メンタル

自分にプレッシャー、相手はそれ以上

試合の中で、プレッシャーを感じる。

それは、ある意味当然のことなんです。

それがあるからこそ、試合は楽しいし、勝って嬉しさを感じられる。

負けて悔しい、と本気で想うことも出来る。

試合の現場で、私がいつも考えていることはこれ、です。

 

自分にプレッシャー、相手はそれ以上

 


 

1.プレッシャー、望むところ

試合の中で、緊張する。

これは、それを味わいたくて出ている、くらいに考えておいた方が良いでしょう。

結果的に勝つにせよ負けるにせよ、試合では緊張するポイントはある。

だからこそ、プレッシャーを受け入れる、味わう、楽しむ。

緊張感、望むところという意識が大事。

プレッシャー、望むところじゃないですか。

なぜなら、アナタはそれにもう強いメンタルになっているからです。

 

2.相手の方が、はるかにプレッシャーは大きい

どんなポイントでも、相手にもプレッシャーがかかる。

自分にだけプレッシャーがかかっているような場面、試合では少ないでしょう。

大事なポイントって、実力が同じであればお互い意識が似ている。

「ここが大事なんだ・・・」と、お互い思っているはずですから、当然相手にも大きなプレッシャーがかかる。

相手にもプレッシャーはかかっている、それはきっと、自分以上のモノだ。

と感じることが出来れば、大抵ポイントは取れますよ。

 

3.もう、メンタルは鍛えられているはず

実際に、アナタ自身も感じているはずです。

このT-PRESSを読み続けている方であれば、「こういう話、前にもあったな」と感じますよね。

そう、もうこの手の話をたくさん読んでいるアナタは、メンタルが自然に鍛えられている。

合理的で客観的に、試合を俯瞰して遂行できる。

プレッシャーを楽しむ力は、相手より上でしょう。

つまりは、強くなっているということ。

それだけ、このT-PRESSを読み続けることって、私は根気が要ることですし大変なことだと思いますよ。

 



 

4.なぜ、試合に出るの・・・?

そもそも、ここを考えてみましょう。

みなさんは、テニスを続け試合に出ている。

普通にボールを打ち合うだけではなく、あえて戦いの場に身を置いている。

それって、やはり「プレッシャーを楽しめている」からだと思います。

辛いこともたくさんある、でもそれを乗り越えた先に、嬉しい想いが出来ることも知っている。

プレッシャーに強くなるメンタル、をもう備えているのがアナタ自身、なんです。

これだけは、しっかり覚えておいて下さい。

 

5.お勧めの練習法

これに、練習法って何かあるの?と思いますよね。

私は、自分の今までの試合をしっかり振り返ること、だと思います。

テニスノートに記録を残していると、こういう時に役に立ちます。

自分がいままで、プレッシャーのかかる場面でどういうプレーをしてきたのか。

それは、なぜなのか。

プレッシャーというモノを、常に身近に置いて、味方にする。

それは私が書いているT-PRESS以上の価値、があると思いますよ。

 

プレッシャーから、逃げないこと。

試合に出ている人、勝っている人は、常に自分の味方に付けている。

でも、それはアナタ自身も出来ること。

大事なポイントほど、自分は力を発揮出来ると、自分で冷静に思えるようになる。

そこから、本当に強いテニス選手になっていけるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり

    なぜか・・・テニス界にはこういう人が多い。そして、こういう周り…

  2. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

    普段、アナタの周りで起きていること、集まってきている人。それは…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

    皆さんは、「こういうテニスがしたい!」というイメージ、ありますか?…

  4. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている

    チャンスに強い人、は本番にも強い。結果も出せる。でも・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります

    テニスの審判やレフェリーの活動していたときに感じたのが、試合に強い選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
  2. テニス テニスボール

    メンタル

    悔しいという感情を表に出すことは、恥ずかしいことでも何でも無い
  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
PAGE TOP