テニス メンタル

戦術

全ての戦術は、本気で実行するから成功する

テニスの試合、色々な作戦、戦術があります。

でも、たくさん用意しても意味が無い、と私は思いますよ。

数少ない戦術でも、「本気で実行する」ことが大事。

本気で実行する、ことが出来れば、正直結果なんて関係無いんですよ。

ダブルスの試合でも、結構曖昧になっているペア多いと思いませんか?

みなさん、今一度真剣に考えてみましょう。

 

全ての戦術は、本気で実行するから成功する

 

1.少しの迷いも、許されない

本気の試合、レベルの高い試合では、少しの迷いも許されません。

例えばサービスゲームの前衛でポーチに出るなら、ハッキリとストレートを捨てる。

ストレートに未練があると、本来担当するクロス方向のボールに触れない。

ここは、パートナーである後衛に任せるんだという強い意志が大事。

本気で実行出来ている人って、実は少ないんです。

何となく、動けば相手がミスしてくれるかな、と思って期待している人も多い。

相手がミスしてくれたとしても、それは結果論。

アナタが本気で動かない限り、相手はプレッシャーに感じない。

逆にしっかり動けば、それだけで本当にプレッシャーになるし圧迫感がある。

この違いって、大きいですよ。

 

2.本気で実行するのは、練習でも同じ

普段の練習から、この本気度は試されている。

良いんです、結果的に自分たちが細かい部分をミスしても。

大きな部分、しっかり動くというフットワークが出来ているかどうか。

ここがまずは大事。

2人で、意図をすり合わせられているかどうか。

この部分、しっかり話し合って欲しい。

どちらかが中途半端だと、必ずほころびとなって試合が崩れていく。

「この作戦は、本気で実行するんだ!」という強い意志、が無いとダブルスの試合は勝てないですよ。

 

3.本気で実行した後に、改善の光が見える

ちょっと試して、ダメなら変える。

確かにこれも有りですが、やっぱり本気でやり込まないと見えてこない。

ダブルスのフォーメーションなんて、まさにそうです。

本気でやり切って、初めて「こうした方が良いかも・・・」ということに自分たちが気付き始める。

私はIフォーメーションを学生時代使ってましたが、本気で突き詰めて考えた結果、実は前衛は「そんなに動かない、センター近くにいて良い」という結論に至りました。

本気で左右、に動いても結果的にリターンはセンターが多い。

これも、しっかり本気で動き続けてきたから気付いたこと、なんですよね。

みなさんも、近しい経験あるはずです。

 

4.「動ければOK」の次の段階へ

私は、とにかく動くことを推奨して来ました。

初心者の方でも上級者でも、とにかく動いて相手にプレッシャーをかける。

まずはその段階、でOK。

その次の段階としては、やはりその精度を高めていくことが大事。

技術的にも、そして精神的にも、です。

技術も大事ですが、やはり作戦もメンタル、精神です。

強いダブルスペアのポーチ、チェンジプレー、気迫が凄くないですか?

「絶対にここを取るんだ!」という気迫が、周りに伝わる。

それは、自分たちの戦術に対して、本気だからです。

 

なかなか、本気になることは難しい。

以前にも書きましたが、「自分が無能」に見られるのがすごく怖い。

それが人間です。

でも、本気のチャレンジを繰り返さないと、進歩自体が無いですからね。

ぜひ、ダブルスの戦術について考えてみて下さい。

そしてペアと、本気のスイッチ、入れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  2. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要

    何となく、上手そうに見えないんだけど試合に強い人。そういう人っ…

  3. テニス 環境

    戦術

    変化を突き付けられるのではなく、予測する癖を

    テニスの試合、練習に、トラブルは付き物。試合に強い人って、こ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    歳を取れば取るほど、「準備不足」は受け入れられない

    T-PRESS上では、何度も書いて来ました。「準備で差が出る…

  5. 戦術

    自分の火付けショットは、何?

    みなさんは、試合の中で自分に「火を付ける」ショットはありますか?…

  6. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ

    テニスの試合、1セットマッチなのに試合終盤で体力が持たない人。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー
  2. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる
  3. テニス ドロップショット

    戦術

    良いショットさえ打てば相手を追い込める、は幻想です
  4. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」
  5. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い
PAGE TOP