テニス ストローク

ストローク

テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで打つ」のは、結構危険!

ストロークラリーの中で、スライスの返球に苦戦している人、結構多いんじゃないでしょうか。

自分が打てなくても、相手が打ってくるスライスにはしっかり対応出来ないと、簡単にポイントを失ってしまう。

普段の練習の中で、身近にスライスを打ってくれる人がいないと、その危機感も持ち辛い。

今回は改めて、スライスを返球するうえでのスタンスの取り方について。

好みはあるでしょうが、私はクローズドスタンスはすごく危険、だと思っています。

 

テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで打つ」のは、結構危険!

 


 

■プロ選手はしっかりクローズドスタンスでスライスを返球してるけど・・・

クローズドスタンス、とはテニスのストロークの基本。

足を前に踏み込んで打つ、その前足を少し身体の向き、進行方向斜め前、くらいに踏み込む攻撃的なスタンスです。

右利きのフォアハンドの方であれば、横向きを作って左足が右斜め前、に出ていくようなイメージ。

力は伝わりやすいのですが、打点の調整が難しいので低いボールや速いボールが返球し辛い。

スライスのようなショットでは、特に初中級の方くらいまではあまりオススメ出来ません。

 

■踏み込んで打つ癖が付くのは良いこと、ですが・・・

ストロークを前に踏み込んで打つことは、すごく良いテニスの基本です。

ですが、相手がスライスを打った瞬間に、まず速く準備して打点に入らないといけません。

ボールが弾まないので、自分も低い態勢を作らないと対応出来ません。

そのためには、クローズドスタンスではなく、スクウェアスタンスくらいがオススメ。

足を前に出すのですが、ボールの方向、バウンド地点に向かって足を出すくらいがちょうど良いでしょう。

 

■スライスの対応に、「危機感」を持って挑もう!

皆さんは試合の中で、スライス使いにやられた・・・というような経験は無いですか?

私は昔、中学時代にスライスが得意な選手が苦手でした。

だからこそ、皆さんにはしっかり対応出来るように、具体策を持って練習して欲しいのです。

スタンスも自分でぜひ、研究してみて下さい。

ストロークは土台がしっかりしていれば、そんなにミスはしないのです。

 

低い態勢は基本ですが、スライスの返球には特に足のスタンスが大事。

速く止まる、速くラケットを振り出すことで、低く滑るボールをやっと返球出来るのです。

それなのに悠長にボールが飛んでくるのを待って、「あっ、スライスだった・・・」とバランスを崩す人が多い。

試合で勝つためには、絶対必要なスライス対策。

アナタはどんな準備が出来ていますか?

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. その練習を、疑おう
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識

    皆さんは利き腕、どちらでしょう?右利きの方も左利きの方も、基本…

  2. ストローク

    なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?

    テニスの試合で使う、ドロップショット。このショット、何度か記事…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイント4つ

    「ライジングショットを、試合で打つのは難しい」という感覚を持っている方…

  4. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い

    試合中のトップスピンのストロークと言えば、やっぱり安定感をしっかりとア…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が大事!

    皆さんも経験、あるんじゃないでしょうか。つなぎのラリーで、つい…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  2. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本…
  3. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニスコーチに教わっている人は、コーチの本音を引き出そう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でいつも、「シード選手に名前負けしてしまう・・・」人にオススメな、ス…
PAGE TOP