テニス ダブルス

戦術

試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

テニスの試合って、基本どちらかが試合を動かしている。

主導権を握るポイント、は毎回変わりますが、全体感として見れば「どちらか」の選手が動かしているケースが多いですよね。

みなさんは、どちらになるのか。

もちろん、言うまでも無いことだと思います。

 

試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

 

1.受け身な選手が、実は・・・

試合を観ていると、テニスって面白い。

攻撃的に相手を動かしているような選手が、必ずしも試合を動かしているとは限らない。

打たされるだけ打たされて、カウンターを喰らったりミスを誘われたりしてるじゃないですか。

守備的な選手が、実は手のひらの上で相手を遊んでいる、ようなケースも多いですよ。

特にシングルスの試合、ですかね。

こういうケースもあるので、一概にテニスの試合の主導権を握るって難しい。

私たちに必要なのは、常に先手を打っていくことでしょう。

 

2.いつも複数の選択肢を、相手に提示する

ことが、大事だと思います。

ダブルスの試合、例えばリターンですよね。

リターンも3種類、クロスやストレートロブ、ストレート、を用意して常に見せておく。

そうすると、当然相手も迷うじゃないですか。

迷っている相手は、こちらがコントロールしやすい。

逆に迷いが無いような相手、はなかなか大変だと思います。

何を考えているのか、分からないですからね。

まずは相手に、複数の選択肢を提示して迷ってもらう。

そこから、主導権を手繰り寄せていくのが良いと思います。

 

3.仕掛けては引いて、を繰り返す

試合の中で、私が意識しているのはこれ。

毎回何かを仕掛けると、こちらも疲れるし相手も慣れて来る。

仕掛けてばかりのポイント、が続いた後はちょっと粘ったり、普通のポイントも入れていく。

こうすると、また相手に迷いが生じてきますよね。

こういう感じの駆け引きって、テニスの試合ではすごく大事だと思いますよ。

とにかく、相手に慣れさせない。

最後まで掴み所が無い選手、で有り続けることが大事です。

 

4.一度、相手に攻撃させてみるのも良い策

浅いボール、で相手に攻撃させてみる。

これも、アナタ自身が主導権を握るために必要なことだと思いますよ。

要は気持ち、ですが、相手から攻撃されるんじゃない。

攻撃させてあげている、ような感じ、にしておくと自分も楽じゃないですか。

ポイントを捨てる訳ではなく、どういう感じで浅いボールを処理するのか、を確認しておく。

これだけで、かなり精神的にも優位に立てると思います。

本当、ちょっとしたことなんですけどね。

 

主導権を、握ろう握ろうと焦らないこと。

これがまず、一番です。

とにかく相手に色々見せて、どうやれば迷ってくれるかを優先的に考えてみて下さい。

きっと、そうすれば結果的に、主導権を握るような試合運びが出来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    見えないものを見る力、を養おう

    試合の中で、落ち着いてプレー出来る人は強い。経験もあるでしょう…

  2. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう

    試合において、まず最初にやるべきことは・・・何でしょう。私はあ…

  3. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう

    スピンの中に、スライスを混ぜる。センターセオリーの中に、ショ…

  4. 戦術

    つなぐ、攻めるをハッキリさせれば、並行陣は強くなる

    ダブルスの並行陣で、いつ攻めて、いつ守るのか。これは基本、後衛…

  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこ…
  2. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう
  3. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  4. テニス チャンス

    戦術

    4ゲーム1セット、3セットマッチをやってみよう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う
PAGE TOP