テニス メンタル

戦術

全ての戦術は、本気で実行するから成功する

テニスの試合、色々な作戦、戦術があります。

でも、たくさん用意しても意味が無い、と私は思いますよ。

数少ない戦術でも、「本気で実行する」ことが大事。

本気で実行する、ことが出来れば、正直結果なんて関係無いんですよ。

ダブルスの試合でも、結構曖昧になっているペア多いと思いませんか?

みなさん、今一度真剣に考えてみましょう。

 

全ての戦術は、本気で実行するから成功する

 

1.少しの迷いも、許されない

本気の試合、レベルの高い試合では、少しの迷いも許されません。

例えばサービスゲームの前衛でポーチに出るなら、ハッキリとストレートを捨てる。

ストレートに未練があると、本来担当するクロス方向のボールに触れない。

ここは、パートナーである後衛に任せるんだという強い意志が大事。

本気で実行出来ている人って、実は少ないんです。

何となく、動けば相手がミスしてくれるかな、と思って期待している人も多い。

相手がミスしてくれたとしても、それは結果論。

アナタが本気で動かない限り、相手はプレッシャーに感じない。

逆にしっかり動けば、それだけで本当にプレッシャーになるし圧迫感がある。

この違いって、大きいですよ。

 

2.本気で実行するのは、練習でも同じ

普段の練習から、この本気度は試されている。

良いんです、結果的に自分たちが細かい部分をミスしても。

大きな部分、しっかり動くというフットワークが出来ているかどうか。

ここがまずは大事。

2人で、意図をすり合わせられているかどうか。

この部分、しっかり話し合って欲しい。

どちらかが中途半端だと、必ずほころびとなって試合が崩れていく。

「この作戦は、本気で実行するんだ!」という強い意志、が無いとダブルスの試合は勝てないですよ。

 

3.本気で実行した後に、改善の光が見える

ちょっと試して、ダメなら変える。

確かにこれも有りですが、やっぱり本気でやり込まないと見えてこない。

ダブルスのフォーメーションなんて、まさにそうです。

本気でやり切って、初めて「こうした方が良いかも・・・」ということに自分たちが気付き始める。

私はIフォーメーションを学生時代使ってましたが、本気で突き詰めて考えた結果、実は前衛は「そんなに動かない、センター近くにいて良い」という結論に至りました。

本気で左右、に動いても結果的にリターンはセンターが多い。

これも、しっかり本気で動き続けてきたから気付いたこと、なんですよね。

みなさんも、近しい経験あるはずです。

 

4.「動ければOK」の次の段階へ

私は、とにかく動くことを推奨して来ました。

初心者の方でも上級者でも、とにかく動いて相手にプレッシャーをかける。

まずはその段階、でOK。

その次の段階としては、やはりその精度を高めていくことが大事。

技術的にも、そして精神的にも、です。

技術も大事ですが、やはり作戦もメンタル、精神です。

強いダブルスペアのポーチ、チェンジプレー、気迫が凄くないですか?

「絶対にここを取るんだ!」という気迫が、周りに伝わる。

それは、自分たちの戦術に対して、本気だからです。

 

なかなか、本気になることは難しい。

以前にも書きましたが、「自分が無能」に見られるのがすごく怖い。

それが人間です。

でも、本気のチャレンジを繰り返さないと、進歩自体が無いですからね。

ぜひ、ダブルスの戦術について考えてみて下さい。

そしてペアと、本気のスイッチ、入れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い

    他人の土俵で、戦うこと。これは、テニスの試合で非常に危険なこと…

  2. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

    試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。だ…

  3. 戦術

    間を嫌う、というタイミングは必要

    試合の中で、「何となく、間を空けたいな」と感じることは無いですか?…

  4. 戦術

    練習すること、が目的になってないか?

    最近、色々なみなさんと練習していて感じること。練習すること、…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い

    大会に出ていると、色々な選手がいる。よく観察してみると、アナタ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

    最近改めて、感じることがあります。きっと、昔よりも、学生やベテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想
  2. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  3. テニス 確率

    メンタル

    「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がしま…
  4. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?
PAGE TOP