テニス ストローク

ボレー

テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

ネットプレー、ボレーに関しては、もしかしたら皆さん「誤解」している部分があるかも知れない。

チャンスを決める鮮やかなボレー、こそ試合で求められているんじゃないかと。

もちろん、そういうポイントはありますが、恐らく試合の中では数ポイント。

むしろもっと多いのは・・・そう、相手を追い込んでポイント獲得率をグッと高めるボレー、です。

 

テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

 

■サーブ&ボレーが上手い選手は、基本に忠実

ネットプレーの代表格でもあるサーブ&ボレーですが、上手い選手の特徴はシンプル。

とにかく、基本に忠実。

しっかりスライス回転がかかって、打球は遅めだけど深い。

この基本が徹底しているからこそ、相手は次のボールで圧迫感を感じてミスをしたり、味方の前衛がポーチに出やすくなる。

大事なのは、ファーストボレーのような「中間地点」でのボレーの精度です。

 

■ローボレー、ネットより離れた位置からのボレーの精度は・・・?

アナタ自身、ネットプレーで磨いてほしいのはココ。

まずは低いローボレーで、しっかり「深い」返球が出来るようになること。

そして、ネットから遠い位置からはスライス回転をかけて、バウンドが滑って球速が遅いボレーでコントロール出来るように。

ラケット面を上向きにして、打点に上から入っていく、そして下半身を使って踏み込んでいく基本を徹底しましょう。

 

■練習から「打ちにくいボレー」を徹底しよう

学生の皆さんのボレー練習を見ていると、まだまだ甘い。

打ちやすいボレー、の練習しかしていないように見えます。

しっかりネットから離れて、ファーストボレーを打つような位置から練習出来ていますか?

リターンを沈めて来るような相手を想定して、低い位置からの返球、深く打てていますか?

このあたりを、普段の練習からしっかり意識しましょう。

技術的な問題は、その後。

まずは意識改革が大事です。

 

もちろん、決めるボレー、決定力も大事です。

ですがその決定力を活かすには、ある程度「チャンス」を引き出さないといけない。

引き出せないのに、チャンスを活かす練習ばっかりしていても・・・意味無くないですか?

練習から変えてみましょう、しっかり「相手を追い込む」ボレーを。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切った行動を!

    サーブ&ボレーを本気で練習し始めたのは、20歳過ぎてから。それ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう

    試合の中での、ハイボレーの踏み込み足。これを、しっかり上げてい…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと

    試合の中で、皆さん色々課題はあると思います。今回実施させて頂い…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ

    低い位置でのローボレー、苦手にしている人多いんじゃないでしょうか。…

特集記事

  1. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方
  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います…
  3. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?
  5. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある…
PAGE TOP