リターン

サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。

3回戦くらいから、急に相手のプレッシャーが強くなる。

自分がコントロール出来ないような状況、に陥ってしまうと、焦りがプレッシャーに変わる。

まず、相手のサーブじゃないでしょうか。

これは、勝ち上がっていけば確実に強く、速く、そしてコントロール良くなってくる。

このプレッシャーは、相当覚悟しておかないとダメですね。

 

サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

 


 

1.サーブが弱い相手、どれだけ楽なことか

みなさんも、そうじゃないですか?

サーブが弱々しい相手、本当に楽ですよね。

相手のサービスゲームなのに、自分のリターンから優位に立てる。

こういう試合は、何もしなくても勝てる。

でも、3回戦くらいまで勝ち上がっていくと、違います。

相手のサーブも良くなってくる。

そうなると、自分はどうか。

リターンでそのサーブを打ち破る術が無いと、試合に勝てるイメージが湧かない。

ほとんどの試合、こういう感じで負けていくのがテニスの試合、です。

 

2.サーブのプレッシャーを、リターンで受け止めるには?

まず、アナタ自身の普段の練習はどうでしょうか?

弱々しいサーブしか受けていない、そんな環境じゃないですか?

これでは、なかなか試合で勝ち上がるのは難しい。

普段の練習から、リターンでしっかり「良いサーブ」を受ける工夫をしないとダメです。

弱いサーブしか打てないメンバーなら、ベースラインよりも前から打ってもらう。

台などを使って、高い打点から打ってもらう。

厳しいコースへのサーブ、へどうリターンしていくのかを、日々考えておかないと無理でしょう。

一発本番、で良いリターンが返るほど甘くはありません。

 

3.コントロールの良いサーブ、を攻略しないといけない

アナタ自身が勝ちたいと思っているライバル、きっとサーブのコントロールが良い。

これを、どうリターンしていくのか。

ダブルスなら、しっかり意図のあるリターンをしないと攻略出来ませんよね。

コントロールが良いサーブがコーナーに入ったら、自分のポジションも少し変わります。

センターに来たサーブ、打てるコースのイメージはどれだけあるでしょうか?

まず、アナタ自身で「このコースに入ったら、基本はココにリターン」という戦術を持ちましょう。

そこを持ちつつ、ストレートやロブ、を混ぜていく。

コーナーを突いたサーブは、普通にリターンしても前衛の餌食になるだけ。

しっかり、綿密に準備しないとテニスの試合では勝てません。

 

4.サーブのプレッシャーを、リターンの自信で跳ね返す

ですが、私は何度も書いて来ました、

みなさんが目指すべきは、「リターンの名手」ですよと。

ビッグサーバーになるよりも、ビッグリターナーになって欲しい、その方が未来がある。

ですので、サーブのプレッシャーに屈してはダメ、むしろ大好物くらいにならないと。

前に入って、しっかりライジングでリターンする、攻撃していく。

この自信を、日々の練習でぜひ養って欲しいんです。

リターンには、自信がある、と。

言えるように、しっかり準備していけばサーブなんて怖く無い。

3回戦より先、の強い相手にも、リターンで向かっていけるはずです。

 

良いサーブ、をブレイクする。

これは、テニスの試合での大仕事です。

プロ選手も、このワンチャンスを狙って、勝利を手繰り寄せる。

チャンスを作れるか、モノに出来るかは、アナタ次第。

日々の練習と、意識の準備次第、です。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. リターン

    リターンで攻撃していく時も、軸足作りを徹底しよう

    攻撃的なリターンで相手を追い込んでいくとき。つい、前がかりにな…

  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

  3. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!

    リターンの反応速度、みなさんどうでしょうか?きっと、良い時は良…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

    リターンの反応が、遅いと感じている人・・・。なかなか、ブレイク…

  5. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  6. テニス メンタル

    リターン

    セカンドサーブを思いっきり打って来る相手、への対応策について

    たまに試合で、こんな相手と対戦することありませんか?セカンドサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方…
  2. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン
  3. テニス 練習

    フットワーク

    テニスにおいて「ボールを目で追う」だけでは、良い反応にはならない
  4. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく
  5. サーブ

    「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為…
PAGE TOP