テニス メンタル

戦術

リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

いかに試合で、リードを維持できるのか。

これは、テニスの試合ではすごく、大きなテーマです。

実力があるのに結果が出ない、負け癖が付いている人は、想像力が足りないだけ。

しっかりと、相手の立場に立って想像してみる、具体的に。

そこに、アナタの戦術のヒントがあるはずです。

 

リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

 


 

1.3-1 リード 30-30 の場面で、何を考えるか?

例えば、この状況。

アナタが2ゲームリードして、30-30、相手は何を考えるでしょうか?

このゲームを相手が落とすと、アナタの4-1。

1セットマッチなら、勝利はグッと近づきますよね。

相手としたら、もう絶対に落とせないシチュエーションなんです。

負けているから、少しでもゲーム差を詰めたい。

そう考えている、と想像出来れば、手堅い作戦で来ることがイメージ出来ますよね。

私なら、迷わずネットに出ます。

手堅い策、を潰すには、テニスでは前で勝負するのが得策ですから。

 

2.落としても3-2、まだリードしている

と、考えられる。

リードしている状況なら、それを活かさない手はありません。

自分がどの程度リードしているのかを考えて、「よし、ここは落としても良いから、プレッシャーをかけよう」と思えるはず。

何も考えないでリードを保てる、と思ったら大間違い。

相手からすると、「これ以上リードされたら、厳しい」と思っているポイントは、手堅くいきたいはず。

自分としては、「落としても良い」と思えたら、メンタルのケアはバッチリ。

本当に落としても、落ち込み度は少なくて済みますからね。

とにかく、相手を見ましょう、想像しましょう。

どんな性格なのか、ペアでどんな話をしているのか。

全ては、そこからです。

 

3.自分がリードされたときのテニス、を書き出してみよう

まず、これをやってみて下さい。

相手に、1ゲーム差でリードされている状況。

それから、2ゲーム差、3ゲーム差、と、いつもどんなプレーをしているか書き出してみる。

きっと、差が大きくなるほど、出来ることって少なくなってくると思うんですよね。

ゲーム差が開いて来ると、当然の対応ですよね。

「自分だったら、どうするのか?」は、きっと相手の行動も近しいものがある。

だって、お互いに勝ちたいテニス選手同士ですからね。

 

4.4ゲーム以上差が出来ると、相手は吹っ切れる

どうでしょう、そんな感じじゃないですか?

0-4くらいになると、そこから手堅いテニスすら、厳しい。

思い切って動いてくる、サーブだってセカンドでもファースト並みに打って来る、ようなことが考えられます。

これも、アナタ自身の経験にヒントがあるはず。

4ゲーム以上差が付いた状況で、どんなテニスをやって来たのか。

それを潰すには、どんな策があるだろう。

そうやって、想像していけばリードは確実に保てるし、拡げられる。

全てのヒントは、自分自身の中にあるはずです。

 

実際に、書いてみるとスッキリしますよ。

思い出して、出来れば過去の試合の動画なんかあると、良いですね。

リードされたら、相手は何を考えるのか。

まずは自分を基準に、考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のと…

  2. 戦術

    その練習を、疑おう

    みなさんのテニスの練習、最近はどうですか?成長している、自分…

  3. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

    私がテニスの大会のレフェリーをしていた頃、に感じたこと。一般の…

  4. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由

    「今日は、いける!」こう思った試合ほど、意外と負けること多く…

  5. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!

    皆さん、よく考えて欲しいポイント。やっぱり、失敗は怖い・・・で…

  6. テニス ストローク

    戦術

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?

    テニスを始めたころ、皆さんこんな気持ちになりませんでしたか?「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと
  2. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう
  3. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード
  4. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につ…
  5. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました
PAGE TOP