テニス サーブ

練習メニュー

テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー

「グランドスマッシュ」と聞いて、アナタ自身どんなイメージですか?

そんなに試合で打たないかな・・・と思っている方、意外と試合で落とし穴にはまるかも。

打たないと思っているだけで、実は打てる機会はある。

特に粘る相手に対しては、しっかり振り切ったグランドスマッシュとそれを受け止めて返球する力、大事です。

 

テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー

 

■人数:4~12人

■レベル:初中級~中上級

■目的:軸足の使い分けを意識して、ストロークの土台を作る

 

【練習方法】

シンプルなストレート半面、のラリー形式で行います。

片方の選手の側から球出しをして、高いボールで反対にいる選手がグランドスマッシュを打つ。

そのボールを、球出しした側がまた高いボールで返球する。

最初は、ゆっくりしたスピードで行い、青側も高いボールでしっかりワンバウンドでグランドスマッシュが打てるように。

返球する側、も良い練習になるので集中して行うこと。

2球前後で交代しながら行い、方側の選手ははひたすらグランドスマッシュを打ち続けましょう。

 

【応用練習】

慣れてきたら、グランドスマッシュと「ドライブボレー」を混ぜていきましょう。

球出しをした台の側は、しっかりスライスを使って返球出来るようにすることで、良い練習になります。

ドライブボレーを打ったら次からは普通のスマッシュでネットプレーに移行してOK。

台の側は、あくまでロブで対抗。

それも慣れてきたら、グランドスマッシュを深く、半面でもコースを狙って球出しの台の側からエースを狙う。

半面でしっかりコントロール出来れば、全面でシングルスの試合をやったときにも上手く打てると思います。

 

【ポイント】

すっかりグランドスマッシュを打つ為に、早めに肩を入れる。

そして打てるコースを拡げていくこと、が大事です。

スライス回転、スピン回転もサーブと同様にしっかり出来るように。

試合で打つ機会が少ない?

それを少なくしているのは、アナタ自身です。

きっと練習して打てる自信が付けば、自然と打てる機会が多いことに気付くはずです。

 

しっかり打てるようになれば、自信が生まれる。

またグランドスマッシュの練習でもあり、サーブや通常のスマッシュの良い練習にもなります。

そして受け止める側は、ブロックでのスライスも身に付くオススメのメニュー。

半面でシンプルですが、実に奥が深い練習ですので、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    球出し練習で上手くなる人は、そもそも発想からして違う

    単純な球出し練習。これって、「意味あるの・・・?」と思いながら…

  2. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー

    ドロップショットやアングルボレー、なかなか試合の中で使っていく機会少な…

  3. 練習メニュー

    いつものボレーボレーの練習を、格段に実戦向きにする方法

    ボレー同士で打ち合う、ボレーボレーの練習。みなさんも、練習のウ…

  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

    「球出し練習は、どうやれば良いですか?」というご質問を、よく頂きます。…

  5. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    「この打ち方って合ってますか?」テニスに必要な自己調整能力、上達には不可欠です

    打ち方を覚えるって難しい。俺もレッスンの時に「この打ち方って合…

  6. テニス フットワーク

    練習メニュー

    テニスが強くなりたければ、「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと

    毎日の練習、皆さんはどんな環境で行っていますか?自分より上手い…

特集記事

  1. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テ…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ
  4. テニス フットワーク

    ボレー

    身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法
PAGE TOP