テニス ラケット

その他

「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。

もちろんその中には、自分よりテニスが強い人、上手い人もいる訳で、試合に強くなりたければその繋がりは大切にしたいところ。

そういった環境の中でいざ練習、となったときにはどんなことを気を付ければ良いのでしょうか。

決して萎縮する訳ではなく、また次に繋がる為に・・・という視点で考えてみます。

 

「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

 

1.しっかりコミュニケーションを取るところから

まずは初対面、しっかりとした挨拶から。

当たり前じゃないか・・・と思う方が多いと思いますが、テニス界ではこれが出来ない人が本当に多い。

自己紹介含めた挨拶は、社会人になっても本当に大事です。

名前を憶えてもらって呼んでもらう、自分も名前を入れて人を呼ぶ、という行為を増やしていけるように意識しましょう。

 

2.テニスについて、まずは確実なプレーに徹する

テニスについては、アナタ自身が確実なプレーに徹することです。

確かに実力では及ばないかも知れませんが、まずはラリー回数をしっかり稼ぐ、ボールを最後まで追う、ということが大切。

それで充分、相手も練習になるはずです。

一番ダメなのは見栄を張ろうとして、普段から出来もしないショットを繰り出すこと。

上級者には、全てバレています。

 

3.チャンスはしっかり打っていく姿勢を見せる

それでも相手のチャンスボールはしっかり攻撃していきましょう。

試合に出て勝ち続けている上級者は、「相手から攻撃される練習」を欲しています。

チャンスを打ち込んでこない。アプローチして来ない人とは練習したくない、また意味が無いと感じてしまうのです。

アナタ自身、しっかり自信を持って自分の武器で攻撃して胸を借りましょう。

 

4.練習試合の中では積極的に動いて前で触る

実際のマッチ練習になれば、しっかり勝ちたいという意志を表して対戦しましょう。

本当の大会で。シード選手に当たるときにアナタはどんなプレーを計画しますか?

奇襲を序盤に入れる、確実につなぐところはつなぐ、といったメリハリを付けていくはずです。

あえて、弱気を隠すようなプレーを意識してみて下さい。

もし練習試合でも、そこで勝てれば大きな自信になるはずです。

 

5.練習後にはしっかりと御礼を伝える

礼に始まり、礼に終わる。

この最後の印象が、相手にどう伝わるかでテニスのネットワークの拡がりが決まってきます。

感謝はしっかり、言葉と行動で伝えること。

これは自分より上手い上級者の方だからということでは無く、普段の幹事や主催者に対しても行うべき話。

行動がアナタのテニスも変えていきます。

 

テニスのプレーで、その人の人柄は怖いほど伝わります。

と同時に、テニス以外の場面に関しても、アナタ自身が意識をすることでどんどんと環境が良くなってきます。

テニスの試合に勝つには、良い環境と、良いネットワークが不可欠です。

そういった状況は、待っていても何も変わりません。

さぁ、どんどん外の環境を求めて、今年もあと少しですが動き出していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練習しよう

    皆さんは利き腕、どちらか聞かれればすぐに答えることができますよね。…

  2. その他

    【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&ミニレッスン企画 2/25(火) AM7:00~ にて開催します!…

    お陰様で大変ご好評頂いている企画の、第5弾の募集を開始させて頂きます…

  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

    皆さんは、団体戦などでベンチコーチに入った経験、ありますか?通…

  4. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

    学生の皆さんのテニスを見ていると、僕らの時代と違う印象を持つことが多い…

  5. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない

    みなさんは昔、体育の授業ってどんな感じでしたか?大体小学校時代…

  6. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

    スポーツ選手の実力、成果、実績といったものは、学生からプロ選手まで様々…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメの練習方法とは?
  3. テニス 主将

    その他

    「8月はアウトドアテニスは回避…」しても家でやっておきたい試合に向けた準備5つ
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ボレー対ストロークで浅いボールが取れないで2バウンドになるのは、「完全にストロー…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせな…
PAGE TOP