テニス メンタル

リターン

「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5つ

試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重要。

それでも、少しでも早く試合に勝てるようになりたい…と考えてしまうのが、人の常。

そこで、何か一つ、身に付けておくことで試合を劇的に優位に運ぶことができるとすれば…と考えたときに、お勧めなのがリターンの技術。

それも、フォアハンドの逆クロスを推したいと思います!

※今回は、右利きの方を対象に執筆しておりますが、一部左利きの方にも参考になる部分はあるかと思います。

 

「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5つ

 


 

1.逆クロスのリターンは、ボールが来た方向に引き付けて返球できるから楽

アドサイドでの逆クロスのリターンは、シンプルです。

サーブが飛んでくる方向に、しっかり引き付けて打つことが大切。

相手とボール、両方が見えますし、打点は少し遅れてもOK!

リターンのポジションは、よほどセンターに良いサーブが来ない限りは、フォアハンド側を空けて待ちましょう。

 

2.ライジングで叩き込めば、相手はバックハンドから窮地に

相手のセカンドサーブになったら、どんどんプレッシャーをかけていきましょう。

リターンポジションを前に取ることで、自然に早いタイミングで打てるようになります。

ライジングは苦手…という方も、大丈夫!

威力の無いサーブの逆クロスリターンは意外と難しくありません。

身体が開かないようにだけ注意して、コンパクトにスイングしましょう。

 

3.ダブルスにも使える!魔法の逆クロス

この②の技術は、ダブルスのゲームでも非常に有効です。

踏み込んだリターンは相手のサーブ&ボレーを足止めできますし、フォアハンドで回り込むフットワークを見せておけば、相手前衛もなかなかポーチに出れません。

また、回り込むことで自分はコートの端側に寄りますので、ワイドのアングルのコースもケアできます。

このパターンは、本当にお勧めです!

 

4.ストレートへのリターンにも、切り替えがしやすい

とはいえ、同じコースばかりだと相手にも読まれてしまいます。

そこでストレートへの展開を混ぜていきたいところですが、しっかり肩が入っていれば、ストレートへの打ち分けも難しくありません。

この、肩が入っている構えを、リターンのときにいかに相手にアピールできるかがポイント。

早いサーブを打つ相手であれば、上半身のターンで充分。

特にセカンドサーブでは、徹底的にコースを隠しましょう。

 

5.狙い過ぎてサーブを入らなくさせてしまえば、勝利は見えてくる!

もうお気づきかも知れませんが、このリターンは厳しいコースにサーブが入るともちろんしんどい作戦です。

だからこそ、サーブが得意でない相手にはどんどんプレッシャーをかけて、サービスボックスの端を狙わせることを意識しましょう。

リターンを嫌がってくれたら、しめたもの。

実際の試合では、相手のサーブの技量や調子に応じて、どの程度思い切って回り込むかを判断しましょう。

 

よく、アドサイドは重要なポイントが多く回ってくるサイドと言われます。

30-40、40-30、アドバンテージ….。

だからこそ、アドサイドでワイドに打てる左利きが有利とも言われてきました。

しかし、右利きの皆さんには、この必殺逆クロスリターンがあります!

左利きのスライスサーブも、中上級レベルの相手であれば回り込めます。

もしボディに食い込んでミスになっても、何かを仕掛けようとする相手は嫌なもの。

ぜひリターンをきっかけに、試合で勝てるようになるきっかけを掴んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

    リターンをストレートに打つ。ダブルスの試合では、これが出来ない…

  2. テニス 準備
  3. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

    テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。それは、まず…

  4. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に

    相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく

    相手のナイスサーブ、でも簡単には屈しない。試合の中で、何とかリ…

  6. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

特集記事

  1. ストローク

    重たいスライス、で気付いたこと
  2. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう…
  3. テニス ダブルス

    その他

    「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長…
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  5. フットワーク

    メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!
PAGE TOP