ダブルス

ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について

ダブルスの試合で、ストレートへ展開する。

リターンやストローク、ボレーでもよくありますよね。

でもこの後、どうするのか。

しっかり準備しておかないと、先に展開した方がやられてしまう、ということになってしまいます。

 

ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について

 


 

1.正面の相手は、自分の担当

ダブルスでは、これが基本です。

どんな陣形でも、正面の相手は自分が担当する。

ですから、ストレートに打った瞬間に、その選手の担当は自分、ということになります。

自分が担当だから、パートナー任せではダメ。

その選手が打つボールは、もう一度自分が取る、触るくらいの意識でちょうど良い。

この意識が、甘い人が結構多いんですよね。

 

2.自分から展開するから、担当意識が生まれる

ストレートに打ったら、次も自分なんだ!ということ。

この意識が強い人は、試合でもダブルスに強い。

自分から展開するので、次にどうなるのか、もイメージしやすいはずです。

例えば、後衛でプレーしていて相手の前衛にアタックしたら、次も自分が触るつもりで準備する。

抜ける!という期待を持ってはダメ、まず返されることを覚悟しましょう。

自分から展開するので、「次も自分」という意識は持ちやすいはず。

私なら、後衛対前衛だと分が悪いので、前に出ます。

自分の正面の前衛に軽いロブや足下に沈めるボールを打って前、なら担当しやすいですからね。

 

3.ダブルスの前衛、もっと大事な担当意識

勘の鋭い人なら、自分が前衛なら・・・と、思ったはず。

そう、相手の後衛の正面の前衛、が担当になりますからね。

常に実はポーチに出られなくても、自分の担当なんです、ずっと。

ダブルスの前衛として、「担当は自分なんだ」という意識は持てているでしょうか?

これ、なかなか難しいですよ。

後衛の相手は、後衛、と考えがちですよね。

そうではなくて、ダブルスの基本は正面の相手。

つまりは、後衛の相手は前衛、なんです。

 



 

4.ダブルスの試合で、「自分の担当」に配球することが大事

試合の中で、担当はコロコロ変わります。

相手のAさんが担当、次はBさんで、またAさんに戻って・・・という感じ。

これを、いかに自分でコントロール出来るのかどうか。

ダブルスの試合で、受け身になると厳しいですからね。

「自分が打つショットで、意図的に攻撃する」という意識を持つ。

そうすれば、どんどんストレートへ展開していけますよね。

自分の担当ですから、正面の相手を倒すのも自分、です。

 

5.お勧めの練習法

自分の担当が、誰なのかという意識を養いましょう。

ダブルスの雁行陣の形式、2対2の形で、片方の後衛にボール出しからスタート。

後衛が前衛にストレートアタック、この形式を「ストレートロブ、または前衛の足下に沈める」というパターンに限定します。

そこで、次も打った本人が触る、という意識を強く持つ。

前衛が加勢するよりも、後衛が自分で決めにいく姿勢は大事、です。

雁行陣のダブルスの形式で、安易なストレートアタックを卒業しましょう!

 

実際、試合でストレートに打っても決まらない、ポイントが取れない。

こういう人は、多いと思います。

ダブルスで、担当意識をどう養っていくのか。

ストレート、正面の相手は自分の担当なんだ、という強い意識を持つこと。

全てはそこから始まります。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

  3. ダブルス

    リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう

    「前衛につかまっても、気にしないで!」と、一言、言えるかどうか。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

    今回アンケートを頂いた皆さんの中で、「ダブルスのペアで勝つ為に、どんな…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要です

    よく、「良いダブルスとは、どんなダブルスですか?」と聞かれます。…

  6. ダブルス

    「ナイスカバー!」と言われるペアの、本当の気持ち

    ダブルスの試合で、相手の攻撃をナイスなカバーで守る。一見、美…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意
  2. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?
  3. 戦術

    試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ
  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事
  5. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる
PAGE TOP