テニス サーブ

サーブ

困ったときの「ファーストサーブの威力頼み」、状況は変わらない

高校生の男子の試合、レベルに関わらず共通点は変わらない。

全国大会に出ているような選手でも、結構多いのが「ファーストサーブ、入ったら強力!」のパターン。

まるで、初詣でおみくじを引くような感覚・・・のテニスですよね。

凶?吉?

大吉なんて、きっとおみくじで引く確率より低いと思いませんか?

 

困ったときの「ファーストサーブの威力頼み」、状況は変わらない

 


 

■ファーストサーブは、「入ればラッキー」レベルの人たち

とにかくファーストサーブは、スピード勝負。

確かに速いから、入ればそれなりに脅威にはなるはず。

でも、そういう人のサーブって、結局「リターンを返球される」と辛い。

もう、自分の中で「ファーストサーブ入ったら、まぁ返って来ないだろう前提」で考えている。

リターンが自分のコートに入ってきた瞬間、もう自分のリズムじゃない。

サービスエース、でしか自分のナイスプレーを想定出来ない人って、試合に勝てる・・・と思います?

 

■サーブが入っても、試合に勝っても、苦しい状態は続いていく

この感じのプレースタイルだと、試合ってすごくしんどい。

だって、毎回くじ引きみたいなもんじゃないですか?

ファーストサーブが入っても・・・試合に勝っても・・・そういう感じだとすごく疲れる。

少なくとも、自分で計算出来ないようなことが続くテニス、は勝っていても運が良いだけ。

まぁ、そういう自分に気付いている選手なら、良いでしょう。

ですが、気付かないうちにそんなプレーに走ってしまっている人、多いような気がします。

 

■ファーストサーブの威力とは、安定感そのものである

サーブの威力、勘違いしている方が多い。

威力でも無い、コントロールに代表されるような安定感です。

安定感とは、つまりは数値。

70%の確率で入るファーストサーブ、の方が絶対に試合では相手の脅威になる。

「でも、速くないと意味無いよ」と仰る方も、多いでしょう。

本当にそうですか?

多少遅くても、ファーストサーブがしっかり入ってくる相手の方が私は怖い。

絶対に試合で戦いたくない、です。

 

サーブはラリーの第一歩、スタートの合図。

その合図をコントロール出来てこそ、試合をコントロール出来る。

だからこそ、しっかり「自分自身が計算出来るサーブ」に変えていきませんか?

速度を落としてでも、何かを変えてみるのは有りですよ。

ダサいテニス?

どっちがダサいか決めるのは、アナタ自身です。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽

    試合の中で、相手のボディにサーブを打つ。これ、上を目指す選手…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう

    サーブは相手のバックハンド狙いが基本。でも、それしか練習してい…

  3. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  4. テニス 環境

    サーブ

    ダブルスの試合で必要な、「フォーメーション用ファーストサーブ」を身につけよう

    ダブルスの試合、Iフォーメーションやチェンジプレー、で相手リターンを揺…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

    スピンサーブの回転量は、そのままサービスキープの安定感に直結する。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

    テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    上手くなった自分を、日々イメージしていかないと
  2. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    オムニコートで「走らされてショットが乱れる」人は、外側の足を滑らせてオープンスタ…
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「ボレー上達は、ネットプレー心にあり」テニスの試合で苦手意識を克服する為に
  5. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか
PAGE TOP