テニス ボレー

ストローク

テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判断する」ことが大事!

「自分が打つコースを、いつ決めるのか?」という質問を多く頂きます。

確かに難しい問題ですよね。

相手も見ながら、どちらでも打てるようなフォームで入って・・・でも実際、自分がどこにどう打つかを決めるのは、結構速いタイミングが良い。

今回は私の感覚で、書いてみたいと思います。

 

テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判断する」ことが大事!

 


 

■相手が打った瞬間に、結論を出す!

私は相手がボールを打った瞬間、そのボールを見極めて自分が打つショットを選択します。

ですので、相手が打ったボールがネットを超える前までには結論を出している。

これって結構、速い方だと思います。

でもこれくらい速くて良い、と私は思っています。

決断力、判断力が問われますが、結果的に間違っていても仕方ない、くらいの割り切りが大事です。

 

■自分の近くにボールが来るまで決められない・・・方が問題かと

出来るだけボールを引き付ける、という意識は大事。

ですが打つコースをギリギリまで決められない、となるとテイクバックや準備も遅れがち。

考えがまとまっていないと、身体がスムーズに動いてくれないんです。

当然、リターンのときには多少相手の前衛を気にしながら、決定にタイミングを遅らせることもあります。

ですがそれは例外。

ストローク同士、特にシングルスなら相手が打ったコース、球種からすぐに自分の選択肢を導き出せるように努めましょう!

 

■速い決断こそ、速い準備の第一歩!

ほとんどの読者のみなさんは、私が想像するに準備が遅い。

ネットを超えても悠長に待っている、という人が多い。

例えばフォアハンドの回り込み、もまずは決断力の速さが一番重要。

それこそネットを超えてから決める、では全然遅いのです。

ここを強く意識するだけで、アナタのストロークはグッと試合向きになっていくでしょう。

 

日常の中から、決断力は磨かれます。

かつて松岡修造選手がタレントとテニスをするときに、「飲食店でのメニュー選びも早く!」と促している場面がありました。

一見滑稽に映りますが、実は大事なこと。

日々決断力を磨く、特に相手の反応に応じて自分の行動を選択する、というのはスピード感が大事。

疲れるな・・・と思わず、ちょっと意識してみて下さい。

テニスでの意識も、変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安定します

    テニスは回転量を操るスポーツ。特に試合では、ボールスピードをコ…

  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

    スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。そ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!

    飛び過ぎるとアウトするし、短いと打ち込まれてしまう・・・。トッ…

  4. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴

    スライスショットは絶対に必要である。「別にスライスで繋ぎまくっ…

  5. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  6. テニス 予測

    ストローク

    自分のテニスの調子が「良いとき、悪いとき」には、試合中にどうやって調整すれば良い?

    試合の中で、調子が悪いと感じるのはどんな時か?きっとコントロー…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本
  2. テニス 雪

    メンタル

    普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる
  3. テニス ストローク

    リターン

    踏み込んだ攻撃的なリターンを打ちたければ、「オープンスタンスでコンパクトなフォー…
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つ…
  5. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢…
PAGE TOP