テニス サーブ

サーブ

「セカンドサーブが入らない、ダブルフォルトするの」はメンタルが弱いのではなく、技術が無いからです

「みんなこう言ってるけど、実際どうなんだろう?」

こんな疑問、皆さんはテニスの中で持つことはありますか?

無い・・・方は、まずい。

めちゃくちゃセンスがあって何でも出来るか、鈍感な方か・・・のどちらかでしょう。

敏感になって考えれば、きっと人が言っていることも「本当にそうか?」と思うこと、たくさん出てくるはず。

私が一番感じるのは、この問題です。

 

「セカンドサーブが入らない、ダブルフォルトするの」はメンタルが弱いのではなく、技術が無いからです

 


 

1.セカンドサーブを入れるのに、必要なのはメンタル?

よく私も先輩やコーチから言われました。

「セカンドサーブは気持ちで振り切れ!」と。

その気持ちが折れそうになっているから、セカンドサーブは入らないのに・・・やっぱりメンタルを鍛えないとダメだなと思って試行錯誤。

でも、メンタルの強さなんて数字に出来ないし、成長出来ているのかどうかも怪しい。

結局セカンドサーブの苦手意識は最後まで消えず、試合で崩れていく毎日・・・本当にしんどかったです。

ですが、高校3年生のときに、「メンタルじゃない、メンタルに左右されない技術だ!」と考えて一念発起。

気持ちが折れそうなとき、でも確実にラケット操作出来るサーブに変えて、セカンドサーブは大きく改善されました。

 

2.セカンドサーブに必要な技術は、シンプルさと振り終わるポイント

まず、冷静に考えてみましょう。

なぜ、セカンドサーブが難しのか・・・を。

それは、「失敗したら即失点」につながるので、自分自身で打ち方が不安になってギクシャクしてしまうから。

つまり、なるべく単純な動作にして、「ここで、こういう形で打ち終わるんだ!」というポイントを作っておけば大丈夫。

私なら、右上に45度の確度、にラケットを大きく投げるようにして肘を伸ばす、まで意識するようにしています。

言葉で書くと難しいですが、要は迷いを無くすことが一番。

動作もシンプルなので、あとは実行するだけ、という状態にしておけばきっとアナタでも大丈夫なはずです!

 

3.テニス界の風潮は、ずっとおかしな方向を向いている

メンタルの弱さ、に全てを押し付けているような風潮、何も進歩しません。

特にセカンドサーブなんて、工夫出来ることだらけ。

みんな、考えることから逃げてきた結果が、セカンドサーブのメンタル頼み、になっているのです。

さぁ、技術を具体的に変えていきましょう。

そこからアナタの勝利への道、が拡がっていくはずです。

 

まず、具体的に何を変えるのか・・・を考えるときに、出来るだけ「シンプル」にすること。

自分で難しくしてしまっている部分は無いか、一度動画で自分のセカンドサーブを観てみましょう。

プロ選手のサーブには、実はシンプルさが詰まっている。

何が違うのか、何を変えていけばプレッシャーがかかる場面でも安定した動作が出来るのか。

面と向かって、自分のセカンドサーブと向き合ってみましょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に

    不思議なことに、テニスの大会に出ると「ファーストサーブは、リターンが返…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときの「ファーストサーブの威力頼み」、状況は変わらない

    高校生の男子の試合、レベルに関わらず共通点は変わらない。全国大…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

    テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・…

  4. テニス サーブ
  5. サーブ

    ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう

    渋いけど、試合で使えるサーブ。私は結構、このサーブを使います…

  6. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。…

特集記事

  1. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに
  2. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!
  3. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でと…
  4. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!
  5. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一
PAGE TOP