テニス メンタル

リターン

「ビッグサーバーのブレイクが、難しい・・・」という方は、まず30-30のカウントになるように全力を傾ける!

サーブが調子が良い、元々得意な相手は試合で脅威になります。

特に男性で長身、しかもその日「当たっている」選手が相手だと、結構ブレイクがきつくなりますよね。

そうなると自分のサービスゲームにプレッシャーもかかってくる。

漠然と相手のサーブに食らいつくだけだと、ハードコートのようなサーフェスでは厳しい。

じゃあどうするの・・・という具体案も大事ですが、カウントを意識してプレーすることも大事。

もし30-30に出来ることが出来れば・・・ブレイクの確率はグッと上がるはずです。

 

「ビッグサーバーのブレイクが、難しい・・・」という方は、まず30-30のカウントになるように全力を傾ける!

 


 

■30-30のカウントに出来れば、サーバー側にもプレッシャーがかかる

30-30のカウントは、そのゲームがどちらに転ぶか分からない。

こういう状況になると、苦しくなるのは「元々調子が良かった選手の方」です。

だからこそ、サーブが得意な相手に対してはまず30-30のカウントにして、どういうプレーをするかをしっかり確認したい。

メンタルの強さ、が試される場面ですからね。

本当の実力とプレースタイルが現れやすい。

出来れば序盤に30-30までのカウントを作れると、「よし、ブレイク出来ないことは無い!」とアナタも自信を持って後半戦に臨めるでしょう。

 

■30-30のカウントにするために、自分が出来ることを考える

ではどんな作戦でいくか・・・と考えると、まずは「完璧なナイスサーブ」は捨てる、ことも大事。

サービスエリアのコーナーに入る高速サーブなんて、誰も返せません。

であればそれより甘いサーブを、しっかりブロックでも良いから返球する、なるべくフリーポイントを減らす、ことが大事。

セカンドサーブになったら、リターンのポジションを前にするのも良いですね。

揺さぶりをかけて、サーバーのリズムを崩すのはブレイクへ第一歩です。

 

■30-30のカウントでセカンドサーブになったら、思い切ってチャージしよう!

繰り返しになりますが、私なら、30-30のカウントで相手のセカンドサーブ、になったらしっかり前に入ります。

もしリターンミス、になっても仕方ない。

それくらいの気持ちで、攻撃的なプレーが出来るように意識することで、相手はプレッシャーに感じてくれる。

40-30になっても、相手に何かを残すプレーになるはずです。

大事なのは、このカウント環境を作り出すこと。

でなければ、そもそもリターンからブレイク自体難しいでしょう。

 

もし運良く0-30のようなカウントになっても、絶対に焦らないこと。

リターンゲームではリードすると「一気に決めよう!」と思っている人が多いですが、私の場合は逆です。

あえて、粘ってみたりして1球でも多く相手に打たせる。

サーブの調子が悪いと、普通の何気ないストロークまで調子が狂っている可能性も大です。

ぜひ試合の中で、ビッグサーバーと対戦するときには意識してみて下さい。

30-30にすれば、何かが起きるはずです!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

    バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。…

  3. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

    試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。その中でも大…

  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

    速いサーブも嫌だけど、試合の緊張した場面では「ゆるくて遅いサーブ」も嫌…

  5. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  6. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    テニス選手の中でも、「モチベーションのコントロールが上手い人、下手な人」の違いは…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠
  4. テニス メンタル

    メンタル

    イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン
  5. テニス メンタル

    その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける
PAGE TOP