テニス ストローク

ストローク

テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる

試合の中で、ストロークミスが多い人。

は、そもそも打点がおかしい、いつも低い・・・ことないですか?

高い打点で打てれば、それだけでネットを超える可能性が高い。

打点の高さは、テニスではコントロール出来るんです。

 

テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる

 


 

1.ストロークの打点が低いこと、に早く気付こう

テニスのストロークって、きっと最初は「落として打つ」ことから習う。

だから皆さん、膝より低い位置、で打つことが「良いストローク」だと思ってるんですよね。

真面目な方、ほどそうです。

確かに、一番最初の基本としてはしっかりボールを待って、打つという意識も重要でしょう。

でも、実際の試合、特に強い相手との対戦となると話は別。

もっともっと、打点は高くしていく必要があるんです。

 

2.ストロークミスは、ほとんどが「持ち上げようとしてアウト、ネット」である

低い打点で、何がまずいのか。

やっぱり、「ネットを越えないといけないというプレッシャー」にみんな負けてしまう。

ネットしないように大きく、でもアウトしたらいけないし・・・という感じで、調整しようとして振り切れない、大事な場面ほどそうじゃないですか?

打点が高ければ、それだけでプレッシャーは減る。

理想は、ネットの高さよりも高い打点、で打てることですよね。

そうなるとまずネットにかかる、というイメージは自然に無くなるし、攻撃的に打っていける。

ぜひ、アナタ自身打点の高さを意識してみて下さい。

 

3.だから必要なのは、ライジングショット

何度も書いてきましたが、だからこそ必要なのがライジングショット、です。

ボールを高い位置、ストロークの打点を高くしたければ当然前に入らないといけない。

ボールが落ちて来るのを待っているから、打点が落ちてリスクが高くなる。

このことに気付いた人から、攻撃的なテニス、ミスが少ないテニスが出来るようになるのです。

ライジングショットは、センスが必要な上級者のショット?

だからアナタは、いつまで経っても勝てない、後ろで打点を落としてミスばかり、なんです。

 

ただでさえ、日本で多いオムニコート、クレーコートはボールが弾まない。

危機感が無い人は、いつまで経っても打点が低い。

それが普通だと思っている。

腰より高い位置、ネットより高い位置で打てるボール、まだまだ増やせますよ。

きっとミスが減って、試合に勝てるようになりますよ!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストローク…

  2. ストローク

    鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本

    鋭く振り抜いて、ストロークで狙う。この技術を磨くには、ある基…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本

    練習前のウォーミングアップ、ショートラリー。近い距離でストロークを…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう

    ストロークの基本、だけどあまり意識されていない部分。それは、「…

  5. ストローク

    「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?

    試合の中で、相手がネットに出て来て自分から攻撃していくショット。…

  6. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

    早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。これか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分のパートナーがミスしたとき」に、アナタの対応はどうですか…
  2. シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ
  3. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
  4. テニス メンタル

    戦術

    「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?
  5. テニス 格上相手

    その他

    朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?…
PAGE TOP