テニス ストローク

ボレー

テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

ネットプレー、ボレーに関しては、もしかしたら皆さん「誤解」している部分があるかも知れない。

チャンスを決める鮮やかなボレー、こそ試合で求められているんじゃないかと。

もちろん、そういうポイントはありますが、恐らく試合の中では数ポイント。

むしろもっと多いのは・・・そう、相手を追い込んでポイント獲得率をグッと高めるボレー、です。

 

テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

 

■サーブ&ボレーが上手い選手は、基本に忠実

ネットプレーの代表格でもあるサーブ&ボレーですが、上手い選手の特徴はシンプル。

とにかく、基本に忠実。

しっかりスライス回転がかかって、打球は遅めだけど深い。

この基本が徹底しているからこそ、相手は次のボールで圧迫感を感じてミスをしたり、味方の前衛がポーチに出やすくなる。

大事なのは、ファーストボレーのような「中間地点」でのボレーの精度です。

 

■ローボレー、ネットより離れた位置からのボレーの精度は・・・?

アナタ自身、ネットプレーで磨いてほしいのはココ。

まずは低いローボレーで、しっかり「深い」返球が出来るようになること。

そして、ネットから遠い位置からはスライス回転をかけて、バウンドが滑って球速が遅いボレーでコントロール出来るように。

ラケット面を上向きにして、打点に上から入っていく、そして下半身を使って踏み込んでいく基本を徹底しましょう。

 

■練習から「打ちにくいボレー」を徹底しよう

学生の皆さんのボレー練習を見ていると、まだまだ甘い。

打ちやすいボレー、の練習しかしていないように見えます。

しっかりネットから離れて、ファーストボレーを打つような位置から練習出来ていますか?

リターンを沈めて来るような相手を想定して、低い位置からの返球、深く打てていますか?

このあたりを、普段の練習からしっかり意識しましょう。

技術的な問題は、その後。

まずは意識改革が大事です。

 

もちろん、決めるボレー、決定力も大事です。

ですがその決定力を活かすには、ある程度「チャンス」を引き出さないといけない。

引き出せないのに、チャンスを活かす練習ばっかりしていても・・・意味無くないですか?

練習から変えてみましょう、しっかり「相手を追い込む」ボレーを。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点

    並行陣で戦うダブルスではもちろん、雁行陣でも陣形を崩されたりしてネット…

  3. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずしておくこと

    「テニスが上手い!」と言われる人、色々な要素があると思います。…

  5. ボレー

    ボレーの感覚が、どうしても掴めない方へ

    攻撃的なボレーを打ちたい、だけど…。どうしても感覚が掴めない…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入…

特集記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう
  2. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する
  4. ストローク

    クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?
  5. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?
PAGE TOP