テニス ロブ

戦術

リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。

普通の人は、絶対にここで一息ついてしまう。

どこか、満足してこのまま終わってくれることを願ってしまう・・・ような人、多くないですか?

自分は、リードしたら何を意識すれば良いのか?

まずはこれ、が大事でしょう。

 

リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

 

1.まだ自分は、何も成し遂げていない!

と、感じられるかどうか。

貪欲に、リードしている時間帯も自分から積極的になれるかどうか、です。

リードしただけで満足するような人は、その後も、来年も、ずっと勝てない。

どこかでもう「お腹いっぱい」になっている訳ですからね。

まだ自分は、何も成し遂げていないんだ、と思えるかどうか。

こういう気持ちの準備って、みなさん出来てますか?

格上選手との試合、ほど大事ですよ。

 

2.強い相手は、必ず何かを変えてくる

ここで大事なのは、相手の変化に気付くこと。

5-2でリードしても、絶対にそのまま終わらない、という覚悟で相手を見る。

サーブ、リターン、陣形から、何かを変えてくるはずなんです。

俗に「まくられる」時って、この相手の変化が最後まで読めない、つかめなかった時に、起きているはず。

もっと酷い時は、気付かない時ですね。

「なんで後半、上手くいかなかったんだろ・・・」という試合は、相手の変化に付いていけなかった試合がほとんどでしょう。

 

3.ミスを減らして来る相手、に要注意!

きっと、相手もこう考えているはずです。

「まず、ミスを減らそう」と。

リードしている試合って、ほとんどが冷静に考えれば相手のミス、というケースが多いはず。

やっと相手も気付いて、変えて来る・・・時に、アナタが何が出来るのか。

そこからが本当の勝負、ですからね。

 

4.ミスを減らした相手、にミスを増やしては逆転される

一番多いケース、じゃないですかね。

テニスの試合で、逆転が起きる時ってこんな感じ。

相手が堅実になる変化、にコチラ側が付いていけない時。

逆転って、何も相手のスーパープレーの連続で起きるんじゃない。

ただミスが減り、自分たちのミスが増えるような試合がほとんどでしょう。

相手の変化を感じられれば、こちらも慌てる必要は無いはず。

「お、予想通りミスを減らしてきたな・・・」と思えれば、例えばネットに出てその安全策を潰すことだって出来る。

強引な攻撃、は準備不足を露呈しているだけですよ。

 

相手の変化を、予測する。

試合の後半では、リードしながら常にこのポイントを意識しておきましょう。

リードしているからこそ、常に先、先を見据えておく。

本当のテニスの勝負、はリードを奪ってから。

これだけは、覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  2. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

    これは、最近の私のテーマでもあります。今までは、ダブルスの試合…

  3. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得

    大事な試合、もう目の前に控えているみなさん。焦っても仕方ない、…

  4. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!

    相手に攻撃されやすい人は、それなりの理由がある。自分では一生懸…

  5. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

    私自身、すごく最近意識していることがあります。色々な理論、基本…

  6. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

    ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。ダブルスなら、味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認
  5. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
PAGE TOP