テニス メンタル

戦術

左利きのテニスプレイヤーが、もっと「左利きであることを活かす」為に必要な意識4つ

目次

左利きの選手は、強い。

テニスの試合ではよく聞かれる言葉ですが、実は何が?と改めて考えてみる機会は大事。

一つだけ言えるのは、ただ希少だから、右利きが多いから左利きがやりにくい・・・と考えていると、甘いということ。

しっかり、新しい視点も取り入れていく努力が、左利きの選手には不可欠です。

1.ワイドのサーブを活かすなら、センターのコースを磨く

言わずもがな、左利きの選手のスライスサーブはワイドに有効です。

ですが、試合に慣れている右利き選手は当然、アドバンテージサイドの対策は怠らない。

ポジションをより外側に変え、前に踏み込んでくるので簡単にはスライスでエースは獲れないでしょう。

これの対策は、やはりセンターのサーブ。

左利きの選手、だからこそアドバンテージサイドのセンターへのサーブは必須。

よりワイドへの武器を活かせる、最高のアクセントになるはずです。

2.ネットプレーを磨けば、右利きの選手を錯覚に陥れることが出来る

左利きの選手が、なぜネットプレーが有効か。

それは、右利きの選手がある勘違いをしてくれるから。

私も経験あるのですが、バックハンドのハイボレーを打たせようと思ったら、それは左利きの選手にとって絶好のスマッシュボール。

「しまった・・・」と思っても、もう遅い。

どうしても最初やってしまう選手が多いので、ダブルスでも積極的にロブを仕留めにいきましょう。

ネットに出る、それだけで左利きの選手はアドバンテージを持っているのです。

3.シングルスの試合では、積極的に回り込みフォアハンドを使っていく

シングルスのラリー戦、やはり基本はバックハンド狙い。

これが左利きの選手は、まだまだ「回り込みのフォアハンドショット」が活かせていないように思います。

確かに、右利きの選手のフォアハンドのクロス方向へのショットを、回り込むのは大変です。

ですが、フォアハンド対バックハンドのクロスラリー、になることは利き腕が違えば避けられない。

この戦いを、素直にバックハンドで挑んではいけない。

バックハンド狙いには、どんどん回り込みで対応していく。

左利きの選手ほど、この意識は大事だと思います。

   

4.「左利きは有利」という錯覚を捨てる

大前提の考え方ですが、私はこれすら怪しいと思っています。

みんな、左利きが有利、有利と言うから、本人たちもその気になっている。

「本当にそうなの?」という疑問は常に持って、自分なりに工夫してテニスを高めていく。

その弊害になるような雑音には、あまり耳を貸さない方が良いでしょう。

だって対戦相手は、左利きのアナタにハッキリした対策を立てて試合に臨む訳ですから。

それだけでも厄介なこと。

テニスにおいて、成長を阻害していくのはいつも先入観と思い込み、です。



左利きの選手の皆さん、その特権を活かすのかどうかはアナタ次第。

まだまだ、たくさんのアイデアがあるでしょう。

左利きの自分自身だと、気付かないことも多いと思いますので、ぜひ周りの仲間に意見を求めてみたりしてみて下さい。

「ぶっちゃけ、左利きって・・・どう?」みたいな感じで。

考える良いきっかけに、なると思いますよ。

■サーブの強化、は利き腕に関わらず勝利に直結しますね

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. 戦術

    考えた時点で、もう遅い

    テニスの試合の現場は、スピード勝負。ラリーが始まったら、もう止…

  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ

    試合の主導権を握っていきたい。これは、誰しもが試合前から考える…

  3. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある

    頭脳プレーでやられた、みたいな試合。こういう試合って、ある程度…

  4. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?

    意外と似ているようで、違うもの。それは、オムニコートとクレーコ…

  5. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう

    試合は毎回、対戦相手も調子も変わる。でも、試合をするアナタ自身…

特集記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスで手加減してくる男性は、とことん利用しよう
  4. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのテイクバック、「差し込まれた状態」を脱却出来ない人へ
PAGE TOP