テニス ストローク

戦術

よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。

前衛のときには、ぜひ入れていきたいプレーですよね。

その時に、意識して欲しいのはこの部分。

本当に相手に、いける!と思わせること。

このリアリティがあるからこそ、相手は誘った方向に打ってくれるんです。

 

よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

 

1.相手に欲を出してもらう

例えば、相手のリターン。

アナタが前衛にいるときに、あえてストレート側を空けておく。

まずはこの作戦、しっかり実行してきましょう。

そして、相手が欲を出してくれるように、本当に「空いている」ように見える。

欲を出すてもらうには、しっかりと本当に「打ちたくなる」ように仕向けること。

アナタ自身が、本当に「ポーチに出る!」という雰囲気を出すこと、が大事です。

 

2.ハッキリ空ける、からフェイントになる

これって、大事です。

フェイトを入れる、というときに、臆病な方だと「戻ること」に必死になる。

こういう雰囲気って、相手に伝わるんですよ。

あ、誘ってるんだな、というのが分かってしまう。

ハッキリ空いている、という雰囲気を出して、誘うことが大事。

「よし、ここはストレートだ!」と思わせて、打たせる。

打たせてみることがまず大事、なんですよ。

 

3.ナイスショットまでカバーしなくて良い

ここも、何度も書いて来ましたが「ナイスショット」までカバーしない。

ライン際のダウンザライン、ストレートアタック、なんて何本も入りません。

これをケアしようと思うと、肝心のリアリティのあるフェイントが出来なくなる。

クロス方向に身体を動かして、また戻る、そこで触れる範囲で良いんです。

相手を騙そうと思ったら、こちらもやはりリスクは冒さないと。

この勇気を持って挑めば、きっと成功するはずです!

 

4.欲を出した相手は、ミスしてくれる可能性大

そもそも、試合慣れしてない人からすると、こうやって「フェイントを入れて来る」相手は嫌。

自分が影響されて、欲を出してミスをする。

これだけで、充分に効果はありますよ、フェイントの。

「よし、いける!」と思わせたら、勝ちです。

相手は、そこから普通のショットなんて打てないですからね。

イメージしてみて下さいよ。

前衛が動いて、ストレートを狙った相手がアウト。

そんな光景、あるあるじゃないですか?

 

フェイントを入れる、難しくないですよ。

ただ、ほとんどの方はそのリアリティが無い。

だからこそ、しっかり動いて良い。

本当にやったもの勝ち、ですからね。

ぜひ、ダブルスの前衛から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない

    試合でのメンタルコントロール、これも実力のうち。自分のプレーが…

  2. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?

    テニスはボールを相手コートに打つ、コントロールする競技。その…

  3. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている

    そんなに強そうに見えないのに、試合になると強い選手。こういう選…

  4. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる

    試合の中で、アナタの強みや弱み、弱点や武器。それは、対戦相手に…

  5. 戦術

    試合で使える武器を2つ、相手に意識させれば勝ったようなもの

    みなさんの武器、何でしょう?「はい、これです!」と言える方も、…

  6. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い

    「そんなの、当たり前じゃん!」と思っている方、結構試合に出ている方です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  2. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に…
  3. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる
  4. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めて…
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!
PAGE TOP