テニス メンタル

スマッシュ

「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

「スマッシュは、得意ですか?」

こう聞かれて、アナタはどう答えるだろうか?

得意、と答える人は、スマッシュでポイントを取り切るイメージが明確に付いている人が多い。

またはバレーボールやバドミントン経験者も、得意と答える人が多い印象。

とはいえ、多くの人が苦手に感じているのも事実。

理由は色々考えられますが、まずは単純に練習不足。

人数が多いスクールやサークルではやりにくいし、何せ怪我にも繋がりやすいですよね。

では、その練習量を補うにはどうするか。

まずは考え方を整理して、スマッシュに必要な要素を洗い出しましょう。

今回のテーマは、決断力。

少しでも皆さんのヒントになれば、嬉しいです。

 

「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

 


 

◼️スマッシュのフットワークは、とにかく足りない!

一般のプレイヤーの試合と、プロの試合で如実に違いが現れるのがフットワーク。

まずは予測をしっかり立てて、反応すること。

これは、配球はもちろん、相手のラストのラケットワークにまで全神経を集中させます。

少しでも上を向けば、もうアナタの前足はクロスステップの為に大きく後ろに移動しなければ、厳しいコースは取れません。

この、クロスステップも身に付けるべき技術です。

ロブと決断すれば、思い切り下がること。

この決断力の速さが重要です。

 

■スマッシュは自分から上にラケットを振るショットである、ということ

一般のテニスプレイヤーで多いのが、ラケットの振り出しが遅いケース。

これは本当に良く見る光景です。

ボールが落ちてくるのを待ってしまう余り、ラケットを振り出したころにはもう顔の横までボールがきているパターン。

どこか自信が無いと、この決断が遅くなってしまうのです。

決断力とは、まず「自分はこのボール、スマッシュを打つんだ!」という決断と、「自分から打ちにいくんだ!」という決断力。

この気持ちがある、無しではボールの重さが大きく違います。

スマッシュに自信が持てない方は、思い切って早く振り出してみる癖を付けましょう。

意外と、高い打点で打てることに気付くはずです。

 

■決断力は、実は試合の前から!

スマッシュを打つのか、後ろに任せるのかまたは落としてから追いかけるのか・・・。

もちろん、試合の場面場面で選択していくことですが、大まかな作戦は試合前に決めておかなければなりません。

「チェンジはしないで、縦割りのダブルスで戦う」

「アウトかインか分からないボールは、とにかく全部打つ」

こういった作戦は、試合前の決断力が全てです。

もちろん、相手がロブの名手であれば想定を変えるケースもあるでしょう。

しかし、漠然と試合に入るのではなく、きちんとスマッシュ、即ち上のボールに対してどう挑むかを決めておくこと。

これができている選手は、一般のプレイヤーでも強いのです。

 

決断ができていれば、小さなミスは気になりません。

試合で崩れる「スマッシュをミスしてから、試合の流れが変わった・・・」というケースは、そのミスだけでなく試合前の決断力の欠如なのです。

これはテニスのレベルに関わらず、大切な考え方ですのでぜひ、試合前に考えてみて下さい。

何を決断して、試合に入るのか。

まずはスマッシュ、上のボールについてどうするのか。

作戦と、実際のオンコートでの細かい技術と。

きっと答えは、たくさんあります。

自分で考えて、トライ&エラーしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

    ダブルスで2人がネットに付く並行陣でプレーをしていると、2人の間に上が…

  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    相手2人が下がっている時に、スマッシュはどこを狙う?

    ダブルスの試合で、相手2人が下がっている状態。こういう陣形の…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習になっているから

    皆さん、練習の中でスマッシュ練習、どの程度時間を割けていますか?…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げられます

    スマッシュはチャンスボール。そう思えているアナタは、きっと上級…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手を見て、「あいつらは別」と考えるのか、「自分と変わらない」と考えるのか
  2. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ
  3. テニス 英語

    テニス知識

    プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  5. テニス 部活

    その他

    明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こ…
PAGE TOP