テニス メンタル

メンタル

2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。

ほとんどが、この形式でしょう。

そんな中で、2-5ダウンで、チェンジコート・・・。

アナタの負けは、ほぼ決まりですか?

いえ、違うでしょう。

1セットマッチだからこそ、このスコアの状態のときにチャンスがある。

私はそう思いますよ。

 

2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

 

1.冷静になれば、勝機は見えてくる

これには、根拠があります。

2-5の状態、そこからもし巻き返して流れを変える事が出来ると・・・。

1セットマッチなら、勝機はあります。

1度流れを変えて、5-5まで持ち込めば、もう追い付いた方が優位。

「そんな簡単に言うなよ・・・」と思うと思いますが、実際はそうです。

これが、8ゲームマッチや3セットマッチであれば話は変わります。

でも、1セットマッチなら、5-5で試合の流れを掴んだら、そのまま押し切れる。

私はそう思いますよ。

 

2.2-5の状態で、考えられる進行は2つしかない

まず1つは、ワンブレイクダウン、な状態ですね。

つまり、8ゲーム目はアナタのサーブ。

この形なら、全然チャンスがある!と私は思いますよ。

アナタがやるべきことは、まず8ゲーム目をしっかりキープすること。

ファーストサーブを入れて、なるべく30-0のスコアにする。

そうすると相手は、「まぁ、次の自分のサービスゲームをキープすれば良いか・・・」と、大事な第8ゲームを諦めてくれる。

ファーストサーブを入れる、ことが絶対に必要です。

チェンジコートの時間で頭を整理して、少し威力を落としても良い、ファーストサーブの確率にまずは集中しましょう。

そして、問題なのはもう1つのパターン。

2-5の状態で、相手に2ブレイクダウンでリードを許している時、ですね。

 

3.絶対絶命、だからこそ勝機を見い出せるのがテニスです

8ゲーム目も、相手のサーブ。

もう、絶望的ですか?

確かに、厳しい状況です・・・が、ここは相手の立ち場に立ってみましょう。

5-2で自分のサービスゲーム、サービングフォーザマッチ。

ちょっと、気分良くファーストサーブを入れて、圧倒して40-0で勝ちたい、そういう誘惑がある可能性が高い。

まずアナタ自身、相手のファーストサーブはより速い可能性がある、と思って準備しましょう。

きっと、早く試合を終わらせたい、と相手は思っているはず。

もし入ったら、スライスでも良いのでまず相手コートに返球する。

そして、セカンドサーブになったらしっかり攻撃してく、それも自分がミスをしない範囲のリターンで、です。

ここで大事なのは、相手の早く勝ちたいという焦りを利用すること。

ラリーに持ち込んで、粘る、そして0-30のようなスコアになったらネットに出る。

アナタ自身、「まだ終わってないよ」という意志を伝えることが大事です。

 

4.8ゲーム目が、試合の勝敗の分かれ目

「でも、それでゲームを取っても3-5でしょ、厳しいよ・・・」と思いますか?

8ゲーム目を取る、ことが出来れば試合は変わります。

あくまで私の経験と感覚ですが・・・テニスの試合って、6-3で終わる1セットマッチって少ない気がします。

6-2か6-4、または7-5や7-6、ですね。

つまり、チェンジコート後の1ゲームで、試合全体の流れ、状況は大きく変わる。

少なくとも、4-6までの可能性を残す、ことが出来る。

こういう発想を、ぜひ持って欲しいんです。

もし、万策尽きて負けてしまっても、2-6の負けと4-6の負けでは大きく違います。

次につながるもの、もきっと得られるでしょう。

それは、最後まで諦めないで勝利の可能性を模索し続けたアナタだからこそ、得られるもの、なんです。

 

普通の人が、諦める場面。

それを、相手も期待していることをお忘れなく。

5-2でリードしていても、目が死んでいない相手って嫌ですからね。

諦めるのは、楽です。

だからこそ、2-5の状態、チェンジコートの時にこそ、アナタは魂を燃やして欲しいんです。

そう、あくまで冷静に、現実主義者として。

きっと、私たち一般の試合では、2-5からの逆転なんて「あるある」なはずですから。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟

    テニスを長く続けていると、色々な人と出会います。そして、色々な…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合中に「いきなり自信を失う」経験は、誰にでもあるはず

    試合中に、自分に自信を失ってしまうこと。みなさんも経験、ありま…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分にコミット出来ない人は、裸になれない

    最近、改めて感じます。テニスが強くなりたいなら、裸にならないと…

  4. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

    これも、当たり前のこと・・・でしょうか?私たちは、つい試合会場…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?

    3月は節目の時期。それは、学生さんだけじゃない、私たち大人にな…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!…
  2. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改…
PAGE TOP