テニス センス

ダブルス

ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。

こういう機会を、ぜひみなさん大事にして欲しいんです。

なかなか、自分から「組んで下さい」とは言い辛い。

でも、一緒に組んで試合に出ること、でしか感じられないこともたくさんあります。

そして、せっかくならやっぱり勝ちたい。

勝ちたいなら、この意識が大事です。

 

ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

 


 

1.まずは自分のミスを減らす、ことで試合を作る

当然、相手はアナタを狙って来るでしょう。

これはもう、覚悟しておいた方が良い。

そこで、ナイスなプレーは必要ありません。

まずは、ミスを減らすこと。

相手に決められても良い、自分から焦ってかっこつけようとして、ミスをすることは出来るだけ減らしたい。

ミスが少ない相手には、相手も簡単にボールを集め辛いですから。

アナタ自身がミスを減らせば、しっかりラリーになって試合は展開されていく。

そうなると、今度はどんどん、パートナーを使えば良いんです。

 

2.遠慮なく使えば良い、ということ

遠慮なく、試合で使っていけば良いと思いますよ。

どうすれば、上手いパートナーをしっかり使えるのか。

アナタ自身、考えてみて下さい。

まず、1.で書いたように自分がミスを減らすこと、が第一。

その次には、「前衛で動いてもらう」ことを意識しましょう。

アナタが後衛で、上手いパートナーが前、ここでいかにラリーに参加してもらうか。

どうでしょう、イメージは湧いてきますか?

 

3.クロスの後衛のラリーで、先手を取ることが大事

まず、相手の後衛に良い態勢でプレーさせない。

相手がサーブ&ボレーしてきたら、ゆっくりで良いので足下にクロスに沈める。

雁行陣のラリーなら、深い山なりなボールで前衛にチャンスを引き出す。

自分から焦ってストレートに展開しなくても、大丈夫。

クロスラリーでしっかり先手を取れれば、あとは前衛が何とかしてくれるはず。

こういう意図を、しっかり自分からパートナーに伝えること、が大事です。

 

4.モノ言えない雰囲気が、一番ダメ

よくあるのが、実力差のあるペアだと「下から言えない」という状態になってしまうということ。

こういうペアは、まず試合では勝てない。

確かに、気持ちは分かりますよ、上手い人に話辛いのは。

でも、いかにそういう人を「使うか、活躍してもらうか」を考えないと。

ただただ、臆病になって何も出来ないでいると、試合に参加出来ないでいざボールが来るとミスが多い。

自分が、使ってやるんだ、コントロールするんだと。

ダブルスなら、これくらいの気概が大事です。

 

きっと、テニスを続けていれば、こういう組み合わせで試合に出ることはあります。

無いなら、作らないと。

勇気を出して、自分から上手い人に声をかけていく。

失敗して、痛い目を見る可能性もありますが、ここは勝負の世界。

成長したければ、そういうリスクは取る。

大丈夫、アナタが思ってるより、そんなに酷い試合なんて無いですから。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

    相手の並行陣を崩す、その為に必要なストローク。センターセオリー…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?

    ダブルスの試合に出ていると、きっとこういう難敵が待ち構えているはず。…

  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーを使う方も多いと思います。でもそ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応方法とは?

    特に男子ダブルスの上のレベルでよく観る、並行陣の逆陣形。これは…

  5. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

    ダブルスパートナーとの、信頼関係。みなさん、しっかり築けている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    優勢になってこそ、攻める
  2. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ
  3. テニス 粘り

    メンタル

    テニスは試合自体が楽しいんじゃなくて、試合を通じて自分が成長出来ることが楽しいん…
  4. 戦術

    「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    調子が悪いときには、自分の周囲1メートルのボールに集中しよう
PAGE TOP