テニス ロブ

戦術

リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。

普通の人は、絶対にここで一息ついてしまう。

どこか、満足してこのまま終わってくれることを願ってしまう・・・ような人、多くないですか?

自分は、リードしたら何を意識すれば良いのか?

まずはこれ、が大事でしょう。

 

リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

 

1.まだ自分は、何も成し遂げていない!

と、感じられるかどうか。

貪欲に、リードしている時間帯も自分から積極的になれるかどうか、です。

リードしただけで満足するような人は、その後も、来年も、ずっと勝てない。

どこかでもう「お腹いっぱい」になっている訳ですからね。

まだ自分は、何も成し遂げていないんだ、と思えるかどうか。

こういう気持ちの準備って、みなさん出来てますか?

格上選手との試合、ほど大事ですよ。

 

2.強い相手は、必ず何かを変えてくる

ここで大事なのは、相手の変化に気付くこと。

5-2でリードしても、絶対にそのまま終わらない、という覚悟で相手を見る。

サーブ、リターン、陣形から、何かを変えてくるはずなんです。

俗に「まくられる」時って、この相手の変化が最後まで読めない、つかめなかった時に、起きているはず。

もっと酷い時は、気付かない時ですね。

「なんで後半、上手くいかなかったんだろ・・・」という試合は、相手の変化に付いていけなかった試合がほとんどでしょう。

 

3.ミスを減らして来る相手、に要注意!

きっと、相手もこう考えているはずです。

「まず、ミスを減らそう」と。

リードしている試合って、ほとんどが冷静に考えれば相手のミス、というケースが多いはず。

やっと相手も気付いて、変えて来る・・・時に、アナタが何が出来るのか。

そこからが本当の勝負、ですからね。

 

4.ミスを減らした相手、にミスを増やしては逆転される

一番多いケース、じゃないですかね。

テニスの試合で、逆転が起きる時ってこんな感じ。

相手が堅実になる変化、にコチラ側が付いていけない時。

逆転って、何も相手のスーパープレーの連続で起きるんじゃない。

ただミスが減り、自分たちのミスが増えるような試合がほとんどでしょう。

相手の変化を感じられれば、こちらも慌てる必要は無いはず。

「お、予想通りミスを減らしてきたな・・・」と思えれば、例えばネットに出てその安全策を潰すことだって出来る。

強引な攻撃、は準備不足を露呈しているだけですよ。

 

相手の変化を、予測する。

試合の後半では、リードしながら常にこのポイントを意識しておきましょう。

リードしているからこそ、常に先、先を見据えておく。

本当のテニスの勝負、はリードを奪ってから。

これだけは、覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある

    頭脳プレーでやられた、みたいな試合。こういう試合って、ある程度…

  2. テニス ポーチ

    戦術

    試合の中で相手のブロックアウトを狙うのは、バレーボールだけじゃなくテニスも同じ

    皆さんは試合の中で、こういう発想ありますか?バレーボールって、…

  3. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

    だからこそ、なんです。チャンスは実は、試合の終盤にある。…

  4. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数

    テニスは、ラケットでボールを打つ。でも、上手い人って打つという…

  5. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執すること

    自分の調子が良い・・・ときに試合に勝てる、と限らないのがテニス。…

  6. 戦術

    試合で「集中」なんて、急には出来ない

    一本集中!この言葉、何度聞いたか分かりません。もちろん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    日々の雑記

    成長していける人は、自分の通過点を確認出来ている
  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  3. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】「膝の痛み」に効果的なリハビリメニューについて
  4. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ
PAGE TOP