テニス メンタル

スマッシュ

「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

「スマッシュは、得意ですか?」

こう聞かれて、アナタはどう答えるだろうか?

得意、と答える人は、スマッシュでポイントを取り切るイメージが明確に付いている人が多い。

またはバレーボールやバドミントン経験者も、得意と答える人が多い印象。

とはいえ、多くの人が苦手に感じているのも事実。

理由は色々考えられますが、まずは単純に練習不足。

人数が多いスクールやサークルではやりにくいし、何せ怪我にも繋がりやすいですよね。

では、その練習量を補うにはどうするか。

まずは考え方を整理して、スマッシュに必要な要素を洗い出しましょう。

今回のテーマは、決断力。

少しでも皆さんのヒントになれば、嬉しいです。

 

「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

 


 

◼️スマッシュのフットワークは、とにかく足りない!

一般のプレイヤーの試合と、プロの試合で如実に違いが現れるのがフットワーク。

まずは予測をしっかり立てて、反応すること。

これは、配球はもちろん、相手のラストのラケットワークにまで全神経を集中させます。

少しでも上を向けば、もうアナタの前足はクロスステップの為に大きく後ろに移動しなければ、厳しいコースは取れません。

この、クロスステップも身に付けるべき技術です。

ロブと決断すれば、思い切り下がること。

この決断力の速さが重要です。

 

■スマッシュは自分から上にラケットを振るショットである、ということ

一般のテニスプレイヤーで多いのが、ラケットの振り出しが遅いケース。

これは本当に良く見る光景です。

ボールが落ちてくるのを待ってしまう余り、ラケットを振り出したころにはもう顔の横までボールがきているパターン。

どこか自信が無いと、この決断が遅くなってしまうのです。

決断力とは、まず「自分はこのボール、スマッシュを打つんだ!」という決断と、「自分から打ちにいくんだ!」という決断力。

この気持ちがある、無しではボールの重さが大きく違います。

スマッシュに自信が持てない方は、思い切って早く振り出してみる癖を付けましょう。

意外と、高い打点で打てることに気付くはずです。

 

■決断力は、実は試合の前から!

スマッシュを打つのか、後ろに任せるのかまたは落としてから追いかけるのか・・・。

もちろん、試合の場面場面で選択していくことですが、大まかな作戦は試合前に決めておかなければなりません。

「チェンジはしないで、縦割りのダブルスで戦う」

「アウトかインか分からないボールは、とにかく全部打つ」

こういった作戦は、試合前の決断力が全てです。

もちろん、相手がロブの名手であれば想定を変えるケースもあるでしょう。

しかし、漠然と試合に入るのではなく、きちんとスマッシュ、即ち上のボールに対してどう挑むかを決めておくこと。

これができている選手は、一般のプレイヤーでも強いのです。

 

決断ができていれば、小さなミスは気になりません。

試合で崩れる「スマッシュをミスしてから、試合の流れが変わった・・・」というケースは、そのミスだけでなく試合前の決断力の欠如なのです。

これはテニスのレベルに関わらず、大切な考え方ですのでぜひ、試合前に考えてみて下さい。

何を決断して、試合に入るのか。

まずはスマッシュ、上のボールについてどうするのか。

作戦と、実際のオンコートでの細かい技術と。

きっと答えは、たくさんあります。

自分で考えて、トライ&エラーしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに

    ダブルスの試合で、「スマッシュが重なりそう・・・」になったこと、ありま…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずこの意識から。逆クロス方向…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュは「打つだけ」で、相手へのプレッシャーになる

    打つだけで、相手のプレッシャーになる。それは、スマッシュの大き…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事
  2. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「少し左右に振られたくらいで、破れかぶれのショット」になる人は、…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」…
  5. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない
PAGE TOP