戦術

自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない

最初は、それで良いでしょう。

試合に出始めたばかりは、まずは相手コートに入ることを優先したいので、打ちやすい打ち方で良い。

でも、本当に勝ちたい、トーナメントで上位に食い込みたいなら・・・考え方を少し、変えていきましょう。

自分が打ちやすい打ち方、で打ち続けるのは危険。

相手主体、で考えていく必要がありますね。

 
 

これが正解、というのはありません

試合の中で、これが勝てる打ち方、というのはありません。

強いて言えば、相手からコースを読まれにくい打ち方。

それから、怪我につながりにくい打ち方、でしょうか。

正解は決まっていませんが、そこに必ず「対戦相手」という要素は入って来る。

これがテニス、です。

相手は生身の人間ですからね。

どう思われるのか、を常に意識して自分の打ち方も客観視していかないと強くはなれないです。



同じフォームで打ち分けること、が出来る?

試合で勝てる打ち方、一つの大事な要素はこれです。

同じフォームで、コースを打ち分けられるかどうか。

特に、ストロークですね。

サーブは多少トスが変わったりしてコースを打ち分ける、でもOK。

ただストロークは試合で打つ機会も多いし、コースがばれやすいショットでもあります。

打ちやすい打ち方、だけで打っていると、相手にバレている可能性大。

良いショットが打てても、相手に先回りされたりポーチに出られてしまうようでは、試合で勝つのは難しくなります。



完全に癖が付いてしまっている人は?

これも、一から直すよりも「活かす」という方法の方が良い。

女性の方で、厚いグリップでサーブを打つ方もいるでしょう。

完全否定するようなコーチもいますが、その打ち方で打ち分けられるなら、それで良いじゃないですか。

打てるコースが1つしかない、というなら考えないといけないですが。

完全に付いている癖を、自分で自覚してどう活かすのか。

少しだけ打ち方を変える、だけでも劇的に変わる可能性だってあります。

「癖が付いている自分には、無理だ・・・」と思わないで、試合向きのショットに変えていく客観性は大事です。

   

打ち方には、必ず性格が出る

これは、私が常に感じていることです。

少なからず、みなさんのテニスの打ち方は、みなさんの性格を反映している。

みんな、少しずつ違うじゃないですか、打ち方が。

だからこそ、面白いんです。

その中で、打ちやすいフォームに自然となっていること、をまずは受け入れてみる。

そして、試合で相手に読まれ辛い打ち方、について考えてみる。

私は、それだけで充分だと思いますよ。

打ちやすい打ち方、だけで勝ち上がることが出来る試合もあるでしょう。

ですが常に、立ち止まって客観性を持つということが大事なんです。



嫌らしい打ち方の人って、試合でいますよね。

なんだかんだで、打って来るコースが分からないとそう感じてしまうもの、なんです。

そうなると、反応も遅れるし、差し込まれる。

ちょっとしたズレがミスになって、負けてしまう。

今度は、アナタ自身が逆になってミスを誘う、そんな試合を作っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「次やったら勝てないな」で、良い

    みなさんは、こんな経験無いですか?強い相手との試合、なんとか…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  3. テニス サーブ

    戦術

    自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前

    今まで、T-PRESSでは「相手にプレッシャーをかけること」の重要性を…

  4. テニス 目

    戦術

    テニスの試合では、前傾姿勢よりも胸を張って視野を広げていこう

    テニスの試合って、基本の構えはどんな感じでしょうか?リターンの…

  5. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど

    試合の中で、自分が頑張れる時。いつもよりもギアが上がって、しっ…

  6. 戦術

    その場になって考える、ではいつまでも試合で後手に回る

    試合になって、頭が真っ白になってしまう。これって、やっぱり「そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・?」
  2. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリター…
  3. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方
  4. サーブ

    テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げること…
  5. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
PAGE TOP