リターン

サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。

3回戦くらいから、急に相手のプレッシャーが強くなる。

自分がコントロール出来ないような状況、に陥ってしまうと、焦りがプレッシャーに変わる。

まず、相手のサーブじゃないでしょうか。

これは、勝ち上がっていけば確実に強く、速く、そしてコントロール良くなってくる。

このプレッシャーは、相当覚悟しておかないとダメですね。

 

サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

 


 

1.サーブが弱い相手、どれだけ楽なことか

みなさんも、そうじゃないですか?

サーブが弱々しい相手、本当に楽ですよね。

相手のサービスゲームなのに、自分のリターンから優位に立てる。

こういう試合は、何もしなくても勝てる。

でも、3回戦くらいまで勝ち上がっていくと、違います。

相手のサーブも良くなってくる。

そうなると、自分はどうか。

リターンでそのサーブを打ち破る術が無いと、試合に勝てるイメージが湧かない。

ほとんどの試合、こういう感じで負けていくのがテニスの試合、です。

 

2.サーブのプレッシャーを、リターンで受け止めるには?

まず、アナタ自身の普段の練習はどうでしょうか?

弱々しいサーブしか受けていない、そんな環境じゃないですか?

これでは、なかなか試合で勝ち上がるのは難しい。

普段の練習から、リターンでしっかり「良いサーブ」を受ける工夫をしないとダメです。

弱いサーブしか打てないメンバーなら、ベースラインよりも前から打ってもらう。

台などを使って、高い打点から打ってもらう。

厳しいコースへのサーブ、へどうリターンしていくのかを、日々考えておかないと無理でしょう。

一発本番、で良いリターンが返るほど甘くはありません。

 

3.コントロールの良いサーブ、を攻略しないといけない

アナタ自身が勝ちたいと思っているライバル、きっとサーブのコントロールが良い。

これを、どうリターンしていくのか。

ダブルスなら、しっかり意図のあるリターンをしないと攻略出来ませんよね。

コントロールが良いサーブがコーナーに入ったら、自分のポジションも少し変わります。

センターに来たサーブ、打てるコースのイメージはどれだけあるでしょうか?

まず、アナタ自身で「このコースに入ったら、基本はココにリターン」という戦術を持ちましょう。

そこを持ちつつ、ストレートやロブ、を混ぜていく。

コーナーを突いたサーブは、普通にリターンしても前衛の餌食になるだけ。

しっかり、綿密に準備しないとテニスの試合では勝てません。

 

4.サーブのプレッシャーを、リターンの自信で跳ね返す

ですが、私は何度も書いて来ました、

みなさんが目指すべきは、「リターンの名手」ですよと。

ビッグサーバーになるよりも、ビッグリターナーになって欲しい、その方が未来がある。

ですので、サーブのプレッシャーに屈してはダメ、むしろ大好物くらいにならないと。

前に入って、しっかりライジングでリターンする、攻撃していく。

この自信を、日々の練習でぜひ養って欲しいんです。

リターンには、自信がある、と。

言えるように、しっかり準備していけばサーブなんて怖く無い。

3回戦より先、の強い相手にも、リターンで向かっていけるはずです。

 

良いサーブ、をブレイクする。

これは、テニスの試合での大仕事です。

プロ選手も、このワンチャンスを狙って、勝利を手繰り寄せる。

チャンスを作れるか、モノに出来るかは、アナタ次第。

日々の練習と、意識の準備次第、です。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

    相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。…

  3. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

    私がいつも、リターンの時に意識していること。速いサーブでも、緩…

  4. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

    リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。あくま…

  5. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

  6. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

    テニスはメンタルより技術、ということを何度も書いて来ました。気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 予測

    メンタル

    大事なポイントで、正確な予測をする為に
  2. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない
  3. テニス 読書

    戦術

    テニスの常識を疑えば、試合に強くなる
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人は、ボールに合わせてスウィングを調整し過ぎ
PAGE TOP