テニス チャンス

練習メニュー

大事だと分かっていても、練習出来ない技術5つ

練習って、難しい。

だって、なかなか出来ないじゃないですか、自分に本当に必要な練習。

アナタがどこかで避けている練習は、きっと本当は、アナタに必要な練習。

だからこそ、改めて書いておきますね。

きっと、アナタに足りない練習は、こんな感じじゃないですか?

 

大事だと分かっていても、練習出来ない技術5つ

 

1.スマッシュ練習

まず、下がって打つのがかなりしんどい。

体力も使うし、スマッシュを打って終わり、の球出し練習くらいしかやらない、人がほとんどじゃないでしょうか?

これでは、試合で苦手意識を持つのも当たり前。

出来るだけ、ロブ対スマッシュのようなラリー練習をしっかり行うこと、

それから、サービスラインよりも下がった場所から、しっかりスマッシュを振り切ること、を意識して練習して欲しい。

フィニッシュショット、ですからね、スマッシュは。

この精度の差が、そのまま実力差だと思って下さい。

 

2.サーブ練習

これも、つい打ちっ放し練習だけ、になってはいませんか?

本来、自分の動作で始まるサーブは研究が一番大事。

本当に、自分に合ったサーブって、見つけられている人何人いるでしょう。

ただ打って、満足、だから進歩しない。

もっと、本気で自分のサーブについて考えていきませんか?

試合で使える、回転系で軌道が高いサーブ、しっかり練習していきましょう。

思い切って、今の自分のサーブを捨てる勇気、だって必要なはずです。

 

3.リターン練習

これも、サーブ同様試合では「絶対に避けて通れない」ショットです。

リターンから試合は始まる、このこと、みなさん忘れてないですかね?

大事なのは、しっかり相手の強力なサーブでも、返球してブレイクのチャンスを作れるのか。

リターンダッシュのような、バリエーションだって必要。

結構、リターン練習って毎回同じ感じ、じゃないですか?

相手がサーブ&ボレー、してくる可能性だってあるのがテニス。

しっかり、どっしり構えたリターンを打てるようにしたいですよね。

 

4.相手のボールを予測する練習

これは、なかなか難しい。

具体的な練習メニューというよりも、全体の姿勢の問題ですからね。

ただ、バンバン打ち合うようなラリーって、試合を想定出来てますか?

試合なら、当然相手を動かして、ポイントを奪い合う訳じゃないですか。

これが、相手のボールを予測することにつながる。

だからこそ、普段のラリー練習から、どんどん心理戦を仕掛けて欲しい。

同じ仲間の中でも、ポイントを奪い合うんだと。

練習から相手のコースを予測出来ない人は、試合で出来る訳が無いんです。

 

5.セカンドサーブからの戦い方

これは、あえて書かせて頂きます。

このセカンドサーブからのポイント奪取率、がそのまま、アナタの試合での成績に直結します。

いわば、通知表みたいなもの。

セカンドサーブからの戦い方、アナタはどれだけ練習出来ていますか?

どの程度の奪取率、を目指しますか?

ここはぜひ、自分自身で考えて欲しい。

どんな練習を、どんな形でやれば良いのか。

きっと、答えはアナタ自身が持っているはずです。

 

つまりは・・・ストロークとボレーがいつもの練習の中心、なんですよね。

特にストローク、でしょう。

きっとみなさんの練習は、ストロークラリーが中心。

言い方はキツイですが、だから勝てないんです。

もっと試合で必要なもの、テニスでは幅広くありますよ。

この事実、とそろそろ向き合う時期でしょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?

    テニススクールでも部活でも、「テーマ」って大事。個人テーマ、ク…

  3. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

    今回は、久々に練習メニューの紹介を。意外と試合で使えると有効な…

  4. 練習メニュー

    「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由

    選手時代、ボール出し練習をよく行った。ボール出し練習だから、ゆ…

  5. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

    高いお金を払ってテニススクール、プライベートレッスンをやってもなかなか…

  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

    テニスの練習は、コート上に入れる人数が限られている。テニススク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう
  2. テニス 陸上

    メンタル

    「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ
  3. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
  4. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!
  5. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで
PAGE TOP