戦術

想像するから、テニスは強くなる

みなさんは、何かを想像することは好きですか?

私は、大好きです。

好きというか、習慣になっています。

T-PRESSの中でも、「この動画は、どうなるだろう…視聴者が求めているだろうか?」「この企画は、プロ選手は喜んでくれるかな…」「これから先、テニス系のYoutuberは何をやり出すんだろう…」こんなことばかりを、考えてます。

想像してイメージが湧くこともあれば、全くダメな時もある。

良いイメージが湧いても、実際にやってみると全然思った通りにいかないことも多い。

でも、でも…です。

想像するからこそ、人は成長出来るし、テニスも成長出来ると私は信じてます。

みんな、何も無いところからのスタート

少し大げさな話になりますが。

人類のスタートも、きっと何もないところからのスタートだったと思います。

裸一貫で、食料を求めて想像する。

「あそこには獲物がいそうだ」「あの山は住めそうな洞窟がありそうだ…」という感じで、何も根拠がないところから想像する。

自分の勘を働かせて、生き抜くために想像する。

今の時代とは全く違いますよね。

想像して動くよりも、調べて動くのが当たり前。

テニスの成長にしても、そうだと思います。

正しい道を教えてくれる、良い情報はネットで拾える、これが当たり前だし一番の近道…だと思っている。

でも、実際にみなさんがテニスを始めた頃のことを思い出してみてください。

すごく、想像しながら手探りでテニスを楽しんでいませんでしたか?

「フォアが良くなるってこんな感じかな…?」「バックが上手くなると、こんな良いことが…」なんて考えながら、自分で想像していたはずです。

これこそ、私は強くなる源だと感じています。

想像力=考える力

自分で考える、自分のテニスを考える。

これが難しいと感じている方は、まず「想像力」を意識するだけで良いんです。

「ここに打ったら、どうなるだろう…?」「セオリーではこうだけど、実際にはこういうケースが多いよな…」と、自分なりに想像してみる。

テニスというスポーツは、こういう人を歓迎しているように感じます。

相手も動く、自分も動く、ノーバウンドでもワンバウンドでも返球OK、自分でたくさんアレンジできる幅がある。

想像力を鍛えた人は、テニスの試合で色々なプレーが出来るし反応出来る。

逆に与えられるだけで自分から想像出来ない人は、臨機応変に現場で対応出来ない。

ある意味、すごく人間らしいスポーツだと思うんですよね。

だからこそ、面白みがあると思いませんか?

自分でメニューを考えてみる!

自分で練習メニューを考えてみる、これが良い実践練習になります。

自分でも良いし、周りのみんなと一緒に考えてみても良いでしょう。

「今強くなるなら、この練習!」というテーマで、想像してみて下さい。

これを考える為には、想像力が必要ですよね。

今の自分はこうだから、これが必要なんじゃないか、そしてこの練習で成長出来るんじゃないか…という感じで。

自分やテニスに問いかけていくことが、テニスの成長にも必ずつながります。

実際にそのメニューで練習出来なくても、考えてみるだけでも良い練習になりますよ。

特にベテランの方やシニアの方、もう自分のテニスが完成していると感じている方にこそ、こういう作業はすごく重要です。

ジュニアも学生も、プロ選手も同じだと思います。

ハッキリ言って、主体性が無い。

そこには、こういう想像力を働かせて自分から生きる為に強くなる、行動するという姿勢に欠けているからでしょう。

そうしなくても、良い環境や仲間を与えられてテニスが出来て来た人には、なかなか難しい。

T-PRESSを読み続けて下さっているみなさんが、この想像力を養えるようになって試合に強くなっていく。

私は、そんな日々をずっと想像しながら、これからも行動していきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる

    テニスの試合、スタートダッシュが肝心。私はいつも、この意識で試…

  2. テニス 準備

    戦術

    試合をすれば、全て出る

    テニスは、私はこうだと思いますよ。練習やプレッシャーの無い状…

  3. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

  4. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう

    試合において、まず最初にやるべきことは・・・何でしょう。私はあ…

  5. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスの…

  6. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる

    試合の対戦相手、どう観察してどう戦術を立てていくのか。色々と書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強…
  2. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ
  3. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  4. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!
  5. メンタル

    自分の壁を感じる力、でしか成長出来ない
PAGE TOP