テニス ストローク

フットワーク

テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

色々なスポーツがある中で、テニスの難しさは何か?

それは、「動いているボールに、合わせてすぐに打ち返す」ことが求められる競技だから、だと思います。

サッカーやバスケットボールのように、ドリブルでキープも出来ない。

すぐに決断して、相手コートに打ち返さないと失点になってしまう。

そう考えると・・・実は試合で求められる要素、も見えてきます。

 

テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

 


 

■動いてくるボールに対して、自分も動いていては難しくなる

テニスというスポーツは、動くボールを打つ。

ということは、普通に考えて自分も動きながら打つ・・・と考えると、動くものと動くもの、がタイミングを合わせることになりますよね。

これって、凄く難しいことだと思いませんか?

せめて、自分は打つポジションに入って待ち構えて、止まって打ちたい。

そうすれば、合わせることが少しですが楽になるでしょう。

 

■動いていくボールに合わせるには、「軌道に先回り」が基本

速いショット、ボレーのようなスピード感があるショットでも、基本は同じ。

待ち構える為には、ボールが飛んでくる軌道に「先回り」することを意識する。

先回り出来て待てれば、それだけ自分が打てるショットも増えるし、相手もコースが読めない。

先回り出来ないと、出来ること、打てるショットがすごく限られてくるから相手の脅威にはならない。

動いているボールを打つ、為に必要なのは適度な予測と早く動ける走力、最短距離を動くフットワーク。

大事なものが、見えてきますよね。

 

■ボールの動きを止めない、為に必要なのは「決断力」と「判断力」

アナタ自身、試合の中で感じているはず。

決断して、判断して・・・ということ、厳しい場面で正しく選択していくのは、難しいですよね。

ちょっとの迷いが、そのまま失点になる。

動いているボールを止めない、というのは本当に難しい。

練習からしっかり、自分のパターンを作る。

身体から反応していけるくらい、しっかり身体に染み込ませましょう。

 

ボールを止めないこと、しっかり練習から意識しましょう。

そうすれば、自然に判断力も上がるし、試合でも勝てるようになってくる。

試合で勝てない人は、何も考えないで漠然とラリーしたり、試合しているだけ。

テニスって、本気でやらないと難しいスポーツですよ。

しっかり頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる

    テニスの試合で、攻撃力が高い人。それは、実際にボールを強く打て…

  2. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

    試合で走りながら、自分が打つコースを考える。これが、ちゃんと出…

  3. フットワーク

    サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める

    サーブ&ボレーを、試合の中で使っているけど・・・ポイントにつながらない…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い

    守備力が高い選手は、何が上手いのか?ラケットでのキャッチ力?…

  5. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう
  3. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近の若者は…
  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね
PAGE TOP