戦術

想像するから、テニスは強くなる

目次

みなさんは、何かを想像することは好きですか?

私は、大好きです。

好きというか、習慣になっています。

T-PRESSの中でも、「この動画は、どうなるだろう…視聴者が求めているだろうか?」「この企画は、プロ選手は喜んでくれるかな…」「これから先、テニス系のYoutuberは何をやり出すんだろう…」こんなことばかりを、考えてます。

想像してイメージが湧くこともあれば、全くダメな時もある。

良いイメージが湧いても、実際にやってみると全然思った通りにいかないことも多い。

でも、でも…です。

想像するからこそ、人は成長出来るし、テニスも成長出来ると私は信じてます。

みんな、何も無いところからのスタート

少し大げさな話になりますが。

人類のスタートも、きっと何もないところからのスタートだったと思います。

裸一貫で、食料を求めて想像する。

「あそこには獲物がいそうだ」「あの山は住めそうな洞窟がありそうだ…」という感じで、何も根拠がないところから想像する。

自分の勘を働かせて、生き抜くために想像する。

今の時代とは全く違いますよね。

想像して動くよりも、調べて動くのが当たり前。

テニスの成長にしても、そうだと思います。

正しい道を教えてくれる、良い情報はネットで拾える、これが当たり前だし一番の近道…だと思っている。

でも、実際にみなさんがテニスを始めた頃のことを思い出してみてください。

すごく、想像しながら手探りでテニスを楽しんでいませんでしたか?

「フォアが良くなるってこんな感じかな…?」「バックが上手くなると、こんな良いことが…」なんて考えながら、自分で想像していたはずです。

これこそ、私は強くなる源だと感じています。

想像力=考える力

自分で考える、自分のテニスを考える。

これが難しいと感じている方は、まず「想像力」を意識するだけで良いんです。

「ここに打ったら、どうなるだろう…?」「セオリーではこうだけど、実際にはこういうケースが多いよな…」と、自分なりに想像してみる。

テニスというスポーツは、こういう人を歓迎しているように感じます。

相手も動く、自分も動く、ノーバウンドでもワンバウンドでも返球OK、自分でたくさんアレンジできる幅がある。

想像力を鍛えた人は、テニスの試合で色々なプレーが出来るし反応出来る。

逆に与えられるだけで自分から想像出来ない人は、臨機応変に現場で対応出来ない。

ある意味、すごく人間らしいスポーツだと思うんですよね。

だからこそ、面白みがあると思いませんか?

自分でメニューを考えてみる!

自分で練習メニューを考えてみる、これが良い実践練習になります。

自分でも良いし、周りのみんなと一緒に考えてみても良いでしょう。

「今強くなるなら、この練習!」というテーマで、想像してみて下さい。

これを考える為には、想像力が必要ですよね。

今の自分はこうだから、これが必要なんじゃないか、そしてこの練習で成長出来るんじゃないか…という感じで。

自分やテニスに問いかけていくことが、テニスの成長にも必ずつながります。

実際にそのメニューで練習出来なくても、考えてみるだけでも良い練習になりますよ。

特にベテランの方やシニアの方、もう自分のテニスが完成していると感じている方にこそ、こういう作業はすごく重要です。

ジュニアも学生も、プロ選手も同じだと思います。

ハッキリ言って、主体性が無い。

そこには、こういう想像力を働かせて自分から生きる為に強くなる、行動するという姿勢に欠けているからでしょう。

そうしなくても、良い環境や仲間を与えられてテニスが出来て来た人には、なかなか難しい。

T-PRESSを読み続けて下さっているみなさんが、この想像力を養えるようになって試合に強くなっていく。

私は、そんな日々をずっと想像しながら、これからも行動していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確

    皆さんはテニスを、誰かに教わってますか?顧問の先生、コーチ、先…

  2. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?

    テニスの試合、相手のサービスゲームをどこでブレイクするのか。拮…

  3. 戦術

    ラリーが続くと力んでくる、のはまだまだ試合中級者

    テニスの試合、強い相手はココが違う。ラリーが続いても、基本は一…

  4. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスの…

  5. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている

    テニスの試合で、相手の攻撃に屈しない心。これには、まず考え方か…

  6. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない
  2. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得
  3. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意…
  4. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない
PAGE TOP