テニス メンタル

リターン

「ビッグサーバーのブレイクが、難しい・・・」という方は、まず30-30のカウントになるように全力を傾ける!

サーブが調子が良い、元々得意な相手は試合で脅威になります。

特に男性で長身、しかもその日「当たっている」選手が相手だと、結構ブレイクがきつくなりますよね。

そうなると自分のサービスゲームにプレッシャーもかかってくる。

漠然と相手のサーブに食らいつくだけだと、ハードコートのようなサーフェスでは厳しい。

じゃあどうするの・・・という具体案も大事ですが、カウントを意識してプレーすることも大事。

もし30-30に出来ることが出来れば・・・ブレイクの確率はグッと上がるはずです。

 

「ビッグサーバーのブレイクが、難しい・・・」という方は、まず30-30のカウントになるように全力を傾ける!

 


 

■30-30のカウントに出来れば、サーバー側にもプレッシャーがかかる

30-30のカウントは、そのゲームがどちらに転ぶか分からない。

こういう状況になると、苦しくなるのは「元々調子が良かった選手の方」です。

だからこそ、サーブが得意な相手に対してはまず30-30のカウントにして、どういうプレーをするかをしっかり確認したい。

メンタルの強さ、が試される場面ですからね。

本当の実力とプレースタイルが現れやすい。

出来れば序盤に30-30までのカウントを作れると、「よし、ブレイク出来ないことは無い!」とアナタも自信を持って後半戦に臨めるでしょう。

 

■30-30のカウントにするために、自分が出来ることを考える

ではどんな作戦でいくか・・・と考えると、まずは「完璧なナイスサーブ」は捨てる、ことも大事。

サービスエリアのコーナーに入る高速サーブなんて、誰も返せません。

であればそれより甘いサーブを、しっかりブロックでも良いから返球する、なるべくフリーポイントを減らす、ことが大事。

セカンドサーブになったら、リターンのポジションを前にするのも良いですね。

揺さぶりをかけて、サーバーのリズムを崩すのはブレイクへ第一歩です。

 

■30-30のカウントでセカンドサーブになったら、思い切ってチャージしよう!

繰り返しになりますが、私なら、30-30のカウントで相手のセカンドサーブ、になったらしっかり前に入ります。

もしリターンミス、になっても仕方ない。

それくらいの気持ちで、攻撃的なプレーが出来るように意識することで、相手はプレッシャーに感じてくれる。

40-30になっても、相手に何かを残すプレーになるはずです。

大事なのは、このカウント環境を作り出すこと。

でなければ、そもそもリターンからブレイク自体難しいでしょう。

 

もし運良く0-30のようなカウントになっても、絶対に焦らないこと。

リターンゲームではリードすると「一気に決めよう!」と思っている人が多いですが、私の場合は逆です。

あえて、粘ってみたりして1球でも多く相手に打たせる。

サーブの調子が悪いと、普通の何気ないストロークまで調子が狂っている可能性も大です。

ぜひ試合の中で、ビッグサーバーと対戦するときには意識してみて下さい。

30-30にすれば、何かが起きるはずです!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

  2. テニス リターン
  3. リターン

    ジャックナイフリターン、で攻めよう!

    少し前までは、異端なショットだったかもしれません。でも、現代…

  4. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ

    私自身は、バックハンドストロークは片手で打っているのですが、学生時代は…

  6. テニス ストローク

    リターン

    並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから

    前に詰めて来る相手に、プレッシャーを感じてしまう方へ。サーブ&…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメ…
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!
  3. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る
  4. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!
  5. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせ…
PAGE TOP