

試合で打つ機会が少ない?

それを少なくしているのは、アナタ自身です。

きっと練習して打てる自信が付けば、自然と打てる機会が多いことに気付くはずです。

 

しっかり打てるようになれば、自信が生まれる。

またグランドスマッシュの練習でもあり、サーブや通常のスマッシュの良い練習にもなります。

そして受け止める側は、ブロックでのスライスも身に付くオススメのメニュー。

半面でシンプルですが、実に奥が深い練習ですので、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し

    テニスの練習を見ていて、良いチームはすぐに分かる。ミスが少ない…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「自分はテニスを練習している」と、人に言えますか?

    学生時代は、毎日のように練習するのは当たり前。でも、社会人や大…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスに必要な、「柔らかいボールタッチ」を身に付けるのに必要な練習とは?

    「あの人、ボールタッチが柔らかいな~」と、テニスをしていて感じることは…

  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

    そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。親…

  6. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!

    集中力が無いやつは勝てない。だから試合中はプレーに集中出来るよ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる
  2. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう
  3. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない
  4. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる
  5. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておく…
PAGE TOP